建築家 宮脇檀(みやわきまゆみ)

建築家の宮脇檀の書いた本は、面白いものが多いです。
宮脇檀についての本が、私の家にも4冊ありました。

 

宮脇檀

宮脇檀01宮脇檀
「宮脇檀の住宅デザインの教科書」より

 

宮脇檀(みやわきまゆみ)

  • 1936年 名古屋市生まれ
  • 1959年 東京芸術大学美術学部建築家卒業
  • 1961年 東京大学大学院修士課程修了
  • 1964年 宮脇檀建築研究室設立
  • 1971年 共立女子大学講師
  • 1975年 広島大学講師
         東京大学講師
  • 1978年 商業空間デザイン特別賞受賞
  • 1980年 日本建築学会賞作品賞受賞
  • 1991年 日本大学生産工学部建築工学科研究所教授
  • 1998年 死去

 

宮脇檀の主な作品 (1966-1979年)

宮脇檀03石津別邸デッキ 宮脇檀 1966年
「宮脇檀の住宅デザインの教科書」より

 

宮脇檀の作品を、年代順に見ていきます。

宮脇檀の主な作品(1966-1979年)

  • 1966年 石津別邸(もうびぃでぃっく)
  • 1967年 立松邸 (あかりのや)
  • 1968年 プラザハウス
  • 1970年 今村邸 (今村ボックス)
         秋田相互銀行盛岡支店
  • 1971年 早崎邸 (ブルーボックス)
         松川邸 (松川ボックス#1)
         菅野邸 (菅野ボックス)
  • 1972年 奈良邸 (グリーンボックス#1)
         柴永別邸(さんかくばこ)
         安岡邸 (グリーンボックス#2)
  • 1973年 島田邸 (ブラックボックス)
         稲垣邸 (稲垣ボックス)
  • 1974年 藤江邸
         三宅邸 (三宅ボックス)
         佐藤別邸(佐藤ボックス)
         船橋邸 (船橋ボックス)
  • 1975年 秋田相互銀行秋田南支店
         国際女子研修所
  • 1976年 佐川邸 (BOX-A QUARTER CIRCLE)
         木村邸 (木村ボックス)
         秋田相互銀行角館支店
  • 1977年 高畠邸 (高畠ボックス)
         前田邸 (シリンダーボックス)
         松川邸 (松川ボックス#2)
  • 1979年 吉見邸 (吉見ボックス)
         横尾邸 (横尾ボックス)
         富士道邸
         渡辺邸

 

宮脇檀の主な作品(1980-1999年)

宮脇檀06崔邸ダイニング 宮脇檀 1983年
「宮脇檀の住宅デザインの教科書」より

 

宮脇檀の主な作品(1980-1999年)

  • 1980年 有賀邸
         森邸  (森ボックス)
  • 1982年 田中邸 (田中ボックス)
  • 1983年 内山邸
         中山邸
         花房邸
         崔邸  (CHOI BOX)
  • 1984年 ユーロハイツ参宮橋
  • 1985年 伊藤明邸
         森井邸
  • 1986年 林邸
  • 1988年 コスモ目白アパートメント
  • 1989年 植村邸
         名越邸
  • 1990年 伊藤清永美術館
  • 1991年 松川邸 (松川ボックス)
         ロイヤルパークホームズ
         コモンシティ星田ふれあいプラザ
  • 1992年 大町別邸(白萩荘)
  • 1993年 和鋼博物館
         出石町役場
  • 1996年 堀之内町民体育館
  • 1999年 橋爪邸

 

宮脇檀の主な著書

宮脇檀04立松邸リビング 宮脇檀 1967年
「宮脇檀の住宅デザインの教科書」より

 

宮脇檀が著した本を、以下に書き出してみます。

宮脇檀の主な著書

  • 1971年 「現代建築用語録」(コンペイトウと共著)彰国社
  • 1976年 「日本の住宅設計」(編著)彰国社
  • 1979年 「吉村順三のディテール」(吉村順三と共著)彰国社
  • 1983年 「日曜日の住居学」丸善
  • 1987年 「宮脇檀の住宅設計ノウハウ」丸善
  • 1994年 「住まいとほどよくつきあう」新潮文庫
  • 1995年 「それでも建てたい家」新潮文庫
  • 1996年 「宮脇檀の住宅」丸善
  • 1998年 「父たちよ家に帰れ」新潮文庫

 

家にある4冊の本

宮脇檀05藤江邸リビング 1974年
「宮脇檀の住宅デザインの教科書」より

 

私が持っている本は、

  1. 「日曜日の住居学」
    著者 :宮脇檀
    発行所: 株式会社河出書房新社
    ISBN978-4-309-41220-7
  2. 「宮脇檀の住宅デザインの教科書」
    著者 :中山繁信
    発行所:株式会社エクスナレッジ
    ISBN978-4-7678-1866-5
  3. 「目を養い手を練れ」
    編集者:宮脇塾講師室
    発行所:彰国社
    ISBN4-395-00643-4
  4. 「暮らしをデザインする」
    著者 :宮脇檀
    発行所:丸善株式会社
    ISBN4-621-07151-3

の4冊です。

図書館で本を手に取ったのが、宮脇檀との出会いでした。

そのときに私はどの本を読んだのか忘れましたが、内容が面白かったことを覚えています。

それ以来私は、宮脇檀の建築作品に興味を持つようになりました。

そして私は宮脇檀の本を目にすると、宮脇檀に関する本を買うようになりました。

 

ボックスシリーズ

宮脇檀02横尾邸2階ベランダ 宮脇檀 1979年
「宮脇檀の住宅デザインの教科書」より

 

宮脇檀の口癖は、「デザインも建築もシンプルであるべきだ」というものでした。

その象徴が、「ボックスシリーズ」でした。

宮脇檀は、

  • 四角い箱をカット
  • 削ぎ落とし

ながら、住宅の機能を与えていきました。

宮脇檀のボックスシリーズは箱を基本にしながら、形はさまざまです。

宮脇檀にとってデザインとは、デコレイトすることではなく余分なものを削ぎ落とす行為でした。

 

まとめ 

宮脇檀07立松邸リビングと和室 宮脇檀 1967年
「宮脇檀の住宅デザインの教科書」より

 

宮脇檀の本を読むと、住宅にかける思いが半端なく大きい建築家であることが伝わってきます。

実際に宮脇檀は、たくさんの住宅を手がけました。

そして宮脇檀は、多くの施主にダイニングルームの大テーブルを薦めています。

宮脇檀はリビングルームではなく、ダイニングルームを中心に住宅をつくっています。

宮脇檀は思い込みではなく、人間の生活を見つめて住宅をつくっています。

宮脇檀は本当に、人間の生活を大切にした建築家でした。

そして、時代を先取りした建築家でもありました。