小池千枝先生 第8回

小池千枝先生は特別授業で、型紙とアイロンのテクニックについて講義してくださいました。  

 

小池千枝先生の特別講義

小池千枝先生025小池千枝先生 装苑1992年2月号より

 

小池千枝先生が教えてくださったテクニックを、2つ紹介します。

 

ケンゾーのパンツは、なぜ脚が長く見えるか?

高田賢三さんがデザインしていた「ケンゾー」のパンツは、履くと脚が長く見えるそうです。

小池千枝先生は、レディースのケンゾーのパンツを見せてくださいました。

人が履いていない状態だと、普通のパンツに見えます。

でも人が履くと、普段より脚が長く見えるのだそうです。

ヨウジヤマモトのぶかぶかのパンツを履いていた私に、小池千枝先生は、
「履いてみなさい。」
とおっしゃいました。

「このパンツは、レディースですが・・・。」
と私が言うと、

「あなた、細いから履けるわよ。」
と小池千枝先生は、おっしゃいました。

ケンゾーのパンツを履いてみると、ウエストもヒップもぴったりです。

ヒップの位置が普段より上にある感じがするのが、自分でもわかります。

小池千枝先生はクラスのみんなに、
「ほら佐藤さんの脚が、さっきより長く見えるでしょ。」
と冗談ぽくおっしゃいました。

クラスのみんなも、小池千枝先生の言葉に納得していました。

 

型紙とアイロン仕事に答えがありました。

小池千枝先生026 パンツのくり ケンゾー小池千枝先生が教えてくださった型紙

 

「賢三さんのパンツが、なぜ脚が長く見えるのか説明しましょう。」
と小池千枝先生は、黒板に型紙を書き始めました。

上の図は、後ろパンツの 型紙です。

実線部分は、「文化ファッション講座婦人服2」より引用しました。

点線部分が、脚が長く見える秘密です。

  1. 後ろ股ぐりのHL付近をカーブで膨らませる(点線部分)
  2. カーブさせた部分をアイロンで追い込み直線にする
  3. アイロン仕事によって膨らみ部分はダーツの下あたりに移動
  4. ヒップの膨らみが立体的になり、ヒップの位置が上にくる
  5. 脚が長く見える

今思うと、ヨウジヤマモトしか着なかった私に、
「ファッションは、耀司さんだけじゃないのよ。」
と小池千枝先生が、教えてくださったような気がします。

 

袖山のイセ分量が少なすぎます!

小池千枝先生026 シャネルスーツ 袖山のいせ写真は袖山にたっぷりイセをとった、仕立てのいいシャネルのジャケット
シャネル デイ・アンサンブル
「FASHION 18世紀から現代まで」より
ISBN978-4-88783-282-4

 

  • 左:デイ・アンサンブル
    1966年頃
    ピンク、黄、紫のチェック柄ウール・ツイードのジャケットとスカート
    金属ボタン
    ライニングはチェック柄の絹ツイルのキルティング
    ブラウスはライニングと同素材
  • 右:デイ・アンサンブル
    1969年頃
    ピンク、黄、青のチェック柄ウール・ツイードとスカート
    金属ボタン
    ライニングは絹ツイルのキルティング
    ブラウスはライニングと同素材
    共布の取り外し可能なカフス付き

 

 あるとき、小池千枝先生はクラスのみんなのジャケットを見渡して、
「袖山のイセ分量が、少なすぎるわね。」
とおっしゃいました。

私が着ていたヨウジヤマモトのジャケットは、袖山のイセ分量は多い方でした。

それでも小池千枝先生に、
「まだ、イセ分量が足りないわね。」
と言われてしまいました。

 小池千枝先生は、

「袖山のイセは、美しいシルエットを作るのと運動量を出すのに必要です。
最近、既製服ではアイロン仕事が減ってきていますが、それでもこんなにイセ分量が少ないのはいただけない。」

「既製服をやるにしても、オートクチュール的なテクニックを知っておくことは必要です。」

と念を押すように、何度もなんどもおっしゃいました。

小池千枝先生 第7回を読む

小池千枝先生 第9回を読む