マイヤ・イソラとマリメッコ

マイヤ・イソラがデザインしたテキスタイルは、今や定番とも言えるのではないでしょうか。
そんな定番を生み出したマイヤ・イソラは、自由を愛した人でした。

 

マイヤ・イソラ

マイヤ・イソラ02マイヤ・イソラ
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

マイヤ・イソラ(Maija Isola)

  • 1927年 フィンランドのアロランミという村に生まる(3月15日)
  • 1946年 娘のクリスティーナを出産
         ヘルシンキの工芸学校のテキスタイル学部で学ぶ
  • 1948年 オスロを旅行
  • 1949年 プリンテックス社のテキスタイルデザイナーになる
  • 1970年 パリで過ごす
  • 1971年 アルジェリアで過ごす
  • 1976年 パリに戻る
  • 1979年 ヘルシンキのギャラリーで回顧展
  • 1987年 マリメッコの仕事を引退
  • 2001年 死去(3月3日)

 

アルミ・ラティア

マイヤ・イソラ03 アッペルシーニアッペルシーニ マイヤ・イソラ 1950年
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

  • アッペルシーニ(Appelsiini)
    マイヤ・イソラ
    1950年
    「オレンジ」という名のクラシック柄のオリジナル配色

アルミ・ラティアは、マリメッコの創業者です。

アルミ・ラティアの夫のヴィリヨ・ラティアが、1949年にプリンテックス社を買収しました。

1951年に、アルミ・ラティアが友人たちとマリメッコを創業しました。

 

マイヤ・イソラとアルミ・ラティアとの出会い

マイヤ・イソラ04 ムスタ タンマムスタ タンマ マイヤ・イソラ 1954年
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

  • ムスタ タンマ(Musta Tamma)
    マイヤ・イソラ
    1954年
    黒い雌馬の意味
    マイヤ・イソラは好んで動物柄を描いた

マイヤ・イソラは1946年から1949年の間、工芸学校のテキスタイル学部で学んでいました。

マイヤ・イソラは、最終学年時にプリント・ファブリック・コンテストに参加しました。

そこで、アルミ・ラティアがマイヤ・イソラを見出しました。

 

マリメッコでのマイヤ・イソラ

マイヤ・イソラ05 ルースプールースプー マイヤ・イソラ 1957年
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

  • ルースプー(Ruusupuu)
    マイヤ・イソラ
    1957年
    野草を直接スクリーンに転写
    花の部分は手で描き足した

マイヤ・イソラは、1949年にプリンテックス社のテキスタイルデザイナーになりました。

以来マイヤ・イソラは38年間、マリメッコの第一線で活躍し続けました。

マイヤ・イソラが手がけたものは、500点以上にもなります。

 

マイヤ・イソラと娘のクリスティーナ

マイヤ・イソラ06 ヨーナスヨーナス マイヤ・イソラ 1961年
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

  • ヨーナス(Joonas)
    マイヤ・イソラ
    1961年
    夕方の工場のプリント台に紙を広げ、ラヴィ・シャンカールの音楽に合わせて自由に筆を躍らせて描いた

マイヤ・イソラは、1946年に娘のクリスティーナを出産しました。

マイヤ・イソラは1980年代には、娘のクリスティーナとともにテキスタイルデザインの活動を行いました。

生地の端には、二人の名前がプリントされました。

 

いつも自由であること

マイヤ・イソラ07 カイヴォカイヴォ マイヤ・イソラ 1964年
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

  • カイヴォ(Kaivo)
    マイヤ・イソラ
    1964年
    インテリアデザイナー向けにセレクトされた建築シリーズの一つ

マイヤ・イソラは、いつも自由であることを望んでいたようです。

「いつも自由であること」が、マイヤ・イソラのテーマであり生き方でした。

マイヤ・イソラはフィンランド以外にも、

  • フランス
  • アルジェリア
  • アメリカ

で生活しました。

 

プリントされた花

マイヤ・イソラ08 ウニッコウニッコ マイヤ・イソラ 1964年
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

  • ウニッコ(Unikko)
    マイヤ・イソラ
    1964年
    ポピーをモチーフにした柄
    1990年代にもリバイバルブームが起きた

アルミ・ラティアは、「プリントされた花は自然界の花に適わない」という持論でした。

そのためマリメッコでは、花柄を禁止していました。

しかしマイヤ・イソラは、花を大きく扱った大胆なデザインをしました。

そしてマイヤ・イソラは、「自分の仕事に制限を与えれれたくない」と主張しました。

そこで生まれたのが、ウニッコです。

 

マイヤ・イソラと絵画

マイヤ・イソラ09 トゥーリトゥーリ マイヤ・イソラ 1971年
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

  • トゥーリ(Tuuli)
    マイヤ・イソラ
    1971年
    布地いっぱいに枝を広げるのは、パリにあるマイヤ・イソラお気に入りの木
    目を凝らすと鳥の姿が見える

マイヤ・イソラは、

  • 油絵
  • テンペラ画

の画家としても活躍しました。

絵画で扱われたモチーフを、ファブリックに用いることもしばしばありました。

マイヤ・イソラは1987年にマリメッコの仕事を引退し、亡くなるまで絵画を描き続けました。

 

まとめ

マイヤ・イソラ10 アアラトアララト マイヤ・イソラ 1980年
「ELLE DECOR No.133 2014年8月号」より

 

  • アララト(Ararat)
    マイヤ・イソラ
    1980年
    1980年代にマイヤ・イソラは三角形をモチーフにした作品を多く手がけた

フィンランドは、自然豊かな優しいアースカラーのデザインが主体でした。

マリメッコの創業当時からデザインを担当したマイヤ・イソラは、極めてカラフルなデザインを提案しました。

そしてフィンランドの文化風土に、ショックにも近い印象を残しました。

また大人気商品である「ウニッコ」は、マイヤ・イソラの強い主張によって生まれました。

私が持っていたマイヤ・イソラとマリメッコのイメージとは違った事実が、とてもおもしろかったです。

 

マイヤ・イソラとマリメッコについては、以下も参考にしてください。