cool colors 緑 服とインテリア

インテリアの緑は、ほとんどが観葉植物になってしまいます。
緑の服を見かけることは、あまりありません。

 

クールカラー 緑01 インテリア緑の植物
「cool colors」より
ISBN978-1-84400-523-9

 

緑は、気持ちをリラックスさせてくれる色です。

リラックスさせてくれる色だからこそ、服に使うのは難しいのです。

緑の服を着ると、緊張感がなくなってしまいます。

緑は服にしたときに野暮ったいというか、デリカシーがない印象になりがちです。

真夏に緑のポロシャツを着ている人を見ると、そんな気分になりませんか?

インテリアに使うにしても、緑は好き嫌いが分かれそうです。

緑の使い方は、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

緑のバスルーム

クールカラー 緑02 インテリア緑のバスルーム
「cool colors」より

 

こちらは、緑のバスルームです。

水回りの色は、白や青のイメージがあります。

水回りには、清潔感のある色が多く使われます。

緑の水回りは、とても珍しいです。

何か、あたたかさを感じます。

このバスルームは、不思議に見えます。

タイルの汚れが緑に同化していて、いい味を出しています。

しかし潔癖症な人には、このバスルームはきついことでしょう。

好き嫌いはあるでしょうが、とても面白いバスルームです。

 

緑の庭

クールカラー 緑03 インテリア緑の庭
「cool colors」より

 

違和感なしに緑を取り入れるには、庭に植物を植えるのが一番いい方法です。

庭がなくても屋内やベランダに観葉植物を飾れば、手軽に緑を取り入れることができます。

部屋に植物を飾ってみる」にも書きましたが、植物のある生活は楽しいものです。

気候の良い季節に、植物のある庭で過ごすのは楽しそうです。

残念なことに最近は、気候の良い時期が短くなってしまいました。

そんなときは植物を飾った屋内で、のんびり過ごすのも良いものです。

植物の緑の、特別な効果です。

 

緑の部屋

クールカラー 緑04 インテリア緑の部屋
「cool colors」より

 

この部屋は、暗い緑の壁と明るい緑のソファーが効いています。

他に、植物や小物に緑を取り入れています。

緑に合う色は、なんでしょうか?

この写真を見ても、木の色は緑にとても合っています。

自然の組み合わせなので、当然でしょうか。

他には緑には、白と黒が似合います。

そういえば、植物を植えるとき白や黒のプランターを使うことが多いです。

白は、緑を明るく柔らかい雰囲気にしてくれます。

黒は、緑に緊張感をプラスしてくれます。

この部屋の壁は、よく見るとレンガでできています。

 

緑のカーテン

クールカラー 緑08 インテリア緑のカーテン
「cool colors」より

 

光を通すこんな緑のカーテンを取り入れると、暖かみがあってリラックスできる部屋になりそうです。

透過性のあるカーテンは植物と同じで、インテリアにカラーを取り入れるのに便利です。

「cool colors」には、光を通すカーテンがたくさん登場します。

日本の住宅でもカーテンの使い方のバリエーションが増えると、もっと楽しくなりそうです。

 

緑の椅子

クールカラー 緑09 インテリア ロナン&エルワン・ブルレック椅子 ロナン&エルワン・ブルレック 2008年
「ELLE DECOR No.113 2011年4月号」より

 

  • 椅子(ベジタル)
    ロナン&エルワン・ブルレック
    2008年
    植物が成長して椅子になったらどのようなデザインになるのか?
    そんな思いを形にした椅子
    ポリアミド樹脂
    W606×D577×H783、SH430
    ヴィトラ社

ベジタルは脚部から背面に向かって細部にまで計算されたパーツ一つ一つが、どの方向から眺めても美しい輪郭を描いています。

「ELLE DECOR No.113 2011年4月号」p109には、

  • 癒しの色、グリーンは取り入れやすいカラー。
  • 庭やテラスに置いても周りになじむし、木製家具とも相性がいいから試してみよう。

とあります。

 

緑の布

クールカラー 緑05 イヴ・サンローランの布イヴ・サンローランの緑の布
「YVES SAINT LAURENT」より
ISBN978-0-8109-9608-3

 

イヴ・サンローランのアトリエには、様々な色のスワッチがあります。

イヴ・サンローランは、色使いがとてもうまいファッションデザイナーでした。

このスワッチには、オリーブやカーキまで混ざっています。

以前、私は日暮里で緑の麻布を買ったことがありました。

この布は、Y’sの残布でした。

麻布は、くすんだ緑で悪目立ちする色ではありませんでした。

この麻布を使って私は、ジャケットとショートパンツのセットアップを作りました。

ジャケットは折伏せ縫いにして、とてもよくできました。

私は緑の服を作ったことがないと思っていましたが、実際には作ったことがありました。

ブログを書くと、色々なことを思い出すものです。

 

緑のボタン

クールカラー 緑06 ボタン緑のボタン
「THE BOOK OF BUTTONS」より
ISBN0-86318-843-5

 

緑のボタンは、意外に多く見つかりました。

写真のボタンは、天然素材を緑に塗ったものが多いです。

緑のボタンを付けるのは、どんな服がいいでしょうか?

ボタンの色から、服のデザインを発想するのも面白そうです。

 

緑の服

クールカラー 緑07 イヴ・サンローランドレス イヴ・サンローラン 1986年春夏
「YVES SAINT LAURENT」より

 

  • ドレス
    モデル:アーン・ドゥオン
    黒のギピュール・レースと緑の絹ファイユのドレス
    1986年春夏オートクチュールコレクション
    写真:デイビット・セイドナー

イヴ・サンローランは、緑のドレスをドラマティックに作りました。

この写真からは、緊張感が伝わってきます。

ドレスに使われている、絹ファイユの効果でしょうか。

布地の選択によって、色の選択肢は飛躍的に広がりそうです。

 

cool colors シリーズは、以下も参考にしてください。

緑の服については、以下も参考にしてください。