3人の日本人のファッションイラストレーション

100years of Fashion Illustration」という本があります。
380ページにも及ぶ、分厚い本です。   

 

100years of Fashion Illustration

イラストレーション01「100years of Fashion Illustration」表紙より
ISBN978-1-85669-462-9

 

「100years of Fashion Illustration」には、1900年から2005年までに描かれたファッションイラストレーションが、大量に収められています。

以前このブログで紹介した、

のファッションイラストレーションも載っています。

他にもアンディ・ウォーホルのファッションイラストレーションが載っていて、興味深いです。

この本の中に、3人の日本人のファッションイラストレーションが載っていました。

今回は、この3人のファッションイラストレーションを紹介します。

 

3人のファッションイラストレーション

 

中原淳一

中原淳一02中原淳一 1960年
100years of Fashion Illustration 205ページ

 

1番目は、中原淳一です。

中原淳一

  • 1913年 香川県白鳥本町に生まれる(2月16日)
  • 1946年 独自の女性誌「それいゆ」を創刊
  • 1983年 死去(4月19日)

中原淳一は、

  • それいゆ
  • ひまわり
  • ジュニアそれいゆ

などの雑誌を発刊しました。

夢を忘れがちな時代の中で、女性に暮らしもファッションも心も「美しくあれ」と道筋を示しました。

日本の

  • ファッション
  • イラストレーション
  • ヘアメイク
  • ドールアート
  • インテリア

など、幅広い分野で時代をリードしました。

 

 

長沢節

長沢節01長沢節 1960年
100years of Fashion Illustration 211ページ

 

2番目は、長沢節です。

長沢節

  • 1917年 福島県会津若松市に生まれる(5月12日)
  • 1946年 スカートを履いて銀座を歩き、写真記事が掲載される
  • 1999年 死去(6月23日)

長沢節は、

  1. イラストレーター
  2. 水彩画家
  3. デザイナー
  4. エッセイスト
  5. ファッション評論家
  6. 映画評論家
  7. 「セツ・モードセミナー」創設者

などの肩書きを持っています。

長沢節は戦前に、中原淳一の推薦で女性誌「新女苑」でデビューしました。

  • それいゆ
  • ひまわり

に、イラストやエッセイを掲載していました。

装苑に映画評論の連載をしていて、独特な視点の映画評論とイラストレーションが面白かったです。

「セツ・モードセミナー」出身の有名人は、とても多いです。

 

ペーター佐藤

ペーターサトウ01ペーター佐藤 1980年
100years of Fashion Illustration 272ページ

 

3番目は、ペーター佐藤です。

ペーター佐藤

  • 1945年 神奈川県横須賀市に生まれる(11月5日)
  • 1965年 セツ・モードセミナーに入学
  • 1994年 死去(6月23日)

イラストレーター

ペーター佐藤の作品は、テレビやポスターなどで目にしたことのある方も多いでしょう。

1970年代にはエアブラシのテクニックで、一世を風靡しました。

エアブラシによる、美人画の画法を確立したと言われています。

1980年代になると、タッチの粗いパステルを使った人物画に力を注ぎました。

 

3人だけが掲載されている

3人を、順番に見てきました。

中原淳一、長沢節、ペーター佐藤のつながりがはっきり見えてきます。

100years of Fashion Illustrationには、多くのファッションイラストレーションが掲載されています。

その中で、日本人のファッションイラストレーションは、

  • 中原淳一
  • 長沢節
  • ペーター佐藤

この3人のファッションイラストレーションだけが、掲載されていました。

3人のファッションイラストレーションは、100年分の 数多くのファッションイラストレーションの中にあっても、時代を映しだし輝き続けていました。