ヨウジヤマモト2017年春夏のDM

前回、「『そろそろ、山本耀司を否定しようかな。』と思う今日このごろです。」と書きました。
今回は2017年春夏のDMを見ながら、山本耀司を否定してみようと思います。

 

2017年春夏

ヨウジヤマモト278 2017年春夏DM2017年春夏のDM

 

2017年春夏は、2017年1月11日(水)に立ち上がりました。

DMの内容を、以下に引用します。

THEME : 「SLUMP」

無作為に付けられた襟、少しずつ位置や大きさを変え付けられたポケットや釦のディテール。
斜めに入った着彩の筆跡のように、アシンメトリックなパターンで不規則に組み立てられた服。
ワイドとタイトなシルエットパターンの往来。
まるでスランプに陥り、紆余曲折、試行錯誤しているかの様なスタイル。
意味を成さない、皮肉めいた、或いは自虐的な要素がその上に重なる。

 

ストレートすぎるということ

ヨウジヤマモト279 2017年春夏DM2017年春夏のDM

 

パリ 山本耀司のファッション進化論」の中で、山本耀司は以下の様に語っています。

編集部

で、うまく言えました?

山本耀司

ストレートすぎた。
もう少し何かに包んで、解釈の余地を残せばよかったと思う。

私は最近のヨウジヤマモトプールオムを見ていて、ストレートすぎると思います。

最近とは、2016年秋冬から2018年春夏のコレクションのことです。

ストレートすぎて、わかりやすくて恥ずかしい。

しかしストレートだと、売れるのかもしれません。

その中から、私好みの服を細々と探すしかなさそうです。

ストレートすぎるのとは違いますが、素材がおじいちゃんぽかった時期がありました。

渋くて格好良いのではなくて、本当におじいちゃんぽかったです。

素材の

  • 表面感

が、まさにおじいちゃんでした。

私は服を見ながら、
「耀司さん、老けちゃったかな?」
と心配していました。

 

有名人

ヨウジヤマモト280 2017年春夏DM2017年春夏のDM

 

最近ヨウジヤマモトプールオムでは、芸能人の起用が目立ちます。

しかし私にとっては、どうでもいい芸能人たちです。

1991年に行われた6・1 THE MENには、たくさんのミュージシャンが登場しました。

日本で有名であろうとなかろうと、カッコ良い男たちでした。

最近の有名人は、私の心には響きません。

 

6・1 THE MEN

ヨウジヤマモト282 1991年 6・16・1 THE MEN
「All About Yohji Yamamoto」より
ISBN978-4-579-30446-2

 

6・1 THE MENの写真を、紹介します。

最近のヨウジヤマモトプールオムについて、

  • ストレートすぎる
  • 芸能人の起用が心に響かない

と書きました。

最近のコレクションではありませんが、

  • 素材がおじいちゃんぽかった

ことも書きました。

 

まとめ

ヨウジヤマモト281 2017年春夏DM2017年春夏のDM

 

他にも、こんなことがありました。

  • コレクションで昔の型紙の使い回しが見られた

ことがありました。

そのコレクションは、数シーズン前の型紙を集めて再構築した様な内容でした。

パタンナー不足なのか?と思いました。

私が最近不満なのは、REPLICAシリーズです。

私は、REPLICAシリーズのオリジナルの服を何着か持っていました。

REPLICAシリーズをオリジナルと比べて

  • 高い価格
  • 縫製仕様

に不満があります。

2017年秋冬に、タキシードクロスで復刻されたパンツがあります。

私が持っていたパンツはウールギャバジン製で、当時24,000円でした。

この値段と比べると、REPLICAシリーズは高すぎます。

それから、ジャケットは袖付けが当時とは違います。

ヨウジヤマモトプールオム2005年秋冬のDM+Y’s」という記事に、

このころのヨウジヤマモトプールオムのジャケットは、袖付けが格好良いです。

と書きました。

今の袖付けは、2005年製のジャケットとも違ってしまいました。

他にも言いたいことは色々ありますが、愚痴になってしまうのでこの辺でやめます。

耀司さんには、本気で男物と取り組んでほしいものです。

ヨウジヤマモト2016年秋冬のDMを読む