イームズとイヴ・サンローラン

2011年に日本で公開されたドキュメンタリー映画、「イヴ・サンローラン」(2010)を見たことはありますか。
この映画で、サンローランがイームズのラウンジチェアでくつろいでいる姿が映し出されます。

 

映画「イブ・サンローラン」の1シーン

イヴ・サンローラン01ラウンジチェアでくつろぐイヴ・サンローラン
映画「イヴ・サンローラン」より

 

イヴ・サンローランが、イームズのラウンジチェアでくつろいでいるシーンがありました。

映画のなかでは、ほんの数秒間のシーンでした。

短いシーンだったので公開当時は、「見間違いかな・・・・・?」と私は思っていました。

普段写真で見るイヴ・サンローランは、ヨーロッパのクラシックなインテリアに住んでいます。

その姿からは、イヴ・サンローランはアメリカのミッドセンチュリーモダンになど興味がないように見えます。

そんなことが気になっていたとき、Huluで「サンローラン」と検索しました。

すると、映画「イヴ・サンローラン」が配信中でした。

私は久しぶりに、映画「イヴ・サンローラン」を見ました。

写真の通り、イヴ・サンローランがイームズのラウンジチェアでくつろいでいました。

初めてこの映画を見たとき私は、同じ部屋にモンステラが飾ってあると思っていました。

映画公開当時の2011年ころ、私はミッドセンチュリーのインテリアにモンステラを飾ってある写真をたくさん見ました。

それで私が勝手に、「モンステラも一緒に映っていた」と思い込んでしまったようです。

実際には写真のように、モンステラは映っていませんでした。

 

イームズのラウンジチェア

イームズ ラウンジ・チェア イヴ・サンローランラウンジチェア イームズ 1956年
「ELLE DECO No.108 2010年6月号」より

 

イームズは、ラウンジチェアを1956年に発表しました。

チャールズ&レイ・イームズの、ラウンジチェア&オットマンです。

ラウンジチェア&オットマンは、レザー張りの厚いクッションをプライウッド製のシェルが支えています。

ラウンジチェア&オットマンのフレームには、アルミニウムが使われています。

安定感を増すために、椅子のベースは5本に分かれています。

この構造は、当時としてはほとんど例のないアイディアでした。

イームズのラウンジチェア&オットマンは、贅沢なだけではありません。

ラウンジチェア&オットマンは、

  • 座面
  • オットマン
  • 上下の背もたれ

はクッションを共通にするなど合理精神も発揮されています。

 

イヴ・サンローランのモンドリアンルック

イヴ・サンローラン01 モンドリアンルックモンドリアンルック イヴ・サンローラン 1965年

 

イームズのラウンジチェアが発表された6年後の1962年に、イヴ・サンローランは独立しました。

イヴ・サンローランは、1965年にモンドリアンルックを発表しました。

モンドリアンルック以外にもイヴ・サンローランは、若々しいコレクションを次々に発表しました。

こんな若々しいイヴ・サンローランなら、イームズのラウンジチェアをインテリアに加えていても不思議ではありません。

 

後悔していることは、デニムを発明しなかったこと

かつてイヴ・サンローランは、

「後悔していることはありますか?」

という質問に、

「デニムを発明しなかったことです。」

と答えました。

イヴ・サンローランは、時代の最先端を生きたファッションデザイナーだったのです。

 

イヴ・サンローランについては、以下も参考にしてください。