19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア

以前、ビーチウェアと水着を紹介しました。
今回は、いろいろなスポーツウェアを紹介します。 

 

テニスウェア

19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア02テニス・スーツ 作者不詳 1890年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より
ISBN978-3-8365-5719-1

 

  • テニス・スーツ
    作者不詳
    1890年ころ
    白い綿のピケ
    タイトなテーラード・ジャケット
    足首丈のプレーンなスカート

19世紀の後半には、市民生活に余暇を楽しむ余裕が生まれました。

交通機関が発達したことで、避暑避寒などの旅行が広まりました。

同時に、スポーツが一般市民にも広がりました。

 

男性のテニスウェア

19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア03イラストレーション Marjac 1921年
「100 years of Fashion Illustration」より
ISBN978-1-85669-462-9

 

  • Marjac
    「テニスのダブルス」
    ” Monsieur ” 誌 1921年8月号
    多色刷りリトグラフ

現代の主要な紳士服である、

  • 背広型上着
  • 共布の三つ揃いスーツ

などは旅行やスポーツ用などの非公式な衣服として19世紀後半に誕生し、広がりました。

 

女性のテニスウェア

1920年代のファッションイラストレーション06 ジャン・パトゥイラストレーション 作者不詳 1925年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • 作者不詳
    「ジャン・パトゥがデザインしたテニス・ドレス」
    ” Art,gout,beaute ” 1925年

ジャン・パトゥは、美しいスポーツウェアをたくさんデザインしました。

 

乗馬服

1900年代のファッション02 ヘンリー・クリード女性用乗馬服 ヘンリー・クロード 1900年代
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • 女性用乗馬服
    ヘンリー・クロード
    1900年代
    黒ウール・ツイル
    カッタウエイ・ジャケット
    ドロップ・フロントスタイルのジョドパーズの上に、
    当時の習慣である横乗り用に、
    あらかじめ右膝を折り曲げた形にカッティングされたスカートを重ねる

乗馬は、上流階級の特権でした。

女性も乗馬を、たしなみとして楽しみました。

しかし女性は馬にまたがることは認められず、スカート着用の横乗りを強いられました。

実際には、

  • 安全性
  • 機能性

から男性と同じようなズボンが着用されていました。

しかし、ズボンを覆い隠すようなスカートが必需品でした。

 

スキーウェア

ジョルジュ・バルビエ03イラストレーション ジョルジュ・バルビエ 1925年
「100years of Fashion Illustration」より

 

冬季オリンピックが、

  • 1924年 フランスのシャモニー
  • 1928年 スイスのサンモリッツ

で開催されました。

スキーへの注目は、一躍高まりました。

 

ウール・ニットのスキー・スーツ

19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア04スキー・スーツ 作者不詳 1930年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • スキー・スーツ
    作者不詳
    1930年ころ
    黒とオフ・ホワイトのウール・セーターと黒のウール・ニットのパンツ
    タートルネックと袖はリブ編み
    共布のベルト付き
    ベルト先端にポンポン

セーターとパンツの構成によるスキー・スーツはウール・ニットを使い、

  • 防寒
  • 動きやすさ

を追求しています。

 

リゾートの生活

19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア05イラストレーション Weclawowicz 1931年
「100years of Fashion Illustration」より

 

  • Weclawowicz
    ” Femina ” 誌 1931年2月号の表紙

スキーへの注目が高まると、

  • 夏はリヴィエラの海岸
  • 冬はシャモニーでスキー

というリゾートの生活が有閑階級に広がりました。

 

パンツの着用

19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア06イラストレーション Pierre Mourgue 1932年
「100years of Fashion Illustration」より

 

  • Pierre Mourgue
    「サンモリッツ」
    ” Femina ” 誌 1932年

1920年代半ばまで、女性はスカート姿でスキーを楽しんでいました。

しかし1920年代後期になると、身体的な機能性に優れたパンツをはくようになりました。

 

オートモービル・スーツ

19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア07オートモービル・スーツ ウォルト 1905-10年ころ
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • オートモービル・スーツ
    ウォルト(J.P.ウォルト)
    1905-10年ころ

1900年代後半以降、ドライブが富裕階級の間で贅沢な趣味として広まりました。

  • スポーティー
  • デザイン性

のあるドライビングウェアが、オートクチュール・メゾンからも発表されました。

 

ゴルフウェア

19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア09イラストレーション Jacques Demachy 1930年
「100years of Fashion Illustration」より

 

活動的なゴルフの流行で、ニット・セータが導入されました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+