天才 熊谷登喜夫

熊谷登喜夫の名前を見ると私は、「天才」と付けたくなってしまいます。
今回は、熊谷登喜夫がデザインした靴を中心に見ていきます。

 

熊谷登喜夫

熊谷登喜夫01靴 熊谷登喜夫 1984年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より
ISBN978-3-8365-5719-1

 


  • 熊谷登喜夫
    1984年ころ
    赤と白の樹脂

熊谷登喜夫

  • 1947年 宮城県仙台市に生まれる(8月9日)
  • 1966年 文化服装学院に入学
  • 1968年 第24回装苑賞を受賞
  • 1970年 文化服装学院を卒業
         渡仏
  • 1971年 ドロテ・ビス系のデザイン・企画会社「コア・アンド・コア」に入社
  • 1972年 独立
  • 1980年 A.B.C.デザインを設立
  • 1981年 パリで靴のブティックを開店
  • 1983年 イトキンからレディースを発表
  • 1985年 イトキンからメンズを発表
  • 1987年 死去(10月25日)

 

フリーランスのファッションデザイナー

熊谷登喜夫02パンプス 熊谷登喜夫 1984年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • パンプス「食べる靴−すき焼き」
    熊谷登喜夫
    1984年ころ
    赤と白の樹脂

熊谷登喜夫は文化服装学院を卒業した後、パリに渡りました。

そしてフリーランスのファッションデザイナーとして、

  • カステルバジャック社
  • フィオルッチ社(プレタポルテ、アクセサリー)
  • ピエール・ダルビー社
  • ロディア社(ニットデザイン)
  • バディロ社
  • イブ・サンローラン社(靴)
  • ビニ社(テキスタイル)
  • ミックス・アンド・マッチ(プレタポルテ)
  • アルファ・キュービック(靴)

などのデザインを手がけました。

熊谷登喜夫は特に、靴のデザインで高い評価を得ました。

 

TOKIO by DOMON

熊谷登喜夫03下駄 熊谷登喜夫 1984年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • 下駄「赤飯」
    熊谷登喜夫
    1984年ころ
    樹脂

かつて熊谷登喜夫は、ジュングループの「TOKIO by DOMON」というブランドでメンズウェアをデザインしていました。

1980年に熊谷登喜夫は、パリにA.B.C.デザインというアトリエを設立しました。

そして1980年6月に、A.B.C.デザインとジュングループが「TOKIO by DOMON」の契約を結びました。

1980年秋冬コレクション「ザ・ポリス」で、「DOMON」と「 TOKIO by DOMON」のファッションショーが共催されました。

1983年ころA.B.C.デザインの経営が悪化し、熊谷登喜夫は株式会社イトキンと契約しました。

 

ダイアナ妃の初来日

ファッションとシュルレアリスム09 トキオ・クマガイパンプス トキオ・クマガイ 1984年ころ
「FASHION A History from the 18th to 20th Century」より

 

  • パンプス「アイスクリーム・シューズ」
    トキオ・クマガイ
    1984年ころ
    樹脂

1986年にダイアナ妃が初来日したとき、小池千枝先生はとても喜びました。

このときダイアナ妃は、

  • ケンゾー(高田賢三)のドレス
  • トキオクマガイ(熊谷登喜夫)の靴

を着用していました。

小池千枝先生は、「ヨーロッパの王室に、日本のファッションデザイナーがやっと認めてもらえた。嬉しかった」と言っていました。

小池千枝先生のこの言葉を、私は本で読みました。

その後私はこの話を、小池千枝先生から直にお聞きしたと記憶しています。

 

靴のデザイン

熊谷登喜夫04靴 熊谷登喜夫 1984年ころ
「FASHION A History from the 18th to 20th Century」より

 


  • 熊谷登喜夫
    1984年ころ
    黒いスエード
    平ゴム、リボン、リング、皮革のアップリケ

動物シリーズの靴は、1983年秋冬から1986年春夏までたびたび登場しました。

テーブルクロスにこぼしたワインのしみが「ネズミの形のようでかわいかった」ことにヒントを得て、ネズミの靴が作られました。

旧来の靴というカテゴリーに捕らわれない独創的なデザインによって、熊谷登喜夫は靴を履く楽しさを提案しました。

発想の原点は熊谷登喜夫自身の生活の中にあり、

  • 絵画
  • 写真
  • 工芸品
  • 人の言葉

からイメージを広げ、靴を一つのオブジェとしてデザインしました。

 

まとめ

熊谷登喜夫05第24回装苑賞受賞作品 熊谷登喜夫 1968年
「装苑 2013年8月号」より

 

  • 第24回装苑賞受賞作品
    熊谷登喜夫
    1968年

熊谷登喜夫が装苑賞を受賞したとき、山本耀司は次点でした。

この一事だけを見ても、熊谷登喜夫は天才だと思ってしまいます。

ただ残念なことに、熊谷登喜夫の服の写真が私の手元にはありません。

私が大学に入学した年に、熊谷登喜夫は亡くなってしまいました。

大学のクラスの中でも、熊谷登喜夫の死は話題になりました。

1987年は大勢の若者が、ファッションデザイナーの名前を知っていた時代でした。