Mode/Muse レスリー・キー写真展

池袋パルコで、レスリー・キーの写真展「Mode/Muse」が開催されています。
レスリー・キーの写真をまとめて見たことがなかったので、観に行きました。

 

Mode/Muse

レスリー・キー02「Mode/Muse」フライヤー

 

Mode/Muse

  • 開催会場  :Parco Museum
           池袋パルコ本館7F
           東京都豊島区南池袋1-28-2
  • 開催期間  :2017年3月9日(木)-2017年4月2日(日)
  • 開館時間  :10:00-21:00
           (入場は閉館の30分前まで)
           (最終日は18:00閉場)
  • 入場料   :一般:500円
           学生:400円
           小学生以下無料
  • 主催    :パルコ
  • 特別協力  :VOGUE TAIWAN
           エドツワキ
  • 協力    :大洋印刷
           東京リスチマック
           写真弘社
  • 宣伝デザイン:井上嗣也
  • 会場構成  :村山圭

会場は、写真撮影可能でした。

 

レスリー・キー

レスリー・キー09インタビューに応じるレスリー・キー
「画と機」展より

 

この写真は、「画と機」展でインタビューに応じているレスリー・キーです。

レスリー・キー

シンガポール生まれ。
東京ビジュアルアーツ専門学校卒業、フォトグラファーとしてデビュー。

  • アート
  • ファッション
  • ドキュメンタリー
  • 広告
  • CDジャケットの撮影
  • ミュージックビデオの監督

を中心に、

  • パリ
  • ニューヨーク
  • アジア各国

で活動している。

スーパーモデルやセレブリティの撮影で世界的に著名なフォトグラファーのひとり。

初監督したショートムービー
「THE INDEPENDENTS」は2015年、
世界最高峰のファッション映画祭
” A SHADED VIEW ON FASHION FILM (ASVOFF) “
のコンペティション作品にノミネートされ、
BEAUTY PRIZE AWARDを受賞した。 

「Mode/Muse」フライヤーより

 

「Mode/Muse」の2つのテーマ

レスリー・キー03「Mode/Muse」より

 

「Mode/Muse(モード・アンド・ミューズ)」の2つのテーマは、

  1. ファッション写真
  2. タイムレスな女性像

です。 

レスリー・キーの原点も、「ファッション写真」と「タイムレスな女性」です。

この「Mode/Muse」展では、

  1. 台湾版「VOGUE」で17年間にわたって撮影した作品
  2. レスリー・キーが魅了された12人の女性のポートレート
  3. レスリー・キーの映像作品

を展示しています。

 

台湾版「VOGUE」

レスリー・キー04「Mode/Muse」より

 

会場に入ると、台湾版「VOGUE」の写真がたくさん展示してあります。

その中から、私はついヨウジヤマモトの写真を見てしまいます。

レスリー・キーが撮ったヨウジヤマモトの写真は、もう何度も見たというのにです。

会場の写真も、ヨウジヤマモトを中心に撮りました。

台湾版「VOGUE」ということで、独特のカラーを持っています。

 

レスリー・キーが魅了された12人の女性

レスリー・キー05「Mode/Muse」より

 

さらに奥に入ると、かなり広い空間がありました。

12人のポートレートが、展示されています。

池袋パルコはいつの間に、こんなに広いParco Museumを作ったのでしょうか?

12人の女性は、

  • 富永愛
    Ai Tominaga 1998-2017
  • 土屋アンナ
    Anna Tsuchiya 1999-2017
  • 松任谷由実
    Yumi Matsutoya 2001-2017
  • 浜崎あゆみ
    Ayumi Hamasaki 2002-2017
  • 黒木メイサ
    Meisa Kuroki 2007-2017
  • 沢尻エリカ
    Erika Sawajiri 2008-2017
  • 秋元梢
    Kozue Akimoto 2011-2017
  • 壇蜜
    Danmitsu 2012-2017
  • AyaBambi 2013-2017
  • 最上もが
    Moga Mogami 2014-2017
  • 知英
    Jiyoung 2015-2017
  • ローラ
    Rola 2016-2017

です。

私はこの12人のファンではありませんが、レスリー・キーが撮ったポートレートはとてもきれいでした。

 

花束

レスリー・キー06「Mode/Muse」より

 

会場の入り口には、たくさんの花が届いていました。

このたくさんの花の中から、ヨウジヤマモト社の花を撮影しました。

花の間から、レスリー・キーの写真が見えます。

 

ヨウジヤマモトプールオム2016-2017 A/W

レスリー・キー07ヨウジヤマモトプールオム2016-2017 A/W カタログより

 

  • レスリー・キー
  • 井上嗣也
  • ヨウジヤマモト

とくれば、ヨウジヤマモトプールオム2016-2017 A/Wのカタログです。

写真をレスリー・キー、デザインを井上嗣也が担当しています。

 

まとめ

レスリー・キー08「Mode/Muse」より

 

私は今までレスリー・キーに関して、ぼんやりとしたイメージしか持っていませんでした。

今回「Mode/Muse」を見て、レスリー・キーは写真に対して真っ直ぐな人だと思いました。

展覧会の最後に何人かのコメントが書いてありましたが、本当にその通りだと思いました。

映像作品コーナーで、早見優の「恋のブギウギトレイン」を見ました。

大勢の人がヨウジヤマモトの服を着て、楽しそうに踊ります。

普段ヨウジヤマモトを着なさそうな人や、似合わないイメージの人も着ています。

しかし不思議にもみんな、似合っているのです。

そして、みんな楽しそうに踊っています。

これはある意味、ショックでした。

レスリー・キーはイメージを飛躍させて、間口を広げてくれるフォトグラファーでした。