懐かしいY’s for menのDM

1998年秋冬から2002年春夏のY’s for menのDMが出てきました。
このころはヨウジヤマモトではなく、おもにY’s for menを買っていたことを思い出します。

 

Y’s for menのDM

それでは年代順に、Y’s for menのDMを見ていきましょう。

 

Y’s for men 1998年秋冬のDM

Y's for men 1998-99秋冬02 DMY’s for men 1998年秋冬のDM
Photography:Wendy McMurdo

 

私はこの当時、パタンナーとして働いていました。

パタンナーとして、

  1. 型紙を作り
  2. 青焼き(日光写真のような青いコピー)をして
  3. 青焼きした型紙をカット

する作業には、ヨウジヤマモトプールオムよりもY’s for menの服の方が都合が良かったと思います。

シーチング(安い平織りの布)を使って立体(シーチングで作ったチェック用の服)を組むと、身体中にシーチングから出た糸がついてしまいます。

私はときどき、このシーチングの糸が付いたまま昼食に行くこともありました。

型紙を作っていると服が汚れるので、私はY’s for menの服を洗濯機でガンガン洗いました。

私の中で、Y’s for menの服は作業服のような意味合いを持っていたようです。

 

Y’s for men 1999年春夏のDM

Y's for men 1999年春夏 DMY’s for men 1999年春夏のDM
Photography:マックス・ヴァデュカル

 

1999年春夏のシーズンから、カメラマンがマックス・ヴァデュカルに変わりました。

写真から伝わってくる、雰囲気(空気感)も変わりました。

私は、Y’s for menのシャツの第2ボタンの位置が好きです。

普通のシャツに比べてY’s for menのシャツは、第2ボタンが上についています。

Y’s for menのシャツは、第1ボタンを開けたときの見え方がすごくいいのです。

 

Y’s for men 1999年秋冬のDM

Y's for men 1999-2000年秋冬 DMY’s for men 1999年秋冬のDM
Photography:マックス・ヴァデュカル

 

この時期に買ったY’s for menの服はどんな作業の時も気にせずに着ていたので、ジャケットもパンツもほとんど破れてしまいました。

この時期の私は、とても贅沢な服の着方ができたと思います。

ヨウジヤマモトプールオムとは違ったスタイルが、周囲の人たちにも好評でした。

(ヨウジヤマモトプールオムの服を着ていると、目を背ける人もいます。)

 

Y’s for men 2000年秋冬のDM

Y's for men 2000-2001年秋冬 DMY’s for men 2000年秋冬のDM
Photography:マックス・ヴァデュカル

 

このDMは、円形です。

実際にはこのDMは、封筒に入って届けられました。

このころのY’s for menのDMは、猥雑な街の写真が多かったです。

 

Y’s for men 2001年春夏のDM

Y's for men 2001年春夏 DMY’s for men 2001年春夏のDM
Photography:マックス・ヴァデュカル

 

このDMは、久しぶりにカラーの写真です。

そういえば私は、Y’s for menのプリント物はほとんど買ったことがないような・・・・・気がします。

こういうプリントの服も、着ておけば良かったと思います。

Y’s for menの春夏ものでは、綿素材のパンツがとても重宝しました。

汗をかいても洗濯をすればいいので、汗を気にせず履くことができました。

このころは18,000〜24,000円くらいで、Y’s for men の綿パンを買うことができました。

これくらいの価格のパンツだと、躊躇なく水洗いできます。

何度も書きますが、家で洗濯ができる服は便利です。

同じ型紙のパンツを、数年後に偶然買ったことも何度かありました。

 

Y’s for men 2002年春夏のDM

Y's for men 2002年春夏 DMY’s for men 2002年春夏のDM
Photography:マックス・ヴァデュカル

 

いつからか型紙を作るときも、私はヨウジヤマモトプールオムを着る比率が高くなっていきました。

今はもうY’s for menは無くなってしまったので、ほとんどヨウジヤマモトプールオムを着ています。

Y’s for menの服は、作業服としても日常服としてもとてもかっこよかったです。

 

Y’s for menのDMは、以下も参考にしてください。