ジョルジュ・ルパップ

ジョルジュ・ルパップのファッションイラストレーションを、まとめようと思いました。
しかし、ジョルジュ・ルパップについて詳しいことがわかりません。

 

ジョルジュ・ルパップ

ジョルジュ・ルパップ02ジョルジュ・ルパップ 1911年
「100 years of Fashion Illustration」より

ISBN978-1-85669-462-9

 

  • ジョルジュ・ルパップ
    「Les Choses de Paul Poiret」のプレート
    1911年

    ステンシル・プリント(ポショワール)

ジョルジュ・ルパップ(Georges Lepape)

  • 1887年 パリに生まれる(5月26日)
  • 1910年 Salon d’Automneに出展し、ポール・ポワレと出会う
  • 1911年 ポール・ポワレのパンフレット「Les Choses de Paul Poiret」を描く
  • 1917年 ポール・ポアレのモデルに沿って人形を制作
  • 1920年 パリの装飾美術館で「画家が見たファッション20世紀の展覧会」に参加
  • 1926年 アメリカのヴォーグからニューヨークに招待される
  • 1971年 死去(2月15日)

 

ポール・ポワレとジャン・パトゥ

1910年代のファッションイラストレーション02 ジョルジュ・ルパップジョルジュ・ルパップ 1911年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • ジョルジュ・ルパップ
    「Les Choses de Paul Poiret」のプレート
    1911年
    ステンシル・プリント(ポショワール)

ジョルジュ・ルパップは1910年、Salon d’Automneに出展しました。

そこで、ファッションデザイナーのポール・ポワレと出会いました。

ジョルジュ・ルパップは1911年に、ポール・ポワレのパンフレット「Les Choses de Paul Poiret」を描きました。

ジョルジュ・ルパップはファッションイラストレーションに、 「動き」を取り入れました。

「Les Choses de Paul Poiret」でジョルジュルパップは、

  1. モデルを大胆に見せる
  2. モデルを画面からはみ出させる
  3. モデルを読者に背を向けさせる

ようにしました。

ジョルジュ・ルパップはその後、ジャン・パトゥの仕事をしました。

 

ファッション雑誌での活躍

ポール・ポワレ03 ジョルジュ・ルパップジョルジュ・ルパップ 1911年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • ジョルジュ・ルパップ
    「Les Choses de Paul Poiret」のプレート
    1911年
    ステンシル・プリント(ポショワール)

ジョルジュ・ルパップは、ファッション雑誌でも活躍しました。

1926年にはアメリカのヴォーグからの招待で、6ヶ月間ニューヨークに滞在しています。

ジョルジュ・ルパップは、

  • Gazette Du Bon Ton
  • Harper’s Bazaar
  • Vanity Fair
  • Femina
  • Vogue
  • Les Feuillets d’Art

などの雑誌の表紙を手がけました。

 

広告や出版の仕事

ポール・ポワレ06 ジョルジュ・ルパップジョルジュ・ルパップ 1914年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • ジョルジュ・ルパップ
    「Le Collier Nouveau」
    ” Gazette du bon ton ” 1914年1月号
    ステンシル・プリント(ポショワール)

ジョルジュ・ルパップは戦後になると、広告や出版のために多くの仕事をしました。

ジョルジュ・ルパップは、

  • ポール・ジェラルディ
  • サシャ・ギトリ
  • アルフレッド・ルイ・シャルル・ド・ミュッセ
  • プラトン

など 30冊の本に挿絵を描いています。

 

まとめ

1930年代のファッションイラストレーション09 ジョルジュ・ルパップジョルジュ・ルパップ 1938年
「100 years of Fashion Illustration」より

 

  • ジョルジュ・ルパップ
    ” フレンチ・ヴォーグ ” と ” ブリティッシュ・ヴォーグ ” 1938年の表紙
    鉛筆

ジョルジュ・ルパップのファッションイラストレーションは、とても有名です。

しかしジョルジュ・ルパップについて、詳しいことは知られていないように思えます。

今回の記事を書くのに、海外のサイトを参考にしました。

日本でのファッションの研究は、とても遅れていると感じました。

世界的に見ても、20世紀初頭のイラストレーターの作品を一箇所で見つけるのは難しいようです。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+