構築的なフォルム クロード・モンタナ

文化服装学院で、立体裁断の試験がありました。
課題は、クロード・モンタナがデザインしたランバンの服でした。

 

クロード・モンタナ

クロード・モンタナ02 ランバンクロード・モンタナによるランバン1991年秋冬コレクション
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」

ISBN978-4-7661-2374-6

 

  • アンサンブル・ジャケット
    シルクサテン
    ジャケットのフードと柔らかなドレープは着る人を引き立てる
    肩パッドにはウエストを細く見せる効果がある

クロード・モンタナ

  • 1949年 フランスのパリに生まれる(6月29日)
  • 1971年 渡英
         ジュエリーデザイナーとしてキャリアをスタート
  • 1972年 パリに戻る
         「マック・ダグラス」にレザー製の服のデザイン
  • 1973年 ミシェル・コスタとのコラボレーション
         レザー製既製服のデザイン
  • 1979年 「クロード・モンタナ」レディースコレクションを立ち上げる
  • 1981年 「モンタナ・オム」発表
  • 1983年 モンタナ・ブランドのブティックをオープン
  • 1990年 ランバンのオートクチュールを手がける
         (1992年まで)
  • 1993年 モデルのウォーリス・フランケンと結婚
  • 1996年 ウォーリス・フランケンと死別
  • 1997年 自ら経営する会社を閉鎖、破産
  • 1999年 ディフージョン・ラインの「モンタナ・ブルーブランド」を立ち上げる
         売り上げが伸びず、閉鎖

 

クロード・モンタナのスタイル

クロード・モンタナ03クロード・モンタナ スーツ 1990年
「FASHION History from the 18th to the 20th Century」
ISBN978-3-8365-5719-1

 

  • スーツ
    ピンストライプのウールフラノ
    ジャケットとスカート

 

クロード・モンタナは、80年代を代表するファッションデザイナーです。

80年代のファッションを思い浮かべたとき、クロード・モンタナのスタイルを思い出す人は多いでしょう。

クロード・モンタナの特徴

  1. 誇張された肩
  2. 大きくドラマティックな衿
  3. 絞ったウエスト
  4. レザー使いの多用
  5. 豊かな色使い
  6. ソフトで構築的なフォルム
  7. 観客を冷たく突き放すモデル

クロード・モンタナは、
「現代女性は窮屈な思いをせずに理想の体型を手に入れたいはず。」
との思いから、コルセットは使っていません。

 

構築的なフォルム

クロード・モンタナ05クロード・モンタナ
M2M「GOLDEN EIGHTIES」より

 

話を最初に戻します。
立体裁断の試験の課題のデザインは、1枚目の写真のアンサンブル・ジャケットのバリエーションでした。
シャツ衿が付いた、デザインでした。

学生の私は、非構築な服を作っていました。
クロード・モンタナのように、構築的には作れません。
上辺をなぞっただけの、散々なトワルができました。

25年がたった今でもときどき、頭の中でこのトワルを組んでいることがあります。
強烈に、印象に残っているのです。

 

まとめ

クロード・モンタナ04クロード・モンタナのコレクション
M2M「Anti Fashion」より

 

80年代のパリ・コレで、クロード・モンタナは常に人気上位のファッションデザイナーでした。
好き嫌い関係なく、当時の学生は影響を受けたはずです。

80年代のイメージが強烈だったためにクロード・モンタナは、90年代の終わりにはファッションデザイナーのキャリアに終わりを告げます。

時代を象徴したファッションデザイナーほど、デザイナー生命が短いとも言えます。

80年代に大活躍した多くのファッションデザイナーが、表舞台から消えてしまいました。
ファッションビジネスの難しさを、実感じます。

永く服を作っているファッションデザイナーと、短命に終わるファッションデザイナーの違いは何でしょうか?

ファッションデザイナーについて書き続けることで、この違いが浮き彫りになることを期待します。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+