ラルフ・ローレン

私は、ラルフ・ローレンにまったく興味がありません。
なぜなら、私には上流階級への憧れがないからです。

 

ラルフ・ローレン

ラルフ・ローレン02服:ラルフ・ローレン 2002年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より
ISBN978-3-8365-5724-5

 

  • ラルフ・ローレン
    PHOTOGRAPHY : TAKAY
    STYLING : MARK ANTHONY
    MODEL : JOANNA PREISS
    2002年10月

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)

  • 1939年 ニューヨークのブロンクスに生まれる(10月14日)
  • 1962年 アメリカ陸軍に入隊(-1964年)
  • 1967年 「Polo」ブランドを立ち上げネクタイの販売を開始
  • 1968年 メンズウェアを発表
  • 1971年 婦人服を手がける
         Poloのポニーロゴを考案
  • 1977年 映画『アニー・ホール』の衣装が流行
  • 1986年 ニューヨークのラインランダーマンションに旗艦店をオープン
  • 1992年 アメリカファッションデザイナー協議会(CFDA)でオードリー・ヘップバーンから功労賞を受賞
  • 1997年 ニューヨーク証券取引所に上場
  • 2015年 ラルフ・ローレンがCEOを退任(11月)

 

ラルフ・ローレンがつくりだす憧れのシンボル

ラルフ・ローレン03服:ラルフ・ローレン 2002年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • ラルフ・ローレン
    PHOTOGRAPHY : WILLY VANDERPERRE
    STYLING : OLIVIER RIZZO
    2002年8月

ラルフ・ローレンは、中流階級が憧れる上流階級のライフスタイルを形にしました。

そしてラルフ・ローレンは、中流階級の人々が上流階級に属しているように見えるワードローブをつくりだしました。

特に有名なのが、1980年代のプレッピー・スタイルです。

わたしがつねにインスピレーションを得てきたのは、プレパラトリー・スクールにまつわる人々とその服装からであり、クラシックなアイテムや、彼らのファッション・スタイルからだ。

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」p20より引用
ISBN978-4-7661-2374-6

と、ラルフ・ローレンは語っています。

 

「ポロ」ブランドイメージのつくりかた

ラルフ・ローレン04服:ラルフ・ローレン 2004年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • ラルフ・ローレン
    PHOTOGRAPHY : TESH
    FASHION DIRECTOR : EDWARD ENNINFUL
    MODEL : JULIE
    2004年10月

ラルフ・ローレンはあらゆるマーケティング戦略を動員して、ブランドの世界にリアリティを与えていきました。

「ポロ」というブランド名は、

  • 英国貴族
  • 上流階級

を連想させるという理由でつけられました。

またラルフ・ローレンは、

  • 英国紳士
  • ハリウッド
  • 東海岸の特権階級

などのイメージを提示することで上昇志向や憧れを示唆しました。

 

ラルフ・ローレンの広告の効果

ラルフ・ローレン05服:ラルフ・ローレン 2007年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • ラルフ・ローレン
    PHOTOGRAPHY : MISCHA RICHTER
    STYLING : SIMON FOXTON
    MODEL : JUSTIN
    2007年4月

ラルフ・ローレンの広告は、豊かさへの憧れをかきたてます。

ラルフ・ローレンは、憧れの場所をかいま見れるフォト・アルバムのような複数ページの広告を展開しました。

ラルフ・ローレンは、

複数ページの広告は映画のようで、どんな高揚感が体験できるかを大筋で伝え、多次元的だ。

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」p21より引用

と複数ページ広告の効果を語っています。

 

ラルフ・ローレンの旗艦店

ラルフ・ローレン06服:ラルフ・ローレン 2009年秋冬
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • ラルフ・ローレン
    PHOTOGRAPHY : MITCHELL SAMS
    2009年秋冬コレクション

ニューヨークのマジソン・アベニューに、ラルフ・ローレンの旗艦店があります。

ラルフ・ローレンの旗艦店の内装は、富裕層の自邸や別荘を思わせるようなデザインになっています。

旗艦店の内装の

  • 艶美かりする重厚な木目調
  • 額装されたポートレイト
  • 片隅に置いてあるアウトドアスポーツの道具

は、顧客を上流階級の邸宅に足を踏み入れた気分にしてくれます。

 

まとめ

ラルフ・ローレン07服:ラルフ・ローレン 2010年春夏
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」より

 

  • ラルフ・ローレン
    2010年秋冬コレクション

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」に、ラルフ・ローレンについてのおもしろい記述がありました。

ローレンの技術力はヴィオネのそれには遠く及ばなかったが、バイアス・カットされた服とその形状に傾倒したヴィオネの影響を明らかに受けている。

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」p20より引用

ロルフ・ローレンについて書いていて、私は「ファッションビジネスはモンキービジネスである」ことを思い出しました。

私は、ファッションやロックが持っているモンキービジネスの側面におもしろさやくだらなさの両方を感じます。

ファッションは、価値のないものを価値のあるものに変える行為です。

ファッションデザイナーは、

  • デザイン
  • カッティング
  • ブランディング

などさまざまな方法を使って無価値なものを価値のあるものに変えます。

ロルフ・ローレンは、ブランディングに長けたファッションデザイナーです。