田原桂一 光合成 with 田中泯 原美術館

「田原桂一 光合成 with 田中泯」展を、原美術館に見に行きました。
濃密な写真が、迎えてくれました。

 

田原桂一 光合成 with 田中泯

田原桂一08 光合成 田中泯原美術館の塀

 

田原桂一 光合成 with 田中泯

  • 開催期間:2017年9月9日(土)-2017年12月24日(日)
  • 開館時間:11:00-17:00
         (水曜日は20:00まで/入館は閉館時間の30分前まで)
  • 休館日 :月曜日、9月19日、10月10日
         (9月18日、10月9日は開館)
  • 開催会場:原美術館
         〒140-0001
         東京都品川区北品川4-7-25
  • 入館料 :一般  1,100円
         大高生 700円
         小中生 500円
         原美術館メンバーは無料
         学期中の土曜日は小中高生の入館無料
         20名以上の団体は一人100円引き

 

田中泯

田原桂一09 光合成 田中泯「田原桂一 光合成 with 田中泯」展フライヤー

 

田中泯

  • 1945年 東京都に生まれる
  • 1964年 クラシック・バレエモダン・ダンスを学ぶ 
  • 1965年 東京教育大学中退
  • 1974年 独自の舞踊を求め、独自の活動に入る
  • 1978年 海外でも活躍を始める
  • 1981年 パフォーマンス集団「舞塾(まいじゅく)」結成 
         (1997年解散)
  • 1985年 山村に移り住む
  • 1990年 フランス芸術文化勲章シュバリエ受章
  • 2002年 映画「たそがれ清兵衛」以降、俳優としても活躍

 

田中泯 オドリ

田原桂一10 光合成 田中泯「Akikawa-5 1980年」
「田原桂一 光合成 with 田中泯」展フライヤーより

 

原美術館で、田中泯のオドリがあります。

以下に、概要を記しておきます。

(申し込みは、原美術館のサイトからお願いします。)

田中泯 オドリ

  • 第1回 9月30日(土)
    予約受付開始 9月12日(火)11:00-
  • 第2回 11月18日(土)
    予約受付開始 10月31日(火)11:00-
  • 第3回 12月23日(土・祝)
    予約受付開始 12月5日(火)11:00-

各回共通

  • 会場 :原美術館 中庭(晴雨にかかわらず)
  • 開場 :18:00/開演:19:00
        (開演まで展示をご覧いただけます)
  • 参加費:お一人一回3,000円(入館料込)
        原美術館メンバー及び同伴者1名まで2,000円

 

田原桂一の言葉

田原桂一11 光合成 田中泯「Bordeaux-11 1980」
「田原桂一 光合成 with 田中泯」展フライヤーより

 

田原桂一が「田原桂一 光合成 with 田中泯」展に、言葉を寄せています。

以下に、引用します。

1978年から1980年の3年間にかけてダンサー・田中泯とともに試みた「光と身体」の関係性についてのフォトセッションである。

1978年10月、パリ・フェスティバル・ドートンヌ《「間」日本の時空間》展からこのプロジェクトは始まった。
まだパリで「窓」の作品を撮り続けている最中、私が27歳、泯さんが33歳の時だった。
光によって、見るという行為やそれに伴う感情が如何に翻弄されるか、そんな事ばかりを考えていた時期であった。
「身体気象」という言葉が私たちを結びつけた。
まさに光と身体が出会う瞬間である。
私の写真行為のなかでこのプロジェクトは「対象」と「主題」が渾然と入り混じった実に不思議な3年間であった。

パリ、ローマ、ニューヨーク、アイスランド、ボルドー、東京、九十九里浜、秋川渓谷等、様々な都市のもと、そして大自然の中、異なった光や大気や季節の中で、ダンサーの身体がどのように反応して行くのか、あるいはただ単に人間の皮膚が神経がその触手を光の中にどのようにのばして行くのか。

フランス・ボルドーに残っている旧ドイツ軍が建造したUボートの潜水艦基地。
空爆に耐えられるコンクリートの塊で覆われた巨大な器。
複雑な光と記憶が交錯する空間のなかで誰一人観る人もなく光と身体が絡み合っていく。

アイスランド、6月、白夜の季節、地熱地帯と昼と夜の境目も定かではなく車で次々と撮影場所を求めて走り回り続けた。
沈むことのない太陽、地面は熱を帯びて黒々と光り輝き、静寂だけが我々の周りにあった。
シャッターを切る音とフィルムを巻き上げる音だけが、歩を進めて行った。

35年間、何故か放置されていたが、我々二人にとって今まさに原点回帰となる作品である。

田原桂一
2016.04.06

 

まとめ

田原桂一12 光合成 田中泯「Paris-4 1978」
「田原桂一 光合成 with 田中泯」展フライヤーより

 

田原桂一の写真は、昨年末の「YOHJI YAMAMOTO/モード写真」展から3回見に行きました。

プリントされた写真は力強く、印刷された写真とは格段に解像度が違います。

田中泯の身体と光が一枚の写真になり、その強烈な陰影に目が釘付けになりました。

できることなら、もっともっとたくさんの写真を見て居たかったです。

田原桂一については、以下も参考にしてください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+