Y’s for men 2000年春夏のカタログ3

Y’s for menの2000年春夏カタログの3回目です。
今回はリップル加工の話が出てきます。    

 

リップル加工

Y's for men 2000 18 カタログY’s for men 2000年春夏 写真1枚目
マックス・ヴァデュカル

 

Y’s for menのお店からいただいた手紙には、

綿、麻素材を中心とした各アイテムが揃いました。

とあります。

続いて、

リップル(ripple)
加工によって布面に縮みを現した織物
苛性ソーダを捺染(なっせん)して、その部分を縮ませ
捺染しなかった部分がふくれあがる様にする。
リップルとは『さざ波』の意味。

とありました。

 

水玉リップル

Y's for men 2000 19 カタログY’s for men 2000年春夏 写真2枚目
マックス・ヴァデュカル

 

さらに、

水玉リップル
だ円形の水玉柄をリップル加工し
柄部分に凹凸が出ています。
綿100%
シロ・コン・クロ

と商品の説明がありました。

私は2000年春夏シーズンに、Y’s for menのリップル加工の黒い半袖シャツを買いました。

このリップル加工の半袖シャツは、だ円形の水玉柄が透けていてとても涼しそうに見えます。

私はこの半袖シャツを今でも着ていますが、真夏には重宝するシャツです。

 

縦ジマリップル

Y's for men 2000 20 カタログY’s for men 2000年春夏 写真3枚目
マックス・ヴァデュカル

 

最後に、縦ジマリップルの紹介が書いてありました。

縦ジマリップル
縦方向全体にリップル加工をほどこし
縦よれの涼感を出しました。
綿100%
シロ・コゲチャ・クロ

話は、水玉リップルに戻ります。

2004年ころ、水玉リップルのシャツを着ている人が結構いました。

水玉リップルのシャツを着ている人は、男性よりも女性に多かったです。

Y’s for menやヨウジヤマモトプールオムのアイディアは、数シーズン後にレディースの服で真似されることが多いです。

 

ヨウジヤマモトプールオムは真似されている

Y's for men 2000 21 カタログY’s for men 2000年春夏 写真4枚目
マックス・ヴァデュカル

 

考えてみるとヨウジヤマモトプールオムは、確実にレディースの服で真似されています。

日本のレディースの服で流行っているアイディアの多くは、ヨウジヤマモトプールオムが数シーズン前にやったものです。

注目のブランドに、ヨウジヤマモトプールオムが挙げられることはありません。

ヨウジヤマモトプールオムの服を、そのまま真似することもできません。

しかし数シーズン後にヨウジヤマモトプールオムのアイディアを、レディースのブランドが真似します。

ヨウジヤマモトプールオムを無視したふりをして、そのアイディアを真似します。

ずるいです。

「ヨウジヤマモトが好き」と言ったら、おしゃれな人に見られません。

それで、「海外のブランドが好き」と言います。

そのくせ、ヨウジヤマモトプールオムのアイディアを真似しちゃうのです。

アパレル業界の人は、もっと素直になった方がいいです。

自分が本当に好きなものを、「好き」と言うべきです。

 

写真のコート

Y's for men 2000 22 カタログY’s for men 2000年春夏 写真5枚目
マックス・ヴァデュカル

 

写真のコート(ロングジャケット?)は、面白いですね。

第1ボタンは、タブをボタンホールに通して留めています。

ボタンを外せば普通のラペルになって、ボタンもタブも見えないのでしょう。

写真のコートの様に第1ボタンをジャケットに付けることがありますが、とても難しいです。

ラペルの返り線に、ボタンがこない様にしなければなりません。

Y’s for menのコートの様にタブを使うと、ボタンを小さくできるしボタンの位置も調整できます。

このタブは、とても面白いアイディアです。

 

最後に

Y's for men 2000 23 カタログY’s for men 2000年春夏 写真6枚目
マックス・ヴァデュカル

 

今回もカタログの撮影は、マックス・ヴァデュカルです。

3回にわたって、2000年春夏のY’s for menのカタログを見ました。

いろいろなことを思い出したり、新しい発見がありました。

今回、写真のホチキスの穴を消し忘れていました。

ホチキスの穴の跡も、味としてお楽しみ下さい。

Y’s for men 2000年春夏のカタログ2を読む