袖丈による名称 小池千枝先生

以前、小池千枝先生が著された「袖 着やすさと美しさのテクニック」について書きました。
今回はその中から、「袖丈による名称」を紹介します。

 

袖丈による名称

小池千枝先生 袖丈02袖丈のテンプレート

 

小池千枝先生の「袖 着やすさと美しさのテクニック」を読んでいて、内容を紹介したくなりました。

この本の中で、袖の種類についていろいろ分類されています。

今回は、袖丈による分類を紹介します。

イラストは、私が描きました。

イラストのバランスが違うと袖丈の印象が違ってしまうので、テンプレートを使って描きました。

それでは、以下に引用します。

これはカフスの有無、袖幅の違い、装飾性などとは関係なく、袖丈の区分によるものです。

 

スリーブレス

小池千枝先生 袖丈03スリーブレス

 

スリーブレス(sleeveless)

身頃のくりが即袖口になっているもの。
袖がないところから、ノースリーブ(no sleeve)ともいいます。

身頃原型の袖ぐり線のまま仕上げても、ブラウスやワンピース、ベストとして着られますが、普通はそれよりも小さくします。
袖がつかないために、袖ぐりを小さくして体にフィットさせることができるのです。

さらに袖ぐりの描き方は、基本の袖ぐりとは違い、スポーティなシャツ風に、あるいはフォーマルな感じにと、身頃にくり込んでカットすることもあれば、裁ち出してカットすることもあります。

「スリーブレス」と一口に言っても、その表現はさまざまです。

しかし作りたいイメージで、その形状は自ずと決まる気もします。

袖ぐり線で、服の印象は大きく変わります。

 

三分袖

小池千枝先生 袖丈04三分袖

 

「袖 着やすさと美しさのテクニック」には、三分袖単体の説明はありません。

私が描いたデザイン画を見直しましたが、三分袖のデザインはほとんどありませんでした。

私は、三分袖に苦手意識があるようです。

三分袖を使って、女性の腕を美しく表現する自信がないのです。

今後意図的に、三分袖のデザインをしてみようと思います。

 

四分袖

小池千枝先生 袖丈05四分袖

 

四分袖単体についても、「袖 着やすさと美しさのテクニック」には説明がありませんでした。

四分袖についても、私は苦手意識を持っています。

私は、スリーブレスのデザイン画はよく描きます。

私は、三分袖より短いデザイン画も描きます。

三分袖、四分袖の面白いデザインを考えれば、デザインのはばがもっと広がりそうです。

 

五分袖

小池千枝先生 袖丈06五分袖

 

半袖

三分袖、四分袖のように肘より上部に袖口がある、短い丈のもの。
ちょうど肘丈にあたるのが五分袖で、これを総称して半袖といいます。

私は肘丈に袖口があたると、腕を曲げるときに邪魔な気がします。

そういう理由で、私は五分袖も使うことは少ないです。

私が半袖で使うのは、四分袖と五分袖の間の中途半端な袖丈が多いです。

 

六分袖

小池千枝先生 袖丈07六分袖

 

六分袖単体についても、「袖 着やすさと美しさのテクニック」には説明がありませんでした。

六分袖は、中途半端な感じがします。

しかし中途半端というのは、うまくデザインすれば面白くなることでもあります。

 

七分袖

小池千枝先生 袖丈08七分袖

 

七分袖

肘丈より長く、肩先から手首までの四分の三程度の長さのものを七分袖といい、さらに細かく六分袖、八分袖、九分袖と分けることもできます。

七分袖は、よく流行ります。

しかし私個人は、七分袖をほとんど使いません

メンズの七分袖もありますが、この場合は奇妙な感じがします。

七分袖は、女性らしさを感じさせる袖丈のような気がします。

七分袖はお洒落着としては良いですが、実用性となると中途半端なときがあります。

七分袖は、実用性を伴わない優雅さを持っています。

私は七分袖が持っている、

  • 女性らしさ
  • 優雅さ

に照れを持っているようで、あまり使うことができません。

 

八分袖

小池千枝先生 袖丈09八分袖

 

八分袖も、よく使われます。

私も八分袖は照れることなく、使うことができます。

七分袖と八分袖のわずかな差ですが、私の中では印象がかなり違います。

 

九分袖

小池千枝先生 袖丈10九分袖

 

九分袖は、微妙です。

サイズを間違えて、袖丈が短いように見えることがあります。

九分袖は、作る方も着る方も難しいです。

しかしファッションは、こういう難しいバランスがお洒落に見えることがあります。

 

長袖

小池千枝先生 袖丈11長袖

 

長袖

腕全体をおおうもの。
肩先から手首までの長さが普通ですが、なかには手の甲にまで及ぶ場合もあります。

いままで私は、ヨウジヤマモトプールオムを着てきました。

ヨウジヤマモトプールオムの袖丈は、とても長いです。

長袖は、手の甲にまで及びます。

そのせいか私は、長袖は手首よりも長いものが好きです。

一般的にジャケットの袖丈が長いと、「サイズが合っていないようでカッコ悪い。」と何十年間も言われ続けてきました。

それでは、サイズが合っているとはどういうことなのでしょうか?

脱線してしまいましたが、これからも「袖 着やすさと美しさのテクニック」の内容を紹介していきます。

 

参考文献

  • 袖 着やすさと美しさのテクニック
    ISBN4-579-10131-6

小池千枝先生の「袖 着やすさと美しさのテクニック」については、以下も参考にしてください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest