ドレスのトワルを組んでみました

読者のみなさん、こんにちは。
「服について。」の記事を、久しぶりに書いてみようと思います。

 

どんなドレスのトワルを組もうかな

ドレスのトワル02ドレスのデザイン画

 

「服について。」を更新していなかったとき、私は服を作ったりデザイン画を描いていました。

そのときに作成した

  • デザイン画
  • 服のサンプル

は、「ポートフォリオ」にアップしてあります。

興味のある方は、ぜひ「ポートフォリオ」をご覧ください。

更新していない「服について。」を見るたびに、私はなんだか寂しい気持ちになりました。

そろそろ「服について。」も、更新したい気持ちでいっぱいになってきました。

そこで、ドレスのトワルを組んで紹介しようと思ったわけです。

「どんなドレスのトワルを組もうかな?」と考えて、「佐藤真樹のデザイン画133枚目」のドレスを作ることにしました。

このドレスは、とてもシンプルなデザインです。

それでは、シンプルなドレスのトワルを組んでみましょう。

 

シンプルなドレスのトワルです

ドレスのトワル03ドレスのトワルの前

 

このシンプルなドレスは、前後の身頃2枚で構成されています。

ダーツは、どこにも取っていません。

私はもともと、ダーツをあまり取らないで服を作ってきました。

トワルの接ぎ目は、

  1. 脇線

の2箇所です。

衿ぐりに鉛筆の線が見えますが、この線は無視してください。

トワルの断ち切りの線が、衿ぐりの出来上がり線です。

私はトワルを組む前に、大まかな作図をします。

大まかな作図がある方が、修正したトワルを正確に平面に戻すことができるからです。

この作図で描いた衿ぐりが、トワルに描かれた鉛筆の線です。

トワルを組んだら、感覚的にシルエットを修正します。

そして、

  • 衿ぐり
  • 袖ぐり

などを決定します。

 

V字型の袖ぐり

ドレスのトワル04ドレスのトワルの脇側

 

今回、このワンピースでやってみたかったディテールが2つあります。

その2つのディテールとは、

  1. ボートネック
  2. V字型の袖ぐり

です。

V字型の袖ぐりは、

に見られます。

V字型の袖ぐりを目にするたびに私は、「いつかV字型の袖ぐりを取り入れてみたい」と思っていました。

 

まとめ

ドレスのトワル05ドレスのトワルの後ろ

 

シンプルな服のトワルを組むと、良くも悪くも個性が出やすいと思いました。

私はシンプルな服をデザインするたびに、「簡単だけれども、誰も真似のできない服にしたい」と思います。

このドレスが完成したら、「ポートフォリオ」で紹介します。

そのときは、ぜひご覧ください。

 

ドレスが完成しました(4月2日)。

完成したドレスは、「青いワンピースドレスのサンプル」で紹介しています。

 

それから、みなさんからのメッセージは大変励みになります。

良かったら、お気軽にメッセージをお送りください。

メッセージは、「お問い合わせページ」からお願いします。