ミラノに佇むジョルジオ・アルマーニの館

イタリアを代表する、ジョルジオ・アルマーニの自邸を見てみます。
部屋のいたるところに、意外なものが置いてありました。

 

ジョルジオ・アルマーニ

ジョルジオ・アルマーニ02ジョルジオ・アルマーニ
「ELLE DECO No.128 2013年10月号」より

 

ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)

  • 1934年 イタリアのピアチェンツァに生まれる
  • 1975年 ジョルジオ・アルマーニ社を設立
  • 2000年 アルマーニ/ヴィアマンゾーニ31をオープン

ジョルジオ・アルマーニの自邸は、ミラノの中心から徒歩数分のブレラ地区にあります。

ジョルジオ・アルマーニは、1982年にこの家を発見しました。

 

リビングルーム

ジョルジオ・アルマーニ03リビングルーム
「ELLE DECO No.128 2013年10月号」より

 

ジョルジオ・アルマーニのリビングルームは、左右対称の構成になっています。

この写真は、リビングルームの左側のものです。

柔らかなベージュの天井と壁が、温かみを添えています。

天井と壁は、メープル材にスポンジで処理を施しました。

羊皮紙(ようひし)に似た、とてもユニークな質感をもっています。

テーブルの上には、カメレオンのオブジェが置いてあります。

カーペットはジョルジオ・アルマーニが1980年代に購入した、中国のものです。

 

書斎(右側)

ジョルジオ・アルマーニ04書斎(右側)
「ELLE DECO No.128 2013年10月号」より

 

ジョルジオ・アルマーニは、ほとんどの時間をこの書斎で過ごします。

書斎の窓際には、

  • 森のような植物
  • ゴリラのオブジェ

があります。

このゴリラのオブジェは、実物大です。

映画のセットで使われたものを、贈られました。

インテリアデザインを手がけたのは、建築家のピーター・マリノです。

 

書斎(左側)

ジョルジオ・アルマーニ05書斎(左)
「ELLE DECO No.128 2013年10月号」より

 

ジョルジオ・アルマーニが空間構成で優先したのは、ハーモニーでした。

羊皮紙のようなベージュと、グロッシーな黒の調和にこだわりました。

デスクの背後には壁一面に、アーティストや友人たちの写真やペインティングが飾られています。

デスクの上には、吠えるトラのオブジェがあります。

サイドテーブルには、鳥のオブジェが置いてあります。

 

ライブラリー

ジョルジオ・アルマーニ06ライブラリー
「ELLE DECO No.128 2013年10月号」より

 

ジョルジオ・アルマーニのクリエイションを刺激する、ライブラリーの写真です。

床にはオーク材が使われていて、グロッシーな黒で塗られています。

  • 書棚
  • 奥に見える螺旋階段

は、光沢のあるシェラック(樹脂)を用いて仕上げられています。

このライブラリーは、床から天井まで書棚を設けています。

この書棚に、

  • ファッション
  • 映画
  • 歴史
  • アート

などの本が整理されています。

ライブラリーは、黒で統一した空間にオレンジの照明がアクセントになっています。

 

ソファーコーナー

ジョルジオ・アルマーニ07ソファーコーナー
「ELLE DECO No.128 2013年10月号」より

 

こちらは、ジョルジオ・アルマーニの館のソファーコーナーです。

ソファーコーナーは、エレガントなベージュを基調にまとめられています。

ソファーコーナーも、リビングルームの様にシンメトリーな構成になっています。

ソファーコーナーのカーペットも1980年代に購入したもので、中国のものです。

手前のサイドテーブルの上には、鉱物が置いてあります。

窓の外に見える緑が、眩しいです。

テーブルスタンド(照明)をたくさん置くことも、インテリアで大切なことです。

 

ダイニングルーム

ジョルジオ・アルマーニ08ダイニング・ルーム
「ELLE DECO No.128 2013年10月号」より

 

ジョルジオ・アルマーニがお気に入りの場所は、ダイニングルームです。

ダイニングルームは、ジョルジオ・アルマーニが家族や友人と親密な時間を分かち合う、特に愛すべき場所です。

ジョルジオ・アルマーニは、

愛情を込めて作られた料理を、美しくセットされたテーブルで囲むと、自然と会話が楽しいものになる

「ELLE DECO No.128 2013年10月号」p61より引用

と言っています。

ジョルジオ・アルマーニの館を見ると、家の中心はリビングルームからダイニングルームへと変わってきた様です。

そして、ジョルジオ・アルマーニ自邸にたくさんあったものは動物のオブジェでした。

今回掲載しなかったものも入れると、

  • カメレオン
  • ゴリラ
  • トラ
  • パンサー(2頭)

などがありました。

私は、ジョルジオ・アルマーニの意外な一面を垣間見た思いがしました。

 

参考文献

  • ELLE DECO No.128 2013年10月号
    Photos : Gionata Xerra

ジョルジオ・アルマーニについては、以下も参考にしてください。

ファッションデザイナーの家は、以下も参考にしてください。