Y’s for men 2000年春夏のカタログ1

Y’s for menの2000年春夏のカタログは、豪華です。
そして、手元にあるだけでも3種類あります。

 

Y’s for men NAPOLI,ITALY

Y's for men 2000 02 カタログY’s for men 2000年春夏のカタログ 表紙

 

Y’s for men  2000年春夏のカタログのタイトルは、「Y’s for men NAPOLI,ITALY」です。

イタリアのナポリで、地元のモデルと撮影したように見えます。

Y’s for menのカタログは、表紙と背表紙を入れて8枚構成です。

カタログの左脇一箇所を、ホチキスでとめてあります。

表紙から背表紙へと、少しずつ幅が広くなっていきます。

面白い作りの、カタログです。

 

1人のモデル

Y's for men 2000 03 カタログY’s for men 2000年春夏のカタログ 写真1枚目
マックス・ヴァデュカル

 

Y’s for menのこのカタログの写真は、すべて同じモデルです。

そして着ている服も、すべて同じ服です。

Y’s for menのシャツを着たモデルが、ジャグリングをしている写真が6枚続きます。

同じ服を着た1人のモデルでカタログを作るのは、画期的なことです。

Y’s for menが、ブランドとしての自信を持っていた時期だと思います。

 

2000年春夏の思い出 

Y's for men 2000 04 カタログY’s for men 2000年春夏のカタログ 写真2枚目
マックス・ヴァデュカル

 

なぜY’s for menの2000年春夏カタログが3部も手元にあるのか、考えてみました。

2000年春夏に私は、半袖のシャツだけで5着くらい買った記憶があります。

夏になり暑すぎて、私は半袖のシャツを買ったのだと思います。

それまで私は、夏に何を着ていたのでしょうか?

 

夏の長袖シャツ

Y's for men 2000 05 カタログY’s for men 2000年春夏のカタログ 写真3枚目
マックス・ヴァデュカル

 

2000年以前の私は夏でも、

  • 長袖のシャツ
  • 長袖のTシャツ

を着ていた記憶があります。

そして私は夏でも、ウールギャバジンのパンツを履いていました。

今思えば、「暑くなかったのかなあ?」と思ってしまいます。

確か私は冬でもセータを着ないで、長袖のTシャツを着ていました。

私は一年中、同じ服を着ていたような気がします。

私は、すごく我慢していました。

 

梳毛と紡毛 

Y's for men 2000 06 カタログY’s for men 2000年春夏のカタログ 写真4枚目
マックス・ヴァデュカル

 

ちなみに2000年くらいまでの私は、素材の好き嫌いが激しかったです。

ウールでいえば、私は梳毛(そもう)が好きで紡毛(ぼうもう)は嫌いでした。

  • 梳毛
    毛足の長い羊毛を引き揃えて、短い羊毛を取り除いて作ります。
    出来上がった糸は、太さが均一でスラリとしています。
    糸の撚りは強めで均一にかかり、固くしまった感じです。
  • 紡毛
    粗雑で短い羊毛繊維を主体に作ります。

    糸の太さは均一ではなく、撚りは少し甘いです。
    梳毛に比べて太くて外観は粗雑に見えますが、柔らかく起毛しやすく、保温性に富んでいます。

2000年までの私は、本当に好みが狭すぎます。

 

好みが広がる

Y's for men 2000 07 カタログY’s for men 2000年春夏のカタログ 写真5枚目
マックス・ヴァデュカル

 

2000年以降、私は紡毛も好きになりました。

私の好みや表現の幅が、広がったように思います。

年齢のせいでしょうか・・・・・?

よく考えてみると、年齢だけのせいではないような気がします。

 

Y’s for menのシャツ

Y's for men 2000 08 カタログY’s for men 2000年春夏のカタログ 写真6枚目
マックス・ヴァデュカル

 

このカタログのシャツは、前ヨークの下にギャザーがたっぷり入っていていいですね。

たっぷり入ったギャザーとたっぷりの身幅が、春夏のシャツにぴったりだと思います。

そしてY’s for menやヨウジヤマモトプールオムのシャツは、前立ての仕様が軽くてとてもいいです。

私は、本格的なメンズウェアが苦手です。

私は仕事でメンズのシャツを作るとき、仕様が細かすぎて嫌になってしまいます。

その「細かい仕様が正当なメンズだ」と主張する人もいますが、私には面倒臭いです。

そのメンズウェアの細かさが、私には女々しく感じられるのです。

 

写真家マックス・ヴァデュカル

Y's for men 2000 09 カタログY’s for men 2000年春夏のカタログ 背表紙

 

このY’s for menのカタログの撮影は、マックス・ヴァデュカル(Max Vadukul)です。

マックス・ヴァデュカルはニューヨークを拠点に活動する、イギリス人の写真家です。

マックス・ヴァデュカル(Max Vadukul)

  • 1961年 ケニアのナイロビで生まれる(2月2日)
  • 1984年 山本耀司に見出される

 懐かしいY’s for menのDM」にも、マックス・ヴァデュカルの写真がたくさん載っています。

マックス・ヴァデュカルは、Y’s for menにぴったりの写真を撮ります。

以降、「Y’s for men 2000年春夏のカタログ2,3」と紹介します。

お楽しみに。

Y’s for men 2000年春夏のカタログ2を読む