未来派 カール・ラガーフェルド邸

ファッションデザイナーの家第2回目は、カール・ラガーフェルド邸を取り上げます。
カール・ラガーフェルドは、どんな家に住んでいるのでしょうか。

 

カール・ラガーフェルド

アップルTV カール・ラガーフェルド06カール・ラガーフェルド
M2M「Karl Lagerfeld Sketches His Life」より

 

カール・ラガーフェルド

  • 1938年 ドイツ生まれ
  • 1983年 シャネルのデザイナーに就任

カール・ラガーフェルドは、少年時代にパリに移住しました。

ピエール・バルマンほかオートクチュールメゾンで働き、その後独立しました。

現在はシャネルをはじめ、ビッグメゾンのデザイナーを兼任しています。

 

リビング

カール・ラガーフェルド邸02リビング
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

この自宅の写真は、カール・ラガーフェルド自身が撮影しました。

カール・ラガーフェルド邸は、完璧なモノクロームの空間です。

手前の椅子は、マーク・ニューソンがデザインした「クローム」です。

カール・ラガーフェルドはこの家を、
「ここは家ではない。地球から解放される場所に向かう宇宙船だ。」
と言っています。

カール・ラガーフェルドは自邸を”宇宙船”に見立て、地球からの脱出を試みています。

私は、モノクロームの部屋の窓から見える植物に美しさを感じます。

 

キッチン

カール・ラガーフェルド邸03キッチン
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

キッチンもほかの部屋に合わせて無駄を省き、ミニマリズムに徹しています。

まるで業務用のようなステンレスユニットが、とても印象的です。

このキッチンは、シンプルで無機質な雰囲気をつくっています。

カール・ラガーフェルドは、こう言っています。

” I’m a fashion person –
and fashion is not only about clothes
– it’s about all kinds of change “

私はファッション人間だ。
ファッションとは、服に関するだけではなく、すべての変化を意味する。

「ELLE DECO No.106 2010年2月号」p80より引用 

 

ダイニング

カール・ラガーフェルド邸04ダイニング
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

カール・ラガーフェルドの家の階下には、セーヌ川が流れています。

ダイニングの窓から、セーヌ川が見えるのでしょうか?

家の中には、目的別に4つのテーブルがあります。

  • 長方形のテーブル・・・創作用
  • 丸い形のテーブル・・・創作以外のすべてのためのもの

カール・ラガーフェルドの、おもしろいこだわりです。

もちろんダイニングのテーブルは、丸い形でした。

 

書庫

カール・ラガーフェルド邸05書庫
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

カール・ラガーフェルドは、2年前に未来派志向になったと言います。

この写真は2010年のものなので、カール・ラガーフェルドが未来派志向になったのは2007年か2008年ころでしょうか。

写真の右側に書庫が続くのですが、膨大な数の本が所蔵されています。

手前には、

  • 人工大理石のテーブル
  • ジャン=マリー・マソーによる白レザーのアームチェア「オークランド」

が、写っています。

この2つの家具が、未来的な雰囲気を醸し出しています。

 

ワードローブの一角

カール・ラガーフェルド邸06ワードローブの一角
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

この空間は、ワードローブの一角です。

B&WのZeppelin(ツェッペリン)が、置いてあります。

iPod好きだったカール・ラガーフェルドは、約70個のiPodを所有していました。

カール・ラガーフェルドは家のどこにいても、iPodで音楽を楽しみたかったのでしょう。

トランクは、世界で最も古いトランクメーカーの一つであるゴヤールのものです。

 

ワードローブ

カール・ラガーフェルド邸07ワードローブ
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

ワードローブには、

  • 8本のクローム製ラック
  • 300本のオーダーメイドハンガー

が掛けられ、服が整然と吊り下げられています。

カール・ラガーフェルドは、
「モノに執着しすぎるな、重要なのは行動。モノを持つことじゃない。」
と言います。

しかしこのワードローブの写真を見ると、カール・ラガーフェルドの言葉に納得はできません。

写真を見るとカール・ラガーフェルドは、

  • 大量の書籍
  • 約70台のiPod
  • たくさんの服

を持っています。

しかし家全体を見ると、モノは少なくとてもスッキリしています。

自分の言葉に対して、あるときは誠実にまたあるときは矛盾しているのがファッションデザイナーなのかもしれません。

 

参考文献

  • ELLE DECO No.106 2010年2月号

カール・ラガーフェルドについては、以下も参考にしてください。

ファッションデザイナーの家は、以下も参考にしてください。