ジャン・フィリップ・ウォルト

ジャン・フィリップ・ウォルトは、シャルル・フレデリック・ウォルトの次男です。
ジャン・フィリップ・ウォルトは、父親譲りに服作りが下手なようです。

 

ジャン・フィリップ・ウォルト

ジャン=フィリップ・ウォルト02イブニング・ドレス ジャン・フィリップ・ウォルト 1901年
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • イブニング・ドレス
    ジャン・フィリップ・ウォルト
    1901年
    リボンとつる花を織り出した生地
    プリンセス・ラインを用いた体に沿ったシルエット

ジャン・フィリップ・ウォルト(Jean Philippe Worth)

  • 1856年 フランスのパリに生まれる(7月25日)
  • 1874年 ビジネスに参加しはじめる
  • 1895年 シャルル・フレデリック・ウォルトの後を継いでデザインをする
  • 1901年 ポール・ポワレがメゾンに入る(-1903年)
  • 1910年 引退
  • 1926年 死去(7月)

 

ジャン・フィリップ・ウォルトとポール・ポワレ

19世紀終わりから20世紀初めのスポーツウェア07オートモービル・スーツ ジャン・フィリップ・ウォルト 1905-10年ころ
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • オートモービル・スーツ
    ジャン・フィリップ・ウォルト
    1905-10年ころ
    スポーティーデザイン性のあるドライビング・ウェアがオートクチュールのメゾンから発表された

1895年に、シャルル・フレデリック・ウォルトが亡くなりました。

その後のウォルト店は、

  • 長男のガストン・ウォルト(1853-1924)が経営
  • 次男のジャン・フィリップ・ウォルトがデザイン

を担当しました。

ウォルト店ではカジュアルな服を作る人材として、1901年にポール・ポワレを採用しました。

ジャン・フィリップ・ウォルトは、

  • 簡素
  • 実用的

なドレスには興味がありませんでした。

ジャン・フィリップ・ウォルトは、ポール・ポワレの

  • テーラードスーツを「わらじ虫」
  • ドレスを「ふきん」

などとさげすんでいました。

ポール・ポワレも、ジャン・フィリップ・ウォルトが作る豪華なドレスを冷めた目で見ていました。

 

ジャン・フィリップ・ウォルトとジャポニスム

ジャン=フィリップ・ウォルト03デイ・ドレス ジャン・フィリップ・ウォルト 1910年ころ
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • デイ・ドレス
    ジャン・フィリップ・ウォルト
    1910年ころ
    縞柄のきものを思わせるデザイン
    ジャポニスムの影響が色濃く見られる

ウォルト店はメゾンの創立以来、流行のジャポニスムに早くから目を向けていました。

1907年ころから1913年ころにかけて、パリのファッションは「きもの」に触発された作品を次々に発表しました。

「キモノ」という単語以外にも、

  • 「日本風フォルム(forme japonaise)」
  • 「キモノ・スリーブ(manche kimono,manche japonaise)」

といった言葉が女性誌の紙面を踊りました。

この時代には、

  • 打掛風のシルエットのコート
  • きもの型ドレス
  • きもの風の衿
  • 帯のようなサッシュ

などが流行しました。

 

まとめ

1900年代のファッション03 ウォルトコート ジャン・フィリップ・ウォルト 1910年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より
ISBN978-3-8365-5719-1

 

  • コート
    ウォルト(ジャン・フィリップ・ウォルト)
    1910年ころ
    深紅のベルベット
    抜き衣紋風の衿
    きもの風の打ち合わせ
    背面にドレープ、ビーズのタッセル飾り

私は、

  • ジャン・フィリップ・ウォルト(1856年生まれ1895年デビュー)
  • ポール・ポワレ(1879年生まれ1903年デビュー)
  • シャネル(1883年生まれ1915年デビュー)

の3人に注目してみました。

  • ジャン・フィリップ・ウォルトとポール・ポワレ
  • ポール・ポワレとシャネル

は、お互いに価値観を否定し合っています。

20世紀の初めには新しいファッションデザイナーの登場によって、10年ごとに価値観が更新されています。

価値観が更新されていくことが、私はとても大切なことだと思うのです。

それにしても、ジャン・フィリップ・ウォルトは服作りが下手でした。

そして、ジャン・フィリップ・ウォルトは頭も固かったようです。

ジャン・フィリップ・ウォルトは永遠に、時代の脇役的なファッションデザイナーです。