似ている服

昭和の歌謡曲には、ラモーンズの曲に似ているものがたくさんあります。
似ている服は、ファッションの世界にもあります。

 

コルセット

コルセットは現在も、デザイン・ソースの一つです。

の形が似ていたので、見比べてください。

ロココ・スタイルのコルセットは、鯨の骨など硬い素材で作られていました。

20世紀のジャン=ポール・ゴルチエは、ボンディング(接着)したニットで作っています。

 

ロココ・スタイルのコルセット

ロココ・スタイル07 コルセット パニエコルセットとパニエ、シュミーズ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より
ISBN978-3-8365-5719-1

 

  • コルセット
    1760-1770年
    茶の綿サテン
    162本のクジラの骨
  • パニエ
    1775年
    綿チンツ
    詰め物をした楕円形の籐のフープ
  • シュミーズ
    1780年

18世紀を通して、コルセットとパニエが女性の服を形作っていました。

 

パニエは最初、円錐形でした。

18世紀中期以降、スカートが広がりました。

スカートの広がりとともに、パニエは左右二つに分かれました。

パニエはフランス革命まで、宮廷での着用が義務付けられました。

 

ジャン=ポール・ゴルチエのトップ

似ている服02 ジャン=ポール・ゴルチエトップ、スカートと手袋 ジャン=ポール・ゴルチエ 1987年秋冬
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • トップ、スカートと手袋
    ジャン=ポール・ゴルチエ
    1987年秋冬
    トップは黒いポリエステル・ニットのボンディング
    スカートと手袋はブロンズ色のエラスティック ポリエステル

ジャン=ポール・ゴルチエは1980年代初期から、

  • コルセット
  • ブラジャー

などさまざまな下着を表着にしました。

このトップは、コルセットとパニエが一体化した形をしています。

 

胸をテーマにした服は、過去からたくさん作られました。

今回は、

の服を見比べてください。

胸をリアルに表現しながら、それぞれ違った素材を用いて服に仕上げています。

 

イヴ・サンローランの胸の彫刻

似ている服03 イヴ・サンローランイブニング・ドレス イヴ・サンローラン 1969年秋冬
「YVES SAINT LAURENT」より
ISBN978-0-8109-9608-3

 

  • イブニング・ドレス
    イヴ・サンローラン
    1969年秋冬オートクチュールコレクション
    青いクレープのベール
    クロード・ラランヌによる亜鉛メッキした銅の胸の彫刻

イヴ・サンローランは、亜鉛メッキした銅の彫刻で胸を表現しました。

彫刻は、クロード・ラランヌが担当しました。

 

三宅一生のボディス

三宅一生02ボディス 三宅一生 1980年秋冬
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • ボディス
    三宅一生
    1980年秋冬
    赤いプラスチック
    裏はエンボス加工

マネキン・メーカーの協力のもと、人体から鋳型をとって作られました。

無機的なプラスチックが、身体の弾力的な物質感を強調しています。

 

アレキサンダー・マックイーンのボディス

似ている服04 アレキサンダー・マックイーンボディス、スーツ アレキサンダー・マックイーン 1999年秋冬
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • ボディス、スーツ
    アレキサンダー・マックイーン
    (ジヴァンシィ)
    1999年秋冬
    赤い皮革をプレス加工
    パンツは白い皮革

皮革の滑るような質感が、人工的な皮膚を連想させます。

映画監督のスタンリー・キューブリックにオマージュを捧げたコレクションからの、一点です。

アレキサンダー・マックイーンは、21世紀を目前にして未来的な感覚を表現しました。

 

ボディライン

最後に、ボディラインがはっきりわかる服を紹介します。

  • 三宅一生のボディ・ストッキング
  • ジャン=ポール・ゴルチエのドレス

を見比べてください。

三宅一生のボディ・ストッキングは、足がついているジャンプスーツ・タイプです。

ジャン=ポール・ゴルチエのドレスは、ワンピースです。

 

三宅一生のボディ・ストッキング

三宅一生03ボディ・ストキング 三宅一生 1989年秋冬
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • ボディ・ストッキング「Tattoo Body」
    三宅一生
    1989年秋冬
    茶色のポリエステル・トリコット
    タトゥのような柄がプリントされている

三宅一生の、1989年秋冬の作品です。

三宅一生は1988年に、プリーツに取り組み始めました。

コレクションの中で、プリーツと一緒にあって違和感がありませんでした。

 

ジャン=ポール・ゴルチエのドレス

似ている服05 ジャン=ポール・ゴルチエドレス ジャン=ポール・ゴルチエ 1996年春夏
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • ドレス
    ジャン=ポール・ゴルチエ
    1996年春夏
    ナイロン・ネット
    紺とベージュのプリント

ボディラインが、はっきりと見えます。

また素材が薄いために、身体が透けて官能的な印象を与えます。

ドレスに施された黒い曲線は、身体のラインを表しています。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest