シャネル

シャネルについて書かれた本や映画はたくさんあります。
しかし本を読み、映画を見てもシャネルについての謎は深まるばかりです。

 

シャネル

シャネル01シャネル
「華麗なるオートクチュール」展図録より

 

シャネル

  • 1883年 誕生(8月19日)
  • 1910年 パリのカンボン通りで帽子店を開く
  • 1914年 ドーヴィルに開店
        第一次世界大戦始まる(1918年まで)
  • 1915年 クチュリエールとしてデビュー
  • 1916年 ピアリッツにオートクチュールの店を開く
  • 1920年 カンボン通りに店を拡張
  • 1921年 香水「No.5」発売
        フォーブル・サントレノ29番地に居を構える
  • 1924年 香水会社「シャネル」創設。社長となる
  • 1928年 ツィードを開発し、最初のツィードスーツを発表
  • 1929年 アクセサリー部門を開く
  • 1931年 ミシアと共にハリウッドへ渡る
  • 1934年 ホテル・リッツに居を移す
  • 1936年 人民戦線の勝利
        シャネル店もゼネスト
  • 1939年 クチュール部門を閉める
        第二次世界大戦始まる(1945年まで)
  • 1940年 パリ陥落
  • 1944年 スイスへ亡命
  • 1953年 店を再開する決心をしてパリに戻る
  • 1954年 カムバック第1回のコレクションを発表
  • 1956年 ツィードにブレードのついたスーツを発表
  • 1958年 パリオートクチュール組合を脱退
  • 1970年 香水「No.19」発売
  • 1971年 死去(1月10日)

 「獅子座の女シャネル」より
ポール・モラン著 秦早穂子訳 文化出版局
ISBN978-4-579-30055-6

 

特にシャネルの幼少期から、帽子店を開くまでの事柄は、映画や本によって違った描かれ方をしています。

 

 「マドモアゼル シャネル」展

シャネル02左:スーツ1960年ころ 右:スーツ1963年春
「華麗なるオートクチュール」展カタログより

 


  • スーツ
    シャネル
    1960年ころ
    ジャケットとスカートは、ピンクのアンゴラウールのツイード
    ジャケットとスカートは共に、同色の絹で縁飾り
    ブラウスは多色でむら染めされた絹タフタ
    衿もとで結ぶ、共地のタイ付き

  • スーツ
    シャネル
    1963年春
    ジャケットと細身の「エプロン」スカートは、象牙色のローシルク
    揃いのブラウスは、チャイナシルク
    重ねられたスカートの効果は、ジャケットの衿、折り返し、ポケット、カフスで繰り返される

1990年11月20日〜12月22日。

渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで、「マドモアゼル シャネル」展が開催されました。

シャネルのインタビュー映像が流れていました。

「香水をつけない女はダメよ!赤ちゃんならいい香りがするけれど、大人はいい香りなんかしないんだから。」

「膝小僧なんて醜いところを出しちゃだめ!」

と、シャネルはタバコを吸いながら言っていました。

このときから約20年間、私の中でシャネルは「ファッション界のご意見番」というイメージになりました。 

しかし最近、シャネルの作品を見る機会が増え、ファッションデザイナーとしてのシャネルを再発見しています。

 

モードは芸術ではない。技術である。 

シャネル03「モードとインテリアの20世紀」展より

 

シャネルの服作りについての言葉を読むと、「技術」がしっかりしたファッションデザイナーであることがよくわかります。 

技術に関するシャネルの言葉を、引用してみましょう。

どのおんなも、同じ腕の太さではないし、肩のつき具合も違う。
しかし、すべてのポイントは肩にあるのだ。
一枚の服が、肩でちゃんときまっていないとすれば、どこもかしこもくるいがくる。

前身頃は動かないが、背中は動く。
そのこともポイントでもある。
太った女が狭い背中をしていたり、やせた女が広い背中をしている。
少なくとも、背中には、10センチのゆとりがないといけない。
折り曲げたり、ゴルフをしたり、靴をはいたり、あらゆる運動を予測しておかなければならない。

「獅子座の女シャネル」文化出版局P71より引用 

最近のアパレル業界では、「技術」が忘れられる傾向にあります。

「モードは芸術ではない。技術である。」

「獅子座の女シャネル」文化出版局P218より引用

シャネルのこの言葉を、胸にきざみたいものです。

 

シャネルについては、以下も参考にしてください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest