ファッションイラストレーション100年の変化

以前ファッションイラストレーションを、10年ごとに紹介しました。
今回は、ファッションイラストレーションの100年の変化を紹介します。

 

1900年代

1900年代のファッションイラストレーション05 アール・ヌーヴォー・スタイルルシェル 1909年
「100 years of Fashion Illustration」より
ISBN978-1-85669-462-9

 

  • 「La Mode illustr’ee」1909年2月号表紙
    ルシェル

1900年代は、アール・ヌーヴォ・スタイルが流行しました。

1908年にポール・ポワレが、豪華本「ポール・イリーヴによるポール・ポワレの服」を刊行しました。

 

1910年代

1910年代のファッションイラストレーション02 ジョルジュ・ルパップジョルジュ・ルパップ(Georges Lepape) 1911年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • ジョルジュ・ルパップ(Georges Lepape)
    フランス人
    (1887年5月26日-1971年2月15日)
    「ポール・ポワレのドレス」
    1911年

    ステンシル・プリント

1914年に、第一次世界大戦が始まりました。
(-1918年)

1910年代は、

がデビューしました。

 

1920年代

1920年代のファッションイラストレーション08 キース・ヴァン・ドンゲンキース・ヴァン・ドンゲン(Kees van Dongen) 1927年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • キース・ヴァン・ドンゲン(Kees van Dongen)
    オランダ人
    (1877年1月26日-1968年5月28日)
    ” Les Arcades des Champs Elysees “のポスター
    1927年

1920年代は、アール・デコ・スタイルが流行しました。

1927年にエルザ・スキャパレリが、結んだネクタイが黒地に白で編み込まれたトロンプルイユのセータで注目されました。

1929年11月に、世界恐慌が起こりました。

 

1930年代

1930年代のファッションイラストレーション03 レドファン ルシル・パレLee Creelman 1932年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • Lee Creelman
    アメリカ人
    「レドファンとルシル・パレのケープ・ドレス」
    ” アメリカン・ヴォーグ ” 1932年

1930年代は、

がデビューしました。

1939年に、第二次世界大戦が始まりました。

  • マドレーヌ・ヴィオネ
  • シャネル

はメゾンを閉鎖しました。

 

1940年代

1940年代のファッションイラストレーション09 ルネ・グリュオー クリスチャン・ディオールルネ・グリュオー(Rene Gruau) 1948年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • ルネ・グリュオー(Rene Gruau)
    イタリア人
    (1909年-2004年)
    ” L’Officiel ” 1948年10月号の表紙
    「クリスチャン・ディオール」
    オリジナルイラストレーション
    筆、インクと水彩とグワッシュ

1945年に、第二次世界大戦が終わりました。

1940年代は、

がデビューしました。

 

1950年代

1950年代のファッションイラストレーション06 クリストバル・バレンシアガConstance Wibautも 1955年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • Constance Wibaut
    オランダ人
    (1920年3月11日-2014年1月27日)
    クリストバル・バレンシアガのオリジナル・イラスト」
    ” Elseviers Weekblad ” 1955年2月号
    紙にインクとグワッシュ

1950年代は、

がデビューしました。

1954年に、シャネルが復帰しました。

 

1960年代

1960年代のファッションイラストレーション06 キャロライン・スミスキャロライン・スミス(Caroline Smith) 1965年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • キャロライン・スミス(Caroline Smith)
    イギリス人
    (1943年-)
    「Crochet minidress」
    ” The Queen ” 1965年6月号

1960年代の半ばには、プレタポルテが主流となりました。

1960年代は、

がデビューしました。

 

1970年代

1970年代のファッションイラストレーション03 アントニオ・ロペスアントニオ・ロペス(Antonio Lopez) 1972年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • アントニオ・ロペス(Antonio Lopez)
    プエルトリコ人
    (1943年-1987年)
    「Fur for Glamour」
    ”ブリティッシュ・ヴォーグ” 1972年10月号
    紙に木炭と鉛筆

1970年代は、

がデビューしました。

 

1980年代

1980年代のファッションイラストレーション07 ジャン=ポール・ゴルチエフランソワ・ベルトゥー(Francois Berthoud) 1986年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • フランソワ・ベルトゥー(Francois Berthoud)
    スイス人
    (1961年- )
    ジャン=ポール・ゴルチエ
    ” Vanity ” 1986年
    リノリウム版画と水彩

1980年代は、

がデビューしました。

1981年に、ヴィヴィアン・ウエストウッドが初のショーを開催しました。

1983年にカール・ラガーフェルドが、シャネルのデザイナーに就任しました。

 

1990年代

1990年代のファッションイラストレーション08 マッツ・グスタフソン コムデギャルソンマッツ・グスタフソン(Mats Gustafson) 1997年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • マッツ・グスタフソン(Mats Gustafson)
    スウェーデン人
    (1951年- )
    「コム デ ギャルソン」
    ”イタリアン・ヴォーグ” 1997年
    パステルとチョーク

1990年代は、

がデビューしました。

1996年にジョン・ガリアーノが、ディオールのデザイナーに就任しました。

 

2000年代

2000年代のファッションイラストレーション06グレイソン・ペリー(Grayson Perry) 2005年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • グレイソン・ペリー(Grayson Perry)
    イギリス人
    (1960年3月24日- )
    「シャネル」
    ” Spoon magazine ” 2005年夏号

2000年代には、メゾンの買収が多く行われました。

 

10年ごとのファッションイラストレーションは、以下を参考にしてください。