エーロ・アールニオ

フィンランド・デザイン展に、エーロ・アールニオの作品がたくさん展示してありました。
私は、エーロ・アールニオのジョーロを使っています。

 

エーロ・アールニオ

エーロ・アールニオ01エーロ・アールニオ
「Casa BRUTUS 超・椅子大全!」より
ISBN978-4-8387-8552-0

 

エーロ・アールニオ(Eero Aarnio)

  • 1932年 フィンランドのヘルシンキに生まれる(7月21日)
  • 1957年 インステテュート オブ インダスを卒業
  • 1962年 ヘルシンキに自分のスタジオを開設
  • 1968年 パスティルチェアがアメリカの工業デザイン賞を受賞

 

フィンランドの異色のデザイナー

エーロ・アールニオ02 ボールチェアボールチェア エーロ・アールニオ 1963年
「美しい椅子 5」より
ISBN4-7779-0304-4

 

  • ボールチェア
    エーロ・アールニオ
    1963年
    アスコ社(現在はアデルタで生産)
    FRP(ガラス繊維強化プラスチック)、布クッション

エーロ・アールニオは、フィンランドでは異色のデザイナーです。

エーロ・アールニオは造形力を駆使し、夢を実現のものとしています。

エーロ・アールニオの意図を表現するのに、プラスチックは打ってつけの素材でした。

 

プラスチック

エーロ・アールニオ03 パスティルチェアパスティルチェア エーロ・アールニオ 1967年
「美しい椅子 5」より

 

  • パスティルチェア
    エーロ・アールニオ
    1967年
    アスコ社(現在はアデルタで生産)
    FRP(ガラス繊維強化プラスチック)

プラスチックがなかったら、エーロ・アールニオの造形は実現が不可能です。

造形の自由度が高いプラスチックとの出会いが、以降のエーロ・アールニオの作風を決定しました。

 

ポニー

エーロ・アールニオ04 ポニーポニーのプロトタイプを手直しするエーロ・アールニオ
「Casa BRUTUS 超・椅子大全!」より

 

ポニーの誕生についてエーロ・アールニオは、

ポニーには物語がない。
ある日、急に「コレだ」と思いついたんだ。
フィンランド語には「椅子」を表すトゥオリという言葉のほかに、「座るところ」という意味のイストゥインという言葉もある。
これは石でも切り株でも、とにかく座るところだ。
「イストゥインはトゥオリの形じゃなくてもいいじゃないか」というのが発想のもと。
で、なんとなく馬の形になった。

「Casa BRUTUS 超・椅子大全!」p69より引用

と語っています。

 

子供を復活させる

エーロ・アールニオ05 ポニーポニー エーロ・アールニオ 1973年
「Casa BRUTUS 超・椅子大全!」より

 

  • ポニー
    エーロ・アールニオ
    1973年
    アデルタ
    ストレッチファブリック

「Casa BRUTUS 超・椅子大全!」によると、女性と子供は最初に必ずポニーの耳に触ります。

そして復刻版ポニーを買った最初の3人は、みんな弁護士だったそうです。

このことを聞いたエーロ・アールニオは、

そりゃ面白いね。
ポニーは子供のために作ったわけじゃないからね。
弁護士なんかはファンタジーの必要な仕事なのかもしれんな。
ポニーみたいな、ちょっと変な家具と過ごす時間は、自分の中の「子供」を復活させるんだと思うよ。

「Casa BRUTUS 超・椅子大全!」p70より引用

と言っています。

 

プラスチックのような色や形

エーロ・アールニオ06 ロケットロケットスツール エーロ・アールニオ 1995年
「北欧デザイン手帖」より
ISBN978-4-579-21019-0

 

  • ロケットスツール
    エーロ・アールニオ
    1995年
    アルテック
    オーク材

ロケットスツールは、オーク材でできています。

座面は木目が美しく見えるよう、ブラシでこすり浮かび上がらせた加工(うづくり仕上げ)が施されています。

しかしロケットスツールの、

はまるでプラスチックのようです。

エーロ・アールニオのデザインには、楽しさがあります。

 

まとめ

エーロ・アールニオ07 パピーパピー エーロ・アールニオ 2005年
「Casa BRUTAS 北欧デザインの名作と暮らす」より
ISBN978-4-8387-8936-8

 

  • パピー
    エーロ・アールニオ
    2005年
    マジス
    ポリエチレン

フィンランド・デザイン展で、子供達が楽しそうにエーロ・アールニオの椅子に座っていました。

その子供たちの姿を撮っているお母さんたちも、また楽しそうでした。

私はエーロ・アールニオのジョーロで、観葉植物に水をあげています。

そのときの私も、はたから見れば楽しそうでしょう。

エーロ・アールニオの作品を部屋に置いたら、インテリアの緊張感が程よく取れるでしょう。

私もひとつ、エーロ・アールニオの作品が欲しくなりました。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest