ニックナイトの写真を見たことがありますか?

ニック・ナイト、どれくらいの人がご存知でしょうか?
ファッションに興味がある人なら、ほとんどの方が知っているとも思えるし、あまり知られていないとも思えるし・・・。

実際のところは、どうなのでしょうか?

 

ニック・ナイト(Nick Knight)

ニック・ナイト02 ヨウジヤマモトヨウジヤマモトプールオム ニック・ナイト 1988-89年秋冬
「Yohji Yamamoto」V&Aより
ISBN978-1-85177-627-6

 

  • ヨウジヤマモトプールオム
    ニック・ナイト
    1988-1989年秋冬のカタログ
    白い綿のシャツ

    ウールのジャケット
    黒いネクタイと帽子
    モデル:Kwabena

ニック・ナイト

  • 1958年 ロンドン生まれ
  • 1979年 ボーンマス・アート・カレッジで写真を始める
  • 1982年 ボーンマス・アート・カレッジ卒業
  • 1985年 「SKINHEADS」発表
         その後、「i-D」のポートレートで注目される
  • 1986年 ヨウジヤマモトのカタログ撮影に抜擢される
  • 現在   ファッションメディア「SHOW studio」代表

 

ヨウジヤマモトのカタログ

ニック・ナイトのインパクトのある写真は、一度は見たことがあるかもしれません。

1986年から、ヨウジヤマモトのカタログ写真を担当しました。

ヨウジヤマモトのカタログから、4枚の写真をご覧ください。

 

赤いボタン

ニック・ナイト03 ヨウジヤマモトボタン ニック・ナイト ヨウジヤマモト(1987-88年秋冬)
「Yohji Yamamoto」V&Aより

 

  • ヨウジヤマモト
    ニック・ナイト

    1987-1988年秋冬のカタログ

ボタンの写真ですが、引き込まれてしまいます。

ボタンだけでこの存在感は、凄すぎます。

ボタンが、作品になってしまいました。

 

シルエット1

ニック・ナイト04 ヨウジヤマモトShadow play of Japanese sillhouettes ニック・ナイト
ヨウジヤマモト(1987-88年秋冬)
「Yohji Yamamoto」ASSOULINEより

ISBN2-84323-704-1

 

  • ヨウジヤマモト
    ニック・ナイト

    1987-1988年秋冬のカタログ

シルエットが、ユーモラスに見えます。

シルエットだけの写真が、想像力を広げてくれます。

 

シルエット2

ニック・ナイト05 ヨウジヤマモトShadow play of Japanese sillhouettes ニック・ナイト
ヨウジヤマモト(1987-88年秋冬)
「Yohji Yamamoto」ASSOULINEより

 

  • ヨウジヤマモト
    ニック・ナイト

    1987-1988年秋冬のカタログ

ユーモラスなポーズが、服のシルエットをより際立たせています。

どんな服なのか、ディテールを見てみたくなります。

 

世界のファッションブランドとの仕事 

ニック・ナイト07 ジル・サンダーTatjana Patzt for Jil Sander. Paris 1992. ニック・ナイト
「NICKNIGHT」より
ISBN978-3-88814-661-9

 

  • ジル・サンダー
    ニック・ナイト

    1992年
    モデル:タチアナ・パティッツ

ニック・ナイトはヨウジヤマモトの他にも、

など、世界的なファッションブランドと仕事をしてきました。

ニック・ナイトは、ブランドイメージを確実に上げてくれるフォトグラファーです。

 

FLORA

ニック・ナイト06 フローラフローラの表紙

 

ニック・ナイトは、FLORA(フローラ)という写真集を出しています。

ロンドンの自然史博物館に所蔵されている押し花、草のサンプルを撮影した写真集です。

ニック・ナイトのファッション写真しか知らなかった私は、FLORAを初めて見た時、ものすごい衝撃を受けました。

私が持っているFLORAは、ドイツ語版です。

FLORA

  • der Photographien 1997 by Nick Knight
  • der Texte 1997 by Natural History Museum , London
  • dieser Ausgabe 2004 by Schirmer/Mosel München
  • ISBN3-88814-914-2

 

 ニック・ナイトの写真のココに惹かれる

  1. シルエットを明快に切り取る
  2. 色彩をわかりやすく表現している
  3. 素材(布地など)を明確に映し出している
  4. 単純な組み合わせの中に複雑さがある
  5. 静的な写真の中に動きを感じる

私は、こんな風にニック・ナイトの写真に惹かれています。

皆さんは、いかがですか?

 

ニック・ナイトの写真は、以下のページにもあります。

ぜひ、ご覧ください。