ヴィヴィアン・ウエストウッドのタータン

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、タータンチェックをファッションに昇華しました。
今回は、ヴィヴィアン・ウエストウッドが使うタータンチェックを見てみます。

 

ヴィヴィアン・ウエストウッドのタータンチェック

ヴィヴィアン・ウエストウッド09 タータンチェックヴィヴィアン・ウエストウッド
「VOGUE HOMMES JAPAN A/W2008-2009 VOL.1」より

 

ヴィヴィアン・ウエストウッドの言葉とともに、タータンチェックを見ていきましょう。

ヴィヴィアン・ウエストウッドのプロフィールには、

ヴィヴィアンは1993/1994年秋冬コレクション「アングロマニア」のためにオリジナルのタータン柄を作り上げ、その柄は氏族の紋章「クラン」として認定を受けた。

「ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学」p108より引用

と誇らしげに書かれています。

そして、ヴィヴィアン・ウエストウッドは言います。

通常はタータンチェックがスコットランドのロキャロン社に認定されるのに200年かかるのよ。

「ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学」p108より引用

 

上手な説明じゃないわね

ヴィヴィアン・ウエストウッド10 タータンチェックドレス ヴィヴィアン・ウエストウッド 1992年春夏
「装苑 2003年10月号」より

 

  • ドレス
    ヴィヴィアン・ウエストウッド
    ロンドンコレクション
    1992年春夏

いいえ、ファッションは芸術だとは思わないわ。
でも確かにそう思う時もあるわね。
私ったら今何を言おうとしていたのかしら?

フランス人というのは、偉大な西洋思想の相続人よ。
イギリス人はなぜかそうはならなかった。
その主な理由のひとつが、フランス革命なの。
イギリス人は革命を怖がった。
でも彼らは正解だったの。
あまりものを深く考え過ぎると、社会は無秩序になるでしょう。
あら、ごめんなさい。
上手な説明じゃないわね。
とにかく私とアンドレアスの最大の違いはここにあるの。
私は、フランス革命で人々がギロチン台に上げられたり、恐ろしい目に遭ったことに腹を立てたけど、アンドレアスは彼らがたくさんの芸術品を破壊したと言って嘆いたのよ!

「ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学」p99-100より引用

 

ここには普通の生活があるのよ

ヴィヴィアン・ウエストウッド11 タータンチェックセットアップ ヴィヴィアン・ウエストウッド 2003年
「装苑 2003年10月号」より

 

  • セットアップ(ジャケットとスカート)
    ヴィヴィアン・ウエストウッド
    2003年
    伊勢丹とのコラボレーション
    エルギン家のタータンチェック

ここにはとても長く住んでいるのよ。
私はこの国に生まれて、今もクラバムコモンで生活している。
季節の移り変わりと、冷たく湿った空気が大好きでね。
なぜでしょうね。
家に着くとコモンの空気が私を捕らえ、私は何かの香りに気がつくの。
ああ、ニワトコの花が咲いているのね。
ここには普通の生活があるのよ。

「ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学」p101より引用

 

保守的でないことに感づいていたの

ヴィヴィアン・ウエストウッド12 タータンチェックジャケット(右) ヴィヴィアン・ウエストウッド 1996-97年秋冬
「装苑 2003年10月号」より

 

  • ジャケット
    ヴィヴィアン・ウエストウッド
    パリコレクション
    1996-97年秋冬

私が住んでいたのは、ちょうど産業革命のおかげで大成長を遂げた地区だった。
17歳になるまで、私は美術館さえも知らなかったの。
美術書を見たこともなかったし、映画館のような場所に足を踏み入れたことすらなかったわ。
だけどとても小さいころから、自分が両親のように保守的ではないことに感づいていたの。

「ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学」p108より引用

 

まだまだ勉強不足よ

ヴィヴィアン・ウエストウッド13 タータンチェックジャケット(左) ヴィヴィアン・ウエストウッド 1996-97年秋冬
「装苑 2003年10月号」より

 

私は何に対してもずけずけとものを言うけれど、それは不誠実だからではないの。
自分があまり博識でないことは知っているし、まだまだ勉強不足よ。
でも誰だってそうでしょう。
私は他の人たちが言わないことを言っているだけなのよ。

「ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学」p111より引用

 

まとめ

ヴィヴィアン・ウエストウッド14 タータンチェックメンズ・セットアップ ヴィヴィアン・ウエストウッド 2001年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

ISBN978-3-8365-5724-5

 

  • PHOTOGRAPHY : LARRY DUNSTAN
    STYLING : REBECCA OURA
    2001年10月

ヴィヴィアン・ウエストウッドの言葉を読んで、やっぱり一筋縄では行かないファッションデザイナーでした。

ヴィヴィアン・ウエストウッドは美術館やギャラリーに通い、過去の服飾史を新しい視点から見るようになりました。

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、常に新しい視点を取り入れています。

そして、根底は変わっていないように思えます。

本当に複雑で、面白いファッションデザイナーです。

 

参考文献

  • 「ヴィジョナリーズ ファッション・デザイナーたちの哲学」
    ISBN978-4-86020-148-7

ヴィヴィアン・ウエストウッドについては、以下も参考にしてください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+