ダナ・キャラン ニューヨークの隠れ家

ファッションデザイナーの住まいには、個性が表れています。
今回はダナ・キャランの、ニューヨークにある住まいを見てみましょう。

 

ダナ・キャラン

ダナ・キャラン02 ニューヨークの隠れ家ダナ・キャラン
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

ダナ・キャラン(Donna Karan)

  • 1948年 ニューヨークに生まれる(10月2日)
  • 1985年 夫のステファン・ワイスと「ダナ・キャラン・ニューヨーク」を設立
         米国ファッション評議会(CFDA)「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
  • 2015年 退任

ダナ・キャランはセントラルパークの西側の、アール・デコ様式の建物が残っているエリアに住んでいます。

この写真は、ダナ・キャランの家のダイニングルームの窓際の様子です。

白黒の写真と窓の外の植物とが、とてもいい対比を作り出しています。

こんな窓際のソファに座ったら、いい風が吹いてきそうです。

 

ダイニングルーム

ダナ・キャラン03 ニューヨークの隠れ家ダイニングルーム
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

このダイニングルームはダナ・キャランが、

  1. 仕事の打ち合わせをする
  2. 家族が訪ねて来たときに、楽しい時間を過ごす

場所になっています。

グラマラスな雰囲気を添えるため、ベンチには金箔が貼られています。

金箔が貼られたベンチは、普通では浮いてしまいそうです。

しかしこのダイニングルームの中では、ベンチがよいアクセントになっています。

  • テーブル
  • 花器
  • クッション

の黒と金箔が見事にコーディネートされています。

この写真の左に、窓際があります。

 

リビングルーム

ダナ・キャラン04 ニューヨークの隠れ家リビングルーム
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

日差しが注ぐリビングルームは、

  • 石灰華(トラバーチン)
  • チーク材

といった上質な素材を使ってモノトーンに仕上げられています。

アジアンテイストのローテーブルは、

  • 光沢のある部分
  • マットな部分

を使い分けています。

蘭の花や壁にかけられた絵が、アジアンテイストを演出しています。

左奥に、ダイニングルームが見えます。

リビングルームの左側には、テラスへ続いているローボードがあります。

 

テラス

ダナ・キャラン06 ニューヨークの隠れ家テラス
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

ダナ・キャランの隠れ家を設計したのは、デザインスタジオ「Bonetti/Kozerski」です。

彼らはテラスとリビングルームを一体化させ、空間に広がりをもたせました。

ガラス扉で隔てられた内と外を、石灰華(トラバーチン)のボードで繋いでいます。

石灰華でできたテラスの床が室内へと延び、

  • ベンチ
  • ローボード

になっています。

テラスの植物と高層ビルを同時に見ると、この家が都会の隠れ家だということがよくわかります。

 

バスルーム

ダナ・キャラン05 ニューヨークの隠れ家バスルーム
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

こちらは、ダナ・キャラン邸のバスルームの写真です。

バスルームと洗面所には仕切りがなく、オープンな作りになっています。

無垢のチーク材の椅子に、

  • ラグ
  • タオル

をかけています。

モノトーンの空間は、隣の建物さえも絵のように見せてくれます。

 

寝室

ダナ・キャラン07 ニューヨークの隠れ家寝室
「ELLE DECO No.106 2010年2月号」より

 

こちらは、ダナ・キャランの家でただひとつの寝室です。

二人の建築家チームの「Bonetti/Kozerski」は、廃材だった無垢のチーク材を熱処理して家具を作りました。

ゲスト用の寝室はないので子供や孫たちが来ると、ラウンジエリアが寝室になります。

ダナ・キャランの言葉を、以下に引用します。

” The park is my reason for living here.
I love the contrast of the light and green
against the buildings. It’s magical “

私がここに住む理由は公園があるから。
ビル街に陽が差して緑があるという、そのコントラストが好き。
魔法みたいな光景だわ。

「ELLE DECO No.106 2010年2月号」p103より引用

カール・ラガーフェルド邸もそうでしたが、都会の建物から見える植物は美しさを感じさせてくれます。

心地よい住宅には、美しい街並みも必要ということでしょうか。

 

参考文献

  • ELLE DECO No.106 2010年2月号
    Photos : Richard Powers

ダナ・キャランについては、以下も参考にしてください。

ファッションデザイナーの家は、以下も参考にしてください。