マーク・ジェイコブス

マーク・ジェイコブスは、私とは全く違ったタイプのファッションデザイナーです。
マーク・ジェイコブスの服を見ながら、野暮ったいと思ったりうまいと思ったりしています。

 

マーク・ジェイコブス

マーク・ジェイコブス02マーク・ジェイコブス
「VOGUE HOMMES JAPAN VOL.1 A/W 2008-2009 Issue」より

 

  • マーク・ジェイコブス
    Photography : Serena Rossi

マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)

  • 1963年 ニューヨークに生まれる(4月9日)
  • 1981年 パーソンズ・スクール・オブ・デザインに入学
  • 1986年 米国オンワード樫山の支援で自身の会社を立ち上げる
         「マーク・ジェイコブス」ブランドで初のコレクション
  • 1987年 CFDAのペリー・エリス賞を最年少で受賞
  • 1988年 パーソンズ・スクール・オブ・デザインを卒業
         ペリー・エリスのデザイン・ディレクターに就任
  • 1992年 「グランジコレクション」を発表
         不評を買い、ペリー・エリスから解雇される
  • 1994年 「マーク・ジェイコブス」でニューヨーク秋冬コレクションに初参加
  • 1997年 ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターに就任
  • 2001年 「マーク・バイ・マーク・ジェイコブス」を立ち上げる
  • 2002年 メンズ・レディースのフレグランス展開
  • 2007年 薬物乱用治療のため、更生施設に入所
  • 2010年 芸術文化勲章シュヴァリエを受賞
  • 2013年 ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターを退任
  • 2015年 秋冬のシーズンで「マーク・バイ・マーク・ジェイコブス」を終了
  • 2017年 秋冬のシーズンでメンズウェアの展開を終了

 

グランジコレクション

マーク・ジェイコブス03マーク・ジェイコブス 2005年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より
ISBN978-3-8365-5724-5

 

  • マーク・ジェイコブス
    PHOTOGRAPHY : マックス・ヴァデュカル
    STYLING : HAVANA LAFFITTE
    MODEL : LINDSAY
    2005年3月

1992年にマーク・ジェイコブスはペリー・エリスでグランジコレクションをデザインし、物議を醸しました。

その画期的なコンセプトは、ファッション界の賞賛を浴びました。

しかしペリー・エリスにはラディカルすぎると見なされ、契約を打ち切られてしまいました。

このグランジコレクションは、

  • パール・ジャム
  • ニルヴァーナ

の音楽のクラッシュやノイズを、柄や色という視覚的な形で表現したものでした。

 

概念を抽出

マーク・ジェイコブス04マーク・ジェイコブス 2008年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • マーク・ジェイコブス
    PHOTOGRAPHY : PIERRE BAILLY
    STYLING : CATHY KASTERINE
    MODEL : MEGHAN COLLISON
    2008年3月

マーク・ジェイコブスは一部の批評家から、

他人のアイディアやスタイルをコピーしているだけで独自性にかける。

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」p80より引用
ISBN978-4-7661-2374-6

という厳しい批判を受けています。

しかしマーク・ジェイコブスは、

  • アート
  • デザイン
  • 文化

の中から知的で哲学的な概念を抽出し、それを独自な方法で融合させています。

マーク・ジェイコブスは、このように女性が理解しやすい作品を生み出しています。

 

スタイルの融合

マーク・ジェイコブス05マーク・ジェイコブス 2008年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • マーク・ジェイコブス
    PHOTOGRAPHY : NICK HAYMES
    STYLING : HAVANA LAFFITTE
    MODEL : SIRI
    2008年3月

マーク・ジェイコブスは、アイディアを乗り換えることを躊躇するタイプのファッションデザイナーではありません。

いろいろなところから引っ張ってきたスタイルを結合させ、ひとつのコレクションにまとめあげます。

マーク・ジェイコブスは一貫して、

といった時代のスタイルを引用しています。

しかしときには、

  • ニューヨークやパリのシックな雰囲気
  • 日本的な抽象性

にあっさりと鞍替えをします。

 

甘酸っぱい思い出

マーク・ジェイコブス06マーク・ジェイコブス 2009年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • マーク・ジェイコブス
    PHOTOGRAPHY : SQLVE SUNDSBQ
    FASHION DIRECTOR : EDWARD ENNINFUL
    MODEL : ALEX
    2009年3月

マーク・ジェイコブスは、少年期に親しんだスタイルのシンボルに対してセンチメンタルな視線を投げかけています。

マーク・ジェイコブスの言葉を、以下に引用します。

過去のロマンティックな記憶を作品に反映するのは楽しい。
ベビーシッターや美術の教師が着ていた服。
まだ駆け出しの試行錯誤の日々に、ニューウェーブやパンクキッズになりたくてナイトクラブ「マッド・クラブ」に通ったが、実際は単なる目立ちたがり屋にすぎなかったころに着ていた服。
当時は自分をクールだと思いこんでいたが、実際はそうではなかった。
甘酸っぱい思い出だが、不思議と気持ちが安らぐ記憶だ。

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」p83より引用
ISBN978-4-7661-2374-6

僕のやっていることはある意味懐古的ではあるけれど、実際には現代的なんだ。
今の人が着たいと思う服を作っているわけだから。
確かに、過去に対するロマンティックな思いはあるよ。
例えば、1960年代には僕はまだ7歳だったのに、当時のファッションに憧れていたのを覚えている。

「MODERN MENSWEAR」p120より引用
ISBN978-4-86020-296-5

 

まとめ

マーク・ジェイコブス07マーク・ジェイコブス 2005年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • マーク・ジェイコブス
    PHOTOGRAPHY : PIERRE BAILLY
    STYLING : CATHY KASTERINE
    MODEL : CONSTANCE JABLONSKI
    2009年4月

間違いなくマーク・ジェイコブスは、最も現代的なファッションデザイナーのひとりです。

私にはない資質が、マーク・ジェイコブスにはたくさんあります。

私は羨ましいと思う反面、いつも反発心がわいてしまいます。

しかしマーク・ジェイコブスは、おもしろいと思いました。