赤い服を10着紹介します

赤い服をたくさん作っているファッションデザイナーは、あまり多くはいません。
今回は、いろいろな時代の赤い服を10着紹介します。

 

エンパイア・スタイルのルダンゴト

エンパイア・スタイル25 ルダンゴトルダンゴト 1810年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より
ISBN978-3-8365-5719-1

 

  • ルダンゴト
    イギリス
    1810年ころ
    赤のウール・フラノ
    ブランデンブルグ(肋骨飾り)
    前あきのコート・ドレス

エンパイア・スタイルのモスリンのドレスは、極寒のヨーロッパの冬には薄すぎました。

女性たちは、ウール製の総丈のルダンゴト(コート)を着用しました。

 

ロマンティック・スタイルのデイ・ドレス

ロマンティック・スタイル16デイ・ドレス 1838年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • デイ・ドレス
    1838年ころ
    アメリカ
    赤い絹とウールの交織のゴーズ
    絹サテンのパイピング
    身頃と袖にくるみ釦
    レッグ・オブ・マトン袖
    袖山にプリーツ、段飾り、ブロンド・レースの挟み込み

こちらは、アメリカで作られたロマンティック・スタイルのデイ・ドレスです。

ロマンティック・スタイルで、赤が使われたドレスは珍しいと思います。

 

バッスル・スタイルのデイ・ドレス

バッスル・スタイル22デイ・ドレス 1885年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • デイ・ドレス
    1885年ころ
    レーベル:LAFORCADE.59FIFTH AVENUE.NEW YORK
    インドの花柄をプリントした赤い綿
    ツーピース・ドレス
    オーバースカートを後ろでたくし上げてペティコートを見せる

このバッスル・スタイルのデイ・ドレスには、インドの花柄がプリントされています。

プリント入りの赤い服として、選んでみました。

 

ジャン・フィリップ・ウォルト

1900年代のファッション03 ウォルトコート ジャン・フィリップ・ウォルト 1910年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • コート
    ウォルト(ジャン・フィリップ・ウォルト)
    1910年ころ
    深紅のベルベット
    抜き衣紋風の衿
    きもの風の打ち合わせ
    背面にドレープ、ビーズのタッセル飾り

ジャポニスムの影響を受けた服には、しばしば赤が用いられました。

ジャン・フィリップ・ウォルトも、ジャポニスムに目を向けたファッションデザイナーでした。

 

マリアノ・フォルチュニィ

マリアノ・フォルチュニィ05チュニックとパンツ マリアノ・フォルチュニィ 1910年代
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • チュニックとパンツ
    マリアノ・フォルチュニィ
    1910年代
    ワインレッドの絹ボイルに銀のステンシル・プリントをしたチュニック
    裾にガラス玉付き
    細かくプリーツした絹のパンツ

マリアノ・フォルチュニィは、デルフォス・ドレスを様々な色で作りました。

 

エルザ・スキャパレリ

1930年代のファッション05 エルザ・スキャパレリイブニング・ドレス エルザ・スキャパレリ 1939年秋冬
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • イブニング・ドレス
    エルザ・スキャパレリ
    1939年秋冬
    ワイン・レッドのベルベット
    後ろ腰に絹サテンのストライプのボウ

こちらは、エルザ・スキャパレリの赤いイブニング・ドレスです。

ワイン・レッドのベルベットが印象的だったので、掲載しました。

 

マダム・グレ

1950年代のファッション03 マダム・グレアフタヌーン・ドレス マダム・グレ 1952年ころ
「文化学園服飾美術館 ヨーロピアン・モード」より

 

  • アフタヌーン・ドレス
    マダム・グレ
    1952年ころ
    薄手のウールジャージ
    ギャザーと細かいプリーツ
    機能的でエレガンスを感じるドレス

マダム・グレがデザインした赤いドレスは、珍しいものだと思います。

 

イヴ・サンローラン

イヴ・サンローラン32イブニング・トップとスカート イヴ・サンローラン 1972年
「YVES SAINT LAURENT」より
ISBN978-0-8109-9608-3

 

  • ジャージーのイブニング・トップとスカート
    イヴ・サンローラン
    サンローラン・リヴ・ゴーシュ
    ”ヴォーグ・アメリカ版”1972年2月15日号
    撮影:ヘルムート・ニュートン

こちらは、イヴ・サンローランがデザインしたジャージーのイブニングです。

イブニングが、トップとスカートに分かれています。

 

ジャン=ポール・ゴルチエ

1980年代のファッション06 ジャン=ポール・ゴルチエドレス ジャン=ポール・ゴルチエ 1987年春夏
「FASHION 18世紀から現代まで」より

 

  • ドレス
    ジャン=ポール・ゴルチエ
    1987年春夏
    赤い絹サテン、ナイロン、ライクラの交織のワンピース・ドレス
    脇から後ろ身頃はナイロン・エラスティックの透かし編み

ジャン=ポール・ゴルチエが大人気だった、1980年代後半の赤いドレスです。

 

ヨウジヤマモト

ヨウジヤマモト431ドレス ヨウジヤマモト 1992年春夏
「たかが服、されど服 ヨウジヤマモト論」より
ISBN978-4-08-771289-6

 

  • ドレス
    ヨウジヤマモト
    1992年春夏

ヨウジヤマモトは、赤をコレクションに積極的に使います。

 

他の色の服については、以下を参考にしてください。

赤については、以下を参考にしてください。