ロイ・ホルストン・フローイック

前回「ポップアートとペーパー・ドレス」を書きながら、アメリカのファッションデザイナーを取り上げたいと思いました。
今回は、ロイ・ホルストン・フローイックを取り上げます。

 

ロイ・ホルストン・フローイック

ロイ・ホルストン・フローイック02ロイ・ホルストン・フローイックとヴィルナ・リージ 1964年
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」より
ISBN978-4-7661-2374-6

 

ロイ・ホルストン・フローイック

  • 1932年 アイオワ州デモインで生まれる(4月23日)
  • 1952年 シカゴに移る
         シカゴ美術館付属美術大学の夜間部に入学
         日中は百貨店で働く
  • 1957年 ニューヨークに渡り、帽子職人リリー・ダッシェのもとで働く
  • 1958年 百貨店バーグドルフ・グッドマンの帽子デザイナーに就任
  • 1966年 バーグドルフ・グッドマン内で、自身のブランドの服を販売する機会が与えられる
         しかし、1年しか続かなかった
  • 1968年 ホルストン社を設立
         帽子を販売
         その年のうちに洋服も扱うようになる
  • 1972年 ブティックをオープン
  • 1973年 ノートン・サイモン・インダストリーに買収される
  • 1984年 チーフ・デザイナー職を解雇される
  • 1986年 レブロンがホルストン社を買収
  • 1990年 死去(3月26日)

 

シンプル

ロイ・ホルストン・フローイック03ジャンプスーツ ホルストン 1972年
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」より

 

  • ジャンプスーツ
    ホルストン
    1972年

ロイ・ホルストン・フローイックは、

を融合させて服を作りました。

そしてロイ・ホルストン・フローイックは、それをさらに独自のデザインに変換しました。

ロイ・ホルストン・フローイックの服の哲学は、

  1. シンプルであること
  2. 気軽さ

でした。

この考えは、増え続ける働く女性たちのニーズにぴったりと合いました。

 

パンツ・スタイル

ロイ・ホルストン・フローイック04ライザ・ミネリ ホルストン
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」より

 

  • ライザ・ミネリ
    ホルストンのデザインによるさりげなく洗練された
    ドレス、部屋着、スーツを着た

1970年代は、まだ女性がパンツをはくことについて論争が起こる時代でした。

ロイ・ホルストン・フローイックは、

ズボンは女性たちにかつてない自由を与え、彼女らは自由の獲得をあきらめるつもりはないのだ。

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」p48より引用

と語っています。

ロイ・ホルストン・フローイックは、おしゃれの選択肢としてパンツ・スタイルをアメリカで奨めた最初のデザイナーのひとりでした。

 

バイアス・カット

ロイ・ホルストン・フローイック05パステル・コレクション ホルストン 1975年
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」より

 

  • パステル・コレクション
    ホルストン
    1975年
    モデル:ナオミ・シムズ

ロイ・ホルストン・フローイックは、マドレーヌ・ヴィオネの作品が掲載された1930年代の雑誌を読むのが好きだったと言われています。

マドレーヌ・ヴィオネのバイアス・カット・ドレスの、控えめなエレガンスが好きでした。

ロイ・ホルストン・フローイックの服は、

  1. 柔らかで贅沢な布
  2. バイアス・カット
  3. 縫い目を極力使わない
  4. 留め具を極力使わない

ことで知られていました。

縫い目と留め具を極力使わないのは、シルエットのじゃまにならないようにするためでした。

ロイ・ホルストン・フローイックの言葉を、引用します。

バイアスはセクシーだと思う。
服の生地を布目に沿ってまっすぐに切ると、どこかありきたりな感じがする。
バイアスはなにか過激な感覚を与える。
夜になると自分のスイッチを入れたくなるだろう。
そんなときに、バイアスほどスイッチを入れた感覚にさせてくれる生地はない。
バイアスはソフトさに新たな次元を加えるのだ。

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」p49より引用

私にも、この感覚はよく分かります。

私は正バイアスも退屈に思え、角度を少しずらしていました。

装苑賞のとき、この少しずらしたバイアス三宅一生先生に、
「つまらない。」
と言われてしまいました。

 

まとめ

ロイ・ホルストン・フローイック06イブニング・ドレス ホルストン 1972年
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • イブニング・ドレス
    ホルストン
    1972年
    絹ジャージーのドレス

ロイ・ホルストン・フローイックは、ライセンス・ビジネスを手広く展開しました。

結果、ブランドの価値が低下してしまいます。

またロイ・ホルストン・フローイックは、後年ドラッグに溺れます。

そして常軌を逸した破壊的な行動をとるようになり、解雇されてしまいます。

最後は、エイズによる合併症で亡くなります。

ファッションデザイナーとしての才能があっても、失敗する人はたくさんいます。

ロイ・ホルストン・フローイックも、そのひとりです。

ファッションデザイナーは、だいたい失敗します。