私がデザインした11点の装苑賞候補作品

昨日は山本耀司がデザインした、装苑賞の服を紹介しました。
今回は私がデザインした、装苑賞候補の服を紹介します。

 

装苑1991年12月号 松田光弘先生選

装苑賞 佐藤真樹07 松田光弘先生選ドレス 佐藤真樹 松田光弘先生選
「装苑1991年12月号」より

 

  • ドレス
    佐藤真樹
    松田光弘先生選
    装苑1991年12月号

私は装苑の1991年12月号から1993年4月号まで、11点の候補作品を選んでいただきました。

装苑の掲載号が、全て偶数の月だったのが不思議です。

私のポートフォリオのページに、対談をテキスト化してあります。

対談内容は、ポートフォリオの装苑賞をご覧ください。

 

装苑1992年2月号 山本耀司先生選

装苑賞 佐藤真樹08 山本耀司先生選ドレス 佐藤真樹 山本耀司先生選
「装苑1992年2月号」より

 

  • ドレス
    佐藤真樹
    山本耀司先生選
    装苑1992年2月号

山本耀司先生に選んでいただき、とてもうれしくとても緊張しました。

私が装苑賞に応募する少し前から、審査員の先生と候補者の対談形式に変わりました。

作った服を前に、活躍しているファッションデザイナーに批評されるわけです。

学生にとって、めったにない貴重な体験でした。

 

装苑1992年6月号

装苑賞 佐藤真樹09 松田光弘先生選ジャンプスーツ 佐藤真樹 松田光弘先生選
「装苑1992年6月号」より

 

  • ジャンプスーツ
    佐藤真樹
    松田光弘先生選
    装苑1992年6月号

学生のころの私は装苑賞のコメントに出てくる、

  • 染色
  • 無双仕立て
  • ダブルフェイス
  • 裏打ち
  • ボンディング

などのテクニックを、すべて体験したいと思っていました。

文化服装学院の同級生に聞きながら、いろいろ試してみました。

 

装苑1992年8月号 稲葉賀恵先生選

装苑賞 佐藤真樹10 稲葉賀恵先生選ジャンプスーツ 佐藤真樹 稲葉賀恵先生選
「装苑1992年8月号」より

 

  • ジャンプスーツ
    佐藤真樹
    稲葉賀恵先生選
    装苑1992年8月号

稲葉賀恵先生は、私のデザインを3点選んでくださいました。

この月に、初めて2点同時に選ばれました。

装苑賞で、ごく稀に作品製作が間に合わなくて棄権ということがありました。

棄権にはならないように、緊張したことを覚えています。

 

装苑1992年8月号 鳥居ユキ先生選

装苑賞 佐藤真樹11 鳥居ユキ先生選ドレス 佐藤真樹 鳥居ユキ先生選
「装苑1992年8月号」より

 

  • ドレス
    佐藤真樹
    鳥居ユキ先生選
    装苑1992年8月号

装苑賞の服を作り始めると、朝の8時に寝て正午に起きる生活になってしまいました。

ときどき、夜になると近くの駒沢公園に自転車で行きました。

駒沢通りに面した階段に座り冷たい飲み物を飲みながら、3×3バスケを眺めていました。

これが夏の終わりだと、少し物悲しさがあってよいものでした。

 

装苑1992年10月号 小池千枝先生選

装苑賞 佐藤真樹12 小池千枝先生選ドレス 佐藤真樹 小池千枝先生選
「装苑1992年10月号」より

 

  • ドレス
    佐藤真樹
    小池千枝先生選
    装苑1992年10月号

小池千枝先生に、初めてデザイン画を選んでいただきました。

小池千枝先生との対談は、文化服装学院の円形校舎にあった名誉学院長室でした。

文化出版局から、歩いていくことができます。

普段は車での移動だったので、いつもと違う気分でした。

 

装苑1992年10月号 稲葉賀恵先生

装苑賞 佐藤真樹13 稲葉賀恵先生選ドレス 佐藤真樹 稲葉賀恵先生
「装苑1992年10月号」より

 

  • ドレス
    佐藤真樹
    稲葉賀恵先生選
    装苑1992年10月号

装苑賞の服を作っているときも、毎日10枚以上デザイン画を描いていました。

デザイン画は銭湯に行った後、1時間くらい描きました。

あるとき銭湯で、アーストンボラージュのデザイナーの佐藤孝信を見かけました。

ハイファッションという雑誌で、佐藤孝信は子どもたちと銭湯巡りが趣味と言っていました。

 

装苑1992年12月 中村乃武夫先生選

装苑賞 佐藤真樹14 中村乃武夫先生選コートとドレス 佐藤真樹 中村乃武夫先生選
「装苑1992年12月号」より

 

  • コートとドレス
    佐藤真樹
    中村乃武夫先生選
    装苑1992年12月号

中村乃武夫先生に選んでいただいたこのデザインで、装苑賞佳作1位をいただきました。

このとき私は、まっすぐに歩くことができませんでした。

体重が50kgになり、やせこけてしまったのでした。

真夏に作ったので、暑かったことだけ覚えています。

 

装苑1993年2月号 三宅一生先生選

装苑賞 佐藤真樹15 三宅一生先生選ドレス 佐藤真樹 三宅一生先生選
「装苑1993年2月号」より

 

  • ドレス
    佐藤真樹
    三宅一生先生選
    装苑1993年2月号

三宅一生先生の厳しい批評を受けたあと、新人デザイナーの展示会に連れて行ってもらいました。

装苑の編集部の人が、「この子、イッセイ先生に厳しいこと言われて落ち込んでいるの」と新人デザイナーに私を紹介してくれました。

新人デザイナーは、私を励ましてくれました。

そのあと、文化服装学院の同級生とたくさん飲みました。

 

装苑1993年4月号 稲葉賀恵先生選

装苑賞 佐藤真樹16 稲葉賀恵先生選コート 佐藤真樹 稲葉賀恵先生選
「装苑1993年4月号」より

 

  • コート
    佐藤真樹
    稲葉賀恵先生選
    装苑1993年4月号

私は普段は、自炊をしていました。

しかし服を作り出すと、料理をする気にはなれなくなってしまいます。

それで「どんと」という、煮込みうどんの店によく行っていました。

とても小さな店で、私のお気に入りの店でした。

 

装苑1993年4月号 小池千枝先生選

装苑賞 佐藤真樹17 小池千枝先生選ドレス 佐藤真樹 小池千枝先生選
「装苑1993年4月号」より

 

  • ドレス
    佐藤真樹
    小池千枝先生選
    装苑1993年4月号

私の思い出とともに、装苑賞の候補作品を紹介してきました。

当時の対談を読んでみると、以外にも私がはっきりと自分の意見を言っています。

批判に対しても、自分の考えを述べていました。

20代の私の、強い信念が伝わってきました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest