建築はどこにあるの?7つのインスタレーション

2010年に行われた、「建築はどこにあるの?7つのインスタレーション」の写真が見つかりました。
7年前の展覧会ですが、紹介します。

 

建築はどこにあるの?

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション02中村竜治
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

建築はどこにあるの?
7つのインスタレーション

  • 開催期間:2010年4月29日(木)-2010年8月8日(日)
  • 開館時間:10:00-17:00
         (金曜日は10:00-20:00)
         (入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日 :月曜日
         (2010年5月3日、7月19日は開館)
         5月6日(木)、7月20日(火)
  • 観覧料 :一般 850円(600円)
         大学生450円(250円)
         高校生以下および18歳未満
         障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)
         は無料
  • 開催会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー

写真撮影、可能でした。

(現在は「建築はどこにあるの?」展は終了しています。)

 

7組の建築家

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション037組の建築家
「CASABRUTUS NO.124 2010年7月号」より

 

7組の建築家

前列右から

  • 内藤廣
    (1950年生まれ)
  • 伊東豊雄
    (1941年生まれ)
  • 貝島桃代(アトリエ・ワン)
    (1969年生まれ)
  • 塚本由晴(アトリエ・ワン)
    (1965年生まれ)

後列右から

  • 中山英之
    (1972年生まれ)
  • 中村竜治
    (1972年生まれ)
  • 菊地宏
    (1972年生まれ)
  • 鈴木了二
    (1944年生まれ)

世代も作風も違う、7組の建築家が集まりました。

 

とうもろこし畑

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション04「とうもろこし畑」 中村竜治
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

会場に入ってすぐのところに、中村竜治の「とうもろこし畑」がありました。

繊細な線で構成されていて、かなりの大きさがありました。

いろいろな角度から、奥を見てみました。

写真も、たくさん撮りました。

「とうもろこし畑」が最初にあって、とても良かったです。

中村竜治の休憩所が、池袋西武の7階にあります。

座っている人のほとんどが、嬉しそうに見えます。

 

草原の大きな扉

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション05「草原の大きな扉」 中山英之
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

中山英之の、「草原の大きな扉」です。

1/3スケールで、椅子が作られています。

1/3というスケール感が、面白かったです。

 

物質試行 51 DUBHOUSE

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション06「物質試行 51 DUBHOUSE」 鈴木了二
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

鈴木了二の「物質試行 51 DUBHOUSE」は、実物大のようでした。

事務所として、すぐに使えそうな空間でした。

かなり暗い、空間でした。

古いデジカメでは、ブレてしまいました。

 

赤縞

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション07「赤縞」 内藤廣
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

内藤廣の、「赤縞」です。

真っ暗い空間に、赤いレーザー光線が平行に飛んでいました。

その中を動いてみると、面白い赤縞が人間に沿って浮き上がりました。

写真だと、うまく表現できませんでした。

現在のデジカメだったら、どんな感じに写るのでしょうか?

カメラが進化したいま、もう一回見てみたいインスタレーションです。

 

ある部屋の一日

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション08「ある部屋の一日」 菊地宏
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

菊地宏の「ある部屋の一日」は、私には難しいインスタレーションでした。

暗い空間と明るい光を、うまく撮ることができませんでした。

もう少し、理解できたら良かったです。

 

うちのうちのうち

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション09「うちのうちのうち」 伊東豊雄
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

伊東豊雄の「うちのうちのうち」は、抽象的な空間のように感じられました。

中に入ることができるので、おもしろかったです。

白い幕を通して、光が均一化して不思議な感覚になります。

うちにあるモチーフは、いろいろな形がありました。

素材やモチーフで、白い空間のイメージが変わっていきました。

 

まちあわせ

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション10「まちあわせ」 アトリエ・ワン
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

アトリエ・ワンの「まちあわせ」は、本当にいいです。

キリンのような動物の顔が、間近にくるわけです。

動物に、愛情を感じてしまいます。

本当に「まちあわせ」するのに、良さそうな空間です。

2010年の6月に伺ったのですが、梅雨の晴れ間の芝生がとても気持ちよかったです。

 

まとめ

建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション11「ある部屋の一日」 菊地宏
「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」より

 

写真を見ていて、懐くなりました。

2010年と2017年は、全く変わってしまったような、全く変わっていないような・・・。

果たして、どちらでしょうか?

建築に希望を持ってみたり、失望したりの7年間でした。

建築家が持つ

  • きれいごと
  • 本音

このギャップに、驚いた7年間でもありました。