写真で見る1990年代のファッション

1990年代のファッションは、大きな世代交代がありました。
1990年代の半ばに、新しいファッションデザイナーの台頭とブランドの閉鎖が重なりました。

 

ロメオ・ジリ

1990年代のファッション02 ロメオ・ジリコート ロメオ・ジリ 1991年春夏
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

ISBN978-3-8365-5719-1

 

  • コート
    ロメオ・ジリ
    1991年春夏
    黒いラフィアをレース編み
    フード付き
    コクーン・シルエットは、ロメオ・ジリの特徴的なシルエット
    ボリュームのあるコートも、レース編みで軽やかにみえる

ファッションデザイナーのロメオ・ジリは、1991年に自身の会社を再編成しました。

この数年後に、ロメオ・ジリのコレクションを見ることはなくなってしまいました。

 

ジャンニ・ヴェルサーチ

ジャンニ・ヴェルサーチ03ドレス ジャンニ・ヴェルサーチ 1991年春夏
「FASHION」より
ISBN978-1-4053-9879-4

 

  • ドレス
    ジャンニ・ヴェルサーチ
    1991年春夏
    モデル(左):リンダ・エヴァンジェリスタ
    モデル(右):シンディ・クロフォード

この写真には、スーパーモデルのリンダ・エヴァンジェリスタとシンディ・クロフォードの姿があります。

ファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチは、スーパーモデルの時代の先駆けとなりました。

 

ランバン

クロード・モンタナ02 ランバンアンサンブル・ジャケット ランバン 1991年秋冬
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」より
ISBN978-4-7661-2374-6

 

  • アンサンブル・ジャケット
    ランバン/クロード・モンタナ
    1991年秋冬
    シルクサテン
    ジャケットのフードと柔らかなドレープは着る人を引き立てる
    肩パッドにはウエストを細く見せる効果がある

ファッションデザイナーのクロード・モンタナは、1990年から1992年までランバンのオートクチュールを手がけました。

クロード・モンタナは、1997年に自身の会社を閉鎖しました。

 

ティエリー・ミュグレー

ティエリー・ミュグレー02コルセット ティエリー・ミュグレー 1992年春夏
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」

 

  • モーターサイクル・コルセット
    ティエリー・ミュグレー
    1992年春夏(写真は2007年のアニバーサリー・ショー)
    ジョージ・マイケルの「トゥ・ファンキー」にもフューチャーされた

ファッションデザイナーのティエリー・ミュグレーは、1990年代の前半に独創的なコレクションを発表しました。

しかしティエリー・ミュグレーは、1997年にクラランス社に買収されてしまいました。

 

イッセイ ミヤケ

クールカラー 紫07 イッセイミヤケコート イッセイ ミヤケ 1995年春夏
「FASHION 18世紀から現代まで」より
ISBN978-4-88783-282-4

 

  • コート
    イッセイ ミヤケ/三宅一生
    1995年春夏
    透明のポリエステル・モノフィラメント
    裏から同素材のパッチをアップリケ
    プリーツ加工

ファッションデザイナーの三宅一生は、1988年からプリーツへ取り組み始めました。

1999年に三宅一生は、デザインから引退しました。

 

ジャン=ポール・ゴルチエ

似ている服05 ジャン=ポール・ゴルチエドレス ジャン=ポール・ゴルチエ 1996年春夏
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • ドレス
    ジャン=ポール・ゴルチエ
    1996年春夏
    ナイロン・ネット
    紺とベージュのプリント

ファッションデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエは、1997年春夏からオートクチュールコレクションに参加しました。

2015年春夏コレクションを最後に、ジャン=ポール・ゴルチエはプレタポルテから撤退しました。

 

ヨウジヤマモト

1990年代のファッション03 ヨウジヤマモトドレス ヨウジヤマモト 1996年秋冬
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • ドレス
    ヨウジヤマモト
    1996年秋冬
    黒と白のフェルト
    黒いニットのアンダースカート

1990年代の初めファッションデザイナーの山本耀司は、売ることと作ることのギャップに悩んでいました。

 

クリスチャン・ディオール

1990年代のファッション04 ジョン・ガリアーノ(クリスチャン・ディオール)スーツとチョーカー クリスチャン・ディオール 1997年秋冬
「FASHION A History from the 18th to the 20th Century」より

 

  • スーツとチョーカー
    クリスチャン・ディオール/ジョン・ガリアーノ
    1997年秋冬オートクチュール・コレクション
    グレイのウール・ツイードのジャケットとスカート

    ジャケットの裾にパッド入り
    ロング・スカートは短いトレーンをひく
    チョーカーは濃淡のある銀色の輪が35段つながる

ファッションデザイナーのジョン・ガリアーノは、1996年から2011年までクリスチャン・ディオールのデザインを手がけました。

ジョン・ガリアーノは、1990年代のブランド・ブームを牽引しました。

 

マルタン・マルジェラ

マルタン・マルジェラ04ジャケット マルタン・マルジェラ 1998年春夏
「FASHION A History from the 18th to 20th Century」より

 

  • ジャケット
    マルタン・マルジェラ
    レーベル:(白い綿テープ)
    1998年春夏
    ベージュのポリエステル平織り
    袖付けを前方に配置
    縫製後にプレスをかけている

マルタン・マルジェラは、他のファッションデザイナーとは異なるアプローチの服を数多く作りました。

マルタン・マルジェラは、1997年から2003年までエルメスのデザインを手がけました。

 

グッチ

1990年代のファッション05 トム・フォード(グッチ)ドレスとブラジャー グッチ 1998年春夏
「FASHION A History from the 18th to 20th Century」より

 

  • ドレスとブラジャー
    グッチ/トム・フォード
    1998年春夏
    白いレーヨンとポリエステルの交織のワンピース・ドレス

    ドレスのストラップとブラジャーは黒革

トム・フォードは、1994年にグッチのクリエイティブ・ディレクターに就任しました。

見事にグッチを再生させトム・フォードは、2004年に退任しました。

 

プラダ

1990年代のファッション06 ミウッチャ・プラダ(プラダ)トップとスカート プラダ 1998年秋冬
「FASHION A History from the 18th to 20th Century」より

 

  • トップとスカート
    プラダ/ミウッチャ・プラダ
    1998年秋冬
    トップは白い絹シフォンとオーガンジー
    トップの内側に透明なプラスチックの板
    不織布のプリーツスカートにプラスチックの板をアップリケ

ミウッチャ・プラダは、1990年代にトレンドの牽引役として台頭しました。

ミウッチャ・プラダはその勢いを、21世紀になっても維持しています。

 

コム デ ギャルソン

1990年代のファッション07 川久保玲(コム デ ギャルソン)ブラウスとスカート、レギンス コム デ ギャルソン 1998年秋冬
「FASHION A History from the 18th to 20th Century」より

 

  • ブラウスとスカート、レギンス
    コム デ ギャルソン/川久保玲
    1998年秋冬
    白い綿ブロードのブラウス
    ブラウスの背ヨークにベージュのウールの芯地
    ベストとスカートの一部分は芯地
    紺のウールのプリーツスカート
    黒いジャージーのレギンス

ファッションデザイナーの川久保玲は、1996年に「ヴィジョネアー」のゲスト・エディターを務めました。

1990年代の半ばから、川久保玲の作風が変化しました。

 

ジバンシィ

アレキサンダー・マックイーン14 ドレス ジバンシィ 1999年秋冬
「装苑 2003年10月号」より

 

  • ドレス
    ジバンシィ/アレキサンダー・マックイーン
    1999年秋冬
    オートクチュール・コレクション

ファッションデザイナーのアレキサンダー・マックイーンは、1992年にセントラル・セント・マーチンズを卒業しました。

アレキサンダー・マックイーンは、1996年から2001年までジバンシィのデザインを手がけました。

 

同時代を書いた記事は、以下も参考にしてください。

他の時代のファッションは、以下を参考にしてください。