緑の服を10着紹介します

緑の服を探す前は、緑の服はあまりないと思っていました。
しかし緑の服を探してみると、以外に多く見つけることができました。

 

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

ロココ・スタイル35ローブ・ア・ラ・フランセーズ 1770年代
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • ローブ・ア・ラ・フランセーズ
    1770年代
    フランス式ローブの典型
    ローブの前開きは左右に離れ、ストマッカーで縫いとめられる
    背には深い襞(ヴァトー・プリーツ)がたたまれ、ゆるやかに広がり裾を引く
    スカートはパニエ(腰枠)によって左右に大きく張り出す

1点目は、ローブ・ア・ラ・フランセーズです。

このローブ・ア・ラ・フランセーズは、「ロココ・スタイルについて調べてみました」でヴァトー・プリーツを説明したローブの前姿です。

 

クリノリン・スタイルのデイ・ドレス

クリノリン・スタイル05デイ・ドレス 1863-65年ころ
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • デイ・ドレス
    1863-65年ころ
    スカートは台形に裁断されている
    ウエスト周りはすっきりとしながら裾は非常に広がっている

2点目は、クリノリン・スタイルのデイ・ドレスです。

1860年代中ころから、スカートは台形やくさび型に裁断された布が縫い合わされるようになりました。

 

エイミー・リンカー

エイミー・リンカー02イブニング・コート エイミー・リンカー 1913年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より
ISBN978-3-8365-5719-1

 

  • イブニング・コート(後ろ姿)
    エイミー・リンカー
    1913年ころ
    黒の絹サテンと黄緑の絹クレープ
    黒と緑の絹サテンを段に折り重ねた衿
    花文あるいはオリエンタル・モチーフのビーズ刺繍

3点目は、エイミー・リンカーのイブニング・コートです。

エイミー・リンカーは、詳細が知られていないファッションデザイナーです。

 

ジョン・レドファン

ジョン・レドファン02デイ・スーツ ジョン・レドファン 1915年
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • デイ・スーツ
    ジョン・レドファン
    1915年
    緑の絹ポンジーのジャケットとスカートのツーピース
    ライニングと衿は絹羽二重に草花柄にプリント
    スカート前後にプリーツ

4点目は、ジョン・レドファンのデイ・スーツです。

ジョン・レドファンは、テイラード・スーツやスポーツウェアで人気がありました。

 

マドレーヌ・ヴィオネ

マドレーヌ・ヴィオネ15デイ・ドレス マドレーヌ・ヴィオネ 1925年ころ
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • デイ・ドレス
    マドレーヌ・ヴィオネ
    1925年ころ
    グリーンの絹クレープのワンピース・ドレス
    直線的なシルエット
    ボート・ネックライン
    身頃全体に手縫いのピンタックが施され、
    肩から腰までは波模様
    腰から裾までは直線を描く

5点目は、マドレーヌ・ヴィオネのデイ・ドレスです。

このドレスのアップの写真は、「ジャポニスムがパリモードに与えた影響」にあります。

 

シャネル

ファッションとアート横浜美術館08 シャネルイブニング・コート シャネル 1927年ころ
「ファッションとアート 麗しき東西交流展」図録より
ISBN978-4-89737-894-7

 

  • イブニング・コート
    シャネル
    1927年ころ
    黒と緑のグラデーションの絹クレープ
    金糸で菊文様を織り出している
    共布のタイ・カラー付き
    後ろ身頃に共布のパネル2枚
    カフスは中綿入り
    KCI

6点目は、シャネルのイブニング・コートです。

ジャポニスムの影響を受けたイブニング・コートは、金の文様を使って黒と緑のグラデーションを描いています。

 

マリアノ・フォルチュニィ

マリアノ・フォルチュニィ07ドレス マリアノ・フォルチュニィ 1930年代
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • ドレス
    マリアノ・フォルチュニィ
    1930年代
    ブルー・グリーンのベルベットに金のステンシル・プリント
    脇と袖下の差し込みは絹サテンをプリーツ加工したもの

7点目は、マリアノ・フォルチュニィのドレスです。

マリアノ・フォルチュニィは、1938年にメゾンを閉鎖しました。

 

ピエール・バルマン

ピエール・バルマン08イブニング・ドレス ピエール・バルマン 1950年代中ころ
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • イブニング・ドレス
    ピエール・バルマン
    1950年代中ころ
    共布のショールとの組み合わせ
    エメラルドグリーンと白の対比

8点目は、ピエール・バルマンのイブニング・ドレスです。

戦後の混乱から脱し社交界が復活すると、オート・クチュールのメゾンは華麗なドレスを次々と発表しました。

 

イヴ・サンローラン

クールカラー 緑07 イヴ・サンローランドレス イヴ・サンローラン 1986年春夏
「YVES SAINT LAURENT」より
ISBN978-0-8109-9608-3

 

  • ドレス
    イヴ・サンローラン
    黒のギピュール・レースと緑の絹ファイユのドレス
    1986年春夏オートクチュールコレクション
    モデル:アーン・ドゥオン

    写真:デイビット・セイドナー

9点目は、イヴ・サンローランのドレスです。

イヴ・サンローランは、強い色をうまく使っています。

 

ヨウジヤマモト

ヨウジヤマモト138 ニック・ナイト ナオミ・キャンベルグリーン・コート ヨウジヤマモト 1987年秋冬
「Yohji Yamamoto」V&Aより
ISBM978-1-85177-627-6

 

  • グリーン・コート
    ヨウジヤマモト
    1987年秋冬
    モデル:ナオミ・キャンベル
    写真 :ニック・ナイト

10点目は、ヨウジヤマモトのコートです。

ニック・ナイトで写真で、ヨウジヤマモトの緑のコートは有名になりました。

 

他の色の服については、以下を参考にしてください。

緑については、以下を参考にしてください。