ロナン&エルワン・ブルレック

今回は、デザイナーのロナン&エルワン・ブルレック兄弟を紹介します。
ロナン&エルワン・ブルレックは、フランスのスターデザイナーです。

 

ロナン&エルワン・ブルレック

ロナン&エルワン・ブルレック02ロナン&エルワン・ブルレック
「ELLE DECO No.123 2012年12月号」より

 

ロナン&エルワン・ブルレック(Ronan and Erwan Bouroullec)

  • 1971年 ロナン・ブルレック(右)フランスのカンペールに生まれる
  • 1976年 エルワン・ブルレック(左)フランスのカンペールに生まれる
  • 1999年 共同でデザインを行う

 

ロナン&エルワン・ブルレックの事務所

ロナン&エルワン・ブルレック03 Panier Tableパニエ ロナン&エルワン・ブルレック
「ELLE DECO No.107 2010年4月号」より

 

  • パニエ
    ロナン&エルワン・ブルレック
    ポリカーボネート
    直径610×H240mm
    カルテル社

ロナン&エルワン・ブルレックの事務所は、パリの10区にあります。

古い町工場や倉庫が立ち並ぶエリアの一角に、事務所はあります。

ロナン&エルワン・ブルレックは、400平方メートルの広さの古い倉庫を改装して使っています。

事務所は、8人で運営されています。

ロナン&エルワン・ブルレックの事務所には会議室はありませんが、簡単な撮影スタジオがあります。

 

兄のロナン・ブルレック

ロナン&エルワン・ブルレック04 アルコーヴ・ハイバックソファアルコーヴ・ハイバックソファ ロナン&エルワン・ブルレック 2007年
「ELLE DECO No.107 2010年4月号」より

 

  • アルコーヴ・ハイバックソファ
    ロナン&エルワン・ブルレック
    2007年
    背を高く伸ばすことで、ソファに部屋を仕切る役割を与えた
    W1360×D1265×H840、SH400mm
    ヴィトラ社

兄のロナン・ブルレックは、研究者のような雰囲気をまとっています。

ロナン・ブルレックは、

  • シャイ
  • 冷静
  • 論理的

な性格をしています。

そして「こだわり」と「無関心」の差が、ビックリするほど激しいです。

 

弟のエルワン・ブルレック

ロナン&エルワン・ブルレック05 スローチェアスローチェア ロナン&エルワン・ブルレック 2007年
「ELLE DECO No.123 2011年4月号」より

 

  • スローチェア
    ロナン&エルワン・ブルレック
    2007年
    W950×D930×H890、SH330mm
    ヴィトラ社

弟のエルワン・ブルレックは、自分のことを「マシーン」と言います。

エルワン・ブルレックは、何かをやり出したら止まらなくなります。

エルワン・ブルレックは、

  • 芸術家気質
  • 直感的なひらめき
  • 一気に掘り下げていく集中力

が特徴です。

 

事務所のアシスタント

クールカラー 赤09 インテリア ロナン&エルワン・ブルレックスティールウッドチェア ロナン&エルワン・ブルレック 2007年
「ELLE DECOR No.113 2011年4月号」より

 

  • スティールウッドチェア
    ロナン&エルワン・ブルレック
    2007年
    スチールに木を組み合わせた素材の使い方が斬新
    ビーチ材、ウォルナット材+スティール板
    W550×D460×H760、SH450mm
    マジス社

ロナン&エルワン・ブルレックの事務所では、アシスタントは新卒採用しかしません。

勤める人には、「必ず5年間は続けて欲しい」とお願いしています。

ロナン&エルワン・ブルレックの事務所では、

  • 週末は休み
  • 遅い時間までは働かない

という勤務体制です。

ほかの時間で、各自が活動をします。

ロナン&エルワン・ブルレックの事務所からは、

  • コンスタンス・ギセ
  • イオナ・ヴォートラン

などのデザイナーを輩出しています。

 

2人でデザインすることの長所と短所

クールカラー 緑09 インテリア ロナン&エルワン・ブルレック椅子 ロナン&エルワン・ブルレック 2008年
「ELLE DECOR No.113 2011年4月号」より

 

  • 椅子(ベジタル)
    ロナン&エルワン・ブルレック
    2008年
    植物が成長して椅子になったらどのようなデザインになるのか?
    そんな思いを形にした椅子
    ポリアミド樹脂
    W606×D577×H783、SH430
    ヴィトラ社

2人でデザインすることの長所について、

  • 2人でいるとコミュニケーションの密度を高めることができる
  • 2つの異なる視点でデザインを精査できる
  • 短所をつぶすのに有効

とエルワン・ブルレックは語っています。

一方でエルワン・ブルレックは、2人でデザインすることの短所も語っています。

その短所とは、

  • 長所を損ないかねない
  • インスピレーションに任せた、際どいモノ作りが難しい

ということです。

この短所をロナン&エルワン・ブルレックは、プロジェクトにおける2人の配分に変化をつけることで解決しようとしています。

 

空間の分離

デンマーク・デザイン08 クヴァドラクラウド ロナン&エルワン・ブルレック 2009年
デンマーク・デザイン展」より

 

  • クラウド
    ロナン&エルワン・ブルレック
    2009年
    ウール
    クヴァドラ社

ロナン&エルワン・ブルレックはデビュー当時から、

  • 空間の分離
  • 仕切り

というテーマを定期的に取り上げてきました。

「自分のニーズによって自分で空間を作ることは、生きるうえで重要な要素」だと、ロナン&エルワン・ブルレックは言います。

ロナン&エルワン・ブルレックは、

  1. ニュアージュ
  2. クラウド
  3. アルグ

へと仕切りのテーマを発展させていきました。

 

まとめ

ロナン&エルワン・ブルレック06 AIMAIM ロナン&エルワン・ブルレック 2013年
「ELLE DECOR No.128 2013年10月号」より

 

  • AIM
    ロナン&エルワン・ブルレック
    2013年
    ポリカーボネート、アルミ
    カバー:直径243×H211mm
    コード:9000mm
    フロス社

私がいろいろな展覧会を観て思ったことは、「兄弟のデザイナーが作るものは、だいたいダメ」ということでした。

私がダメだと思う兄弟デザイナーの代表格が、ドーム兄弟です。

しかしロナン&エルワン・ブルレックの兄弟がデザインしたものは、とても良いのです。

雑誌を見ながら「この製品良いな」と思うものは、ロナン&エルワン・ブルレックがデザインしたものが多いのです。

ロナン&エルワン・ブルレックは、私の兄弟デザイナーに対する偏見を見事に覆してくれました。

そしてロナン&エルワン・ブルレックは、私に事務所の運営の仕方を教えてくれました。