ダナ・キャラン

私は以前、ダナ・キャランのニューヨークの家について書いたことがあります。
しかし私は、ダナ・キャランの服についてはほとんど知らないのでした。

 

ダナ・キャラン

ダナ・キャラン02ダナ・キャラン
「ELLE DECOR No.106 2010年2月号」より

 

ダナ・キャラン(Donna Karan)

  • 1948年 ニューヨークのクイーンズに生まれる(10月2日)
  • 1966年 パーソンズ・スクール・オブ・デザインに入学
  • 1968年 パーソンズ・スクール・オブ・デザインを中退
         アン・クラインのもとで働き始める
  • 1971年 アソシエート・デザイナーに昇格
  • 1974年 アン・クラインの逝去に伴いルイス・デロリオと共同でヘッド・デザイナーに抜擢
  • 1977年 ルイス・デロリオと共にコティ賞受賞
  • 1981年 ルイス・デロリオと共にコティ賞受賞
  • 1985年 夫のステファン・ワイスと「ダナ・キャラン・ニューヨーク」を設立
         米国ファッション評議会(CFDA)「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
  • 1988年 セカンドライン「DKNY」を立ち上げる
  • 1990年 CFDA「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
         「DKNY ジーンズ」を設立
  • 1991年 「ダナ キャラン メン」を設立
  • 1992年  CFDA「メンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
         「DKNY メン」を設立
  • 1997年 CFDA「ウィメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
  • 2000年 LVMHの傘下に入る
  • 2001年 夫のステファン・ワイス死去(6月9日)
  • 2015年 退任

 

ダナ・キャランの機能的な服

ダナ・キャラン03アンサンブル ダナ・キャラン 1986年秋冬
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」より
ISBN978-4-7661-2374-6

 

  • アンサンブル
    ダナ・キャラン
    1986年秋冬
    動きまわる日でも着心地がすばらしい

ダナ・キャランは、女性にとって機能的な服を生み出しました。

ダナ・キャランは、次の様に語っています。

やることが山ほどあるからこそ、すべてをシンプルにしたかった。
生活、服装、移動手段、物事のやり方、そして、生きることそれ自体を。
女性が「この服にはどんな靴を合わせたらいいのか?このアイテムにはどんな服が似合うか?」などといちいち確認しなければ服選びをしなければならないなんておかしい。
女性が求めているのはトータルな提案なのだ。

「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」p66より引用

 

ダナ・キャランのターゲット

ダナ・キャラン04服:ダナ・キャラン 2002年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

ISBN978-3-8365-5724-5

 

  • ダナ・キャラン
    PHOTOGRAPHY : BARNABY ROPER
    STYLING : DAVID LAMB
    2002年10月

ダナ・キャランが生み出したのが、「上手に着まわしできる7つのアイテム」でした。

「7つのアイテム」とは、女性が昼から夜まで着ていても肩の凝らない服を目指したものでした。

ダナ・キャランは1980年代後半から1990年代前半にかけて、「7つのアイテム」のコンセプトをさらに改良して拡充しました。

ダナ・キャランがターゲットとしたのは、

  • 念入りに服を選ぶ時間がない
  • モデル体型ではない

キャリアウーマンでした。

 

ダナ・キャランの服の特徴

ダナ・キャラン05服:ダナ・キャラン 2004年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • ダナ・キャラン
    PHOTOGRAPHY : SATOSHI SAIKUSA
    STYLING : HAVANA LAFFITTE
    MODEL : DARIA
    2004年5月

ダナ・キャランの服は、ゆったりとしたニット素材を多用しています。

ダナキャランは多くの女性がコンプレックスを抱える、

  • 腹部
  • ヒップ

といった部分をカバーするようにデザインしました。

またコーディネートしやすいように、各アイテムは単色でまとめられています。

そしてシーズンごとに投入される単色の新アイテムは、前シーズンのものとうまく合わせることができます。

 

まとめ

ダナ・キャラン06服:ダナ・キャラン 2008年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • ダナ・キャラン
    PHOTOGRAPHY : DANIEL JACKSON
    STYLING : MARIE CHAIX
    MODEL : TONI GARN
    2008年3月

アメリカのファッションデザイナーらしく、ダナ・キャランは合理的です。

そして女性のファッションデザイナーらしく、ダナ・キャランは女性が求める服をデザインしました。

ダナ・キャランは、クレア・マッカーデルに似ていると私は思いました。

ダナ・キャランは「7つのアイテム」を生み出し、クレア・マッカーデルは「セパレーツ」を提案しました。

この二人のアメリカの女性ファッションデザイナーは、着やすくて着る人の悩みを解決する服をデザインしました。

 

ダナ・キャランについては、以下も参考にしてください。