ファッションデザイナー ジャック・ファット

展覧会で、ジャック・ファットの服を見る機会はとても多いです。
しかしジャック・ファットの服が格好良く見えたことは、ほとんどありません。

 

ジャック・ファット

ジャック・ファット02スーツ ジャック・ファット 1940年代前半
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より
ISBN978-3-8365-5719-1

 

  • スーツ
    ジャック・ファット

    1940年代前半
    紺のウール・フラノのジャケットとスカート
    縁取りはベルベット
    前スカートにプリーツ

ジャック・ファット(Jacques Fath)

  • 1912年 フランスに生まれる(9月6日)
  • 1937年 ラ・ボエシー街にメゾンを開設
  • 1939年 従軍のため一時閉店
  • 1940年 ナチス・ドイツ占領下のパリのフランソワ1世街に再びメゾンを開く
  • 1946年 アメリカの企業と契約し、サイズ別の既製服を大量生産した最初のクチュリエとなる
  • 1954年 死去(11月13日)
  • 1957年 メゾンを閉鎖

 

イラストレーションの中のジャック・ファットの服

ジャック・ファット03イブニング・ドレス ジャック・ファット 1949年
「100 years of Fashion Illustration」より
ISBN978-1-85669-462-9

 

  • イブニング・ドレス
    ジャック・ファット

    イラストレーター:Bernard Blossac
    1949年

ジャック・ファットの服は、たくさんのイラストレーションになっています。

そのイラストレーションは、とても格好良いものが多いです。

ここにあげたBernard Blossac以外にも、ルネ・グリュオーもイラストレーションを手がけています。

イラストレーションになったジャック・ファットの服は、シルエットにメリハリがあり格好良く見えます。

 

一般的なジャック・ファットの評価

ジャック・ファット04イブニング・ドレス ジャック・ファット 1953年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • イブニング・ドレス
    ジャック・ファット

    1953年ころ
    白の木綿ピケに黒の水玉プリントのワンピース・ドレス
    黒のパイピングの装飾
    ボディスには5本のボーンが裏打ちされている

ジャック・ファットの一般的な評価を、以下に記します。

1937年にパリでオートクチュールのアトリエを開いたジャック・ファットは、40年には早くも人気メゾンになりました。

第二次大戦後、米国における既成服の展開で成功を納めました。

ジャック・ファットは、

  • 優美な50年代ファッションに軸足を置きながら
  • 「Alternative(伝統にとらわれない)」と評された

カジュアルな持ち味が特徴の、ファッションデザイナーでした。

 

まとめ

ジャック・ファット05スーツ ジャック・ファット 1950年代中頃
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」

 

  • スーツ
    ジャック・ファット

    1950年代中頃
    行動的なスーツにおいても女性的なラインが追求された
    シルエットはファンデーションによって支えられ、形作られた

以下は、私のジャック・ファットに対する感想です。

ジャック・ファットの服は、カッティングに無理があるように私には見えます。

この無理なカッティングが、私には窮屈そうに見えてしまうのです。

ジャック・ファットは、第二次世界大戦の前後に活躍したファッションデザイナーです。

「時代的にしかたがないのかな。」
と残念な気持ちになってしまいます。