ヨウジヤマモト2015年秋冬のDM

2015-2016年秋冬のコレクションは、ウールギャバジンをおもしろく使っていました。
このシーズンのDMを、紹介します。

 

2015-2016年秋冬

ヨウジヤマモト243 2015-2016年秋冬DM2015-2016年秋冬のDM

 

2015-2016年秋冬のシーズンは、2015年7月8日(水)に始まりました。

DMより、以下に引用します。

洋裁の始末の中で、”断ち切り”は最も平易である。
始めであり、終わりとなるこの切りっぱなしは、最も手ごわい仕様。
デザイナーが差し出したイメージソースは、3枚の紙を3本のミシンステッチで綴じた紙の層であった。

布を重ねる・・・裁ち切る・・・ステッチで押さえる・・・

シーズンの立ち上がりでギャバジンを相手に、幾重にも生地を重ねた状態から、一着を仕立て上げる技法に取り組んでいる。
貫通したポケットはフラップの表側を縫い返し、その下には裁ち切ったもう一つのフラップが覗くなど実に均衡を保って配されており、パターンを見ると中には脇の接ぎ目の無い服である事に驚きを覚える。

実に、手数の多さがわかるカッティングと縫製のコレクション。

同じ色彩が2度と構成されないマーブリング技法にも注目。
別珍マーブリングシリーズもレイヤードした異素材の発色差異に目を奪われるが、ギャバジンの表現とは正反対の綺麗な始末を施し、要所で別布に転写した色の衝動を際立たせている。

どこまでひっくり返しても遜色のない造形服・・・ぜひ店頭でその一着にこめられた自由で綿密な発想をご覧ください。

 

紙の層

ヨウジヤマモト244 2015-2016年秋冬DM2015-2016年秋冬のDM

 

同じ封筒の中に、ハトロン紙に印刷された書籍のイメージが入っていました。

書籍のイメージには、一体どんな意味があるのでしょうか?

 

レイヤード

ヨウジヤマモト245 2015-2016年秋冬DM2015-2016年秋冬のDM

 

書籍のイメージの下には、手紙が付いていました。

まさに、レイヤードのDMだったのです。

文章の内容を、以下に引用します。

Layered −レイヤード−

書物に綴じられた紙の層のように、布地を重ね、服を仕立てる。
異素材の服地の積層、集合体。

厚み、落ち、ハリ。
別珍、ギャバジン、レザー。
性質の異なる素材のレイヤーを組み合わせた服。
布地を重ね、ずらして、縫われた服。
裁ち切り。
重ね着。
機能的なパッチワーク。

服づくりの知識と技術の集積により創出されたコレクションは、その常識に新たな挑戦を告げる。

 

山本耀司のスケッチ

ヨウジヤマモト246 2015-2016年秋冬DM2015-2016年秋冬のDM

 

こちらはヨウジヤマモトプールオムのある店舗が、リニューアルオープンしたお知らせです。

2015-2016年秋冬コレクションに合わせて、2015年7月8日(水)にリニューアルオープンしました。

限定商品として、山本耀司のスケッチ6作品を、

  1. クラッチバッグ
  2. トートバッグ

として販売しました。

 

モデルに付けられた傷

ヨウジヤマモト247 2015-2016年秋冬DM2015-2016年秋冬のDM

 

こちらのDMは、2015年9月にいただきました。

このシーズンのコレクションは、モデルに付けられた傷が印象的でした。

モデルひとりひとりが、別のところに傷を付けていました。

ケンカの帰りのような、勝ったのか負けたのか・・・。

DMより、引用します。

秋冬コレクション商品が揃いましたのでご案内いたします。
ショーでも注目度の高かったローゲージニットのセットアップは手紡ぎ風のウールスラブを使用したハンドメイドのような暖かみのあるアイテムに仕上げました。
ヨウジヤマモト独特の縮絨加工を施したロングシャツやフードブルゾンのほか、ロングコートはスエード調に起毛したモッサやメルトンを1点1点丁寧に仕上げた素材が特徴です。

また、

  • Yohji Yamamoto×adidasのファスナーブーツ
  • GOTHIC Yohji Yamamotoのシルバーアクセサリー
  • 動体裁断・動体縫製のケーブルニット素材のジャケットや新たにコートアイテム

も今シーズンより取り揃えます。

限定販売のライダースジャケットなど希少なアイテムもご用意しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

 

フランスの初日

ヨウジヤマモト248 2015-2016年秋冬DM2015-2016年秋冬のDM

 

2015-2016年秋冬コレクションのフランスでの初日は、2015年7月22日のようです。

こちらは、とても大きいDMです。

裏面にも、写真が印刷してありました。

 

まとめ

ヨウジヤマモト249 2015-2016年秋冬DM2015-2016年秋冬のDM

 

裏面は、山本耀司の後ろ姿でした。

1枚目の写真は、山本耀司の足元でした。

2015-2016年秋冬コレクションは、パタンナーと縫製工場が頑張ったコレクションでした。

3枚の布が重なったウールギャバジンのジャケットを買いましたが、本当に感心する出来でした。

ここまで書いて、秋冬に対する要望を思い出しました。

最近のヨウジヤマモトのニットは、厚手のものがほとんどです。

東京の冬には、暑すぎる感じがします。

薄手の、クルーネックのニットを作ってもらえると嬉しいです。

  • 18年くらい前のY’s for menのリブニット
  • 12年くらい前のヨウジヤマモトプールオムのリブニット

を気に入って、今でも着ています。

ヨウジヤマモト2014年春夏〜2015年春夏のDMを読む

ヨウジヤマモト2016年春夏のDMを読む