前川國男自邸 1942年

ル・コルビュジエに師事した、前川國男の自邸です。
1942年に、東京の上大崎に建てられました。

 

前川國男(まえかわくにお)

前川國男自邸01前川國男自邸

 

前川國男自邸は、現在「江戸東京たてもの園」に移築されています。 

前川國男

  • 1905年 新潟県新潟市生まれ(5月14日)
  • 1928年 東京帝国大学工学部建築学科卒業
         パリへ行き、ル・コルビュジエの事務所に入所
  • 1930年 帰国
         東京レーモンド建築事務所に入所
  • 1932年 木村産業研究所(弘前市)落成
  • 1935年 事務所開設
  • 1945年 銀座の事務所が空襲で焼失
         目黒の自邸に事務所機能を移転
  • 1951年 CIAM(近代建築国際会議)第8回大会に参加
  • 1953年 日本建築学会賞作品賞を受賞(日本相互銀行本店)
  • 1954年 MIDビルが四谷に完成
         自邸から事務所を移転
  • 1955年 ル・コルビュジエ来日
         前川事務所訪問
         日本建築学会賞作品賞を受賞(神奈川県立音楽堂・図書館)
  • 1956年 日本建築家協会理事に選出
         日本建築学会賞作品賞を受賞(国際文化会館)
  • 1959年 日本建築家協会会長
        (-1962年)
         スウェーデン王室名誉勲章を受章
  • 1961年 日本建築学会賞作品賞を受賞(京都会館)
  • 1962年 日本建築学会賞作品賞・朝日賞を受賞(東京文化会館)
  • 1963年 オーギュスト・ペレ賞を受賞
         英国建築家協会名誉会員
  • 1965年 UIA(国際建築家連合)副議長
        (-1969年)
  • 1966年 日本建築学会賞作品賞を受賞(蛇の目ミシン本社)
  • 1967年 フィンランド国勲章を受章
  • 1968年 第一回日本建築学会賞大賞を受賞
  • 1972年 毎日芸術賞を受賞(埼玉県立博物館)
  • 1974年 日本芸術院賞を受賞(埼玉県立博物館)
  • 1979年 レジオン・ドヌール勲章を受章
  • 1984年 日本建築家協会名誉会員
  • 1985年 東京都文化賞を受賞
  • 1986年 死去(6月26日)

 

前川國男自邸

前川國男自邸02寝室

 

前川國男自邸のことはずっと前から写真で知っていましたが、今年(2016年)の6月にやっと訪問することができました。

前川國男自邸は小さい建物ですが、狭さはまったく感じませんでした。

むしろ私には、開放感すら感じられました。

建築について素人の私が初めて写真で前川國男自邸を見たとき、「瓦と木材が使われているこの建物の、どこがモダニズム建築なのだろう?」と思いました。

私が10代から20代を過ごした1980〜1990年代は、ポストモダニズムの時代でした。

それ以来私は、モダニズムについて考えていました。

私は、「ファッションの世界では、モダニズムをどう考えているのか」興味を持ちました。

 

前川國男自邸の椅子

前川國男自邸03ダイニング

 

写真に写っている椅子は前川國男建築設計事務所に在籍していた水之江忠臣が、1954年神奈川県立図書館の閲覧用にデザインしたものです。

この椅子の佇まいが、前川國男の建築の佇まいと同じように感じられます。

この椅子は、今でも天童木工で作られています。

私はこの椅子が大好きで、1脚だけ持っています。

直線的な脚部と、座面と背もたれの曲面がバランスよく組み合わさっています。

 

前川國男自邸の豊かさ

前川國男自邸04リビングの窓

 

前川國男の自邸は、

  • 外から見ても
  • 内から見ても

素晴らしいです。

前川國男の自邸は、1942年の統制が厳しい時代に建てられました。

しかし前川國男自邸は、現代の住宅よりも豊かだと思いました。

 

まとめ 

前川國男自邸05前川國男自邸外観

 

この外観写真の、左側に書斎があります。

そして前川國男自邸の真ん中がリビングとダイニング、右側が寝室になっています。

前川國男自邸は、書斎と寝室がうまく分離されています。

1945年に空襲で銀座の事務所を消失した前川國男は、1954年までこの自邸を事務所としました。

1945年の終戦直後に前川國男は結婚しこの自邸は、

  • 前川夫婦の住処
  • 前川國男の事務所

になりました。

私は前から、フリーランスのファッションデザイナーになろうと思っていました。

そして私は前川國男自邸を見て、フリーランスのファションデザイナーになる決心をしました。

「前川國男自邸」は、私の背中を押してくれた思い出の建物です。