アール・デコ・スタイルを調べました

1910年代になると、有名なファッションデザイナーがたくさんデビューしました。
同じ時代に流行した、アール・デコ・スタイルとは一体どんなものでしょうか?

 

アール・デコ

アール・デコ・スタイル02 ルシアン・ルロン ジャン・パトゥ作者不詳 1926年
「100years of Fashion Illustration」より
ISBN978-1-85669-462-9

 

  • イラストレーション
    作者不詳
    「ジャン・パトゥとルシアン・ルロンのスポーツウェア」
    ” Art,gout,beaute ” 1926年2月号

アール・デコは、

  • ヨーロッパ
  • アメリカ合衆国(ニューヨーク)

を中心に、1910年代半ばから1930年代にかけて流行しました。

  1. 直線
  2. 幾何学図形

をモチーフにした、簡素な表現が特徴の一つです。

1925年に、パリ装飾芸術博覧会が開催されました。

パリ装飾芸術博覧会は、「アール・デコ展」と言われました。

この略称にちなんで、「アール・デコ」と呼ばれるようになりました。

 

アール・デコ・スタイル(1910-1930年ころ)

アール・デコ・スタイル03 マリアノ・フォルチュニィドレス 1910-20年代 マリアノ・フォルチュニィ
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • ドレス
    マリアノ・フォルチュニィ
    古代ギリシア風ドレス「デルフォス」
    体になだらかに添う絹地の細やかなプリーツが特徴
    コルセットを使用せず、あるがままの女性の体を美しく見せた

「西洋服装史Ⅱ スタイルとディテイル」展ではアール・デコ・スタイルに、マリアノ・フォルチュニィのドレスが展示してありました。

 

1910年代のスタイル

アール・デコ・スタイル04 ジャンヌ・ランバンイヴニング・ドレス 1920年代 ジャンヌ・ランヴァン
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • イヴニング・ドレス
    ジャンヌ・ランバン
    1910年代のスタイルを引き継いだドレス
    丈長で直線的なスタイル
    真珠貝のスパングルと極小のパール
    オリエンタルな文様を表している

アール・デコ・スタイルへ

1900年代後半になると、コルセットで締め付けられていたウエストが解放されました。

1910年代には、誇張のないシルエットが主流となりました。

ウエストラインは、やや高い位置に置かれました。

スカートは大きく広がらず、ほっそりとした直線的なシルエットになりました。

 

1920年代のスタイル

アール・デコ・スタイル05 ジャンヌ・パキャンイヴニング・ドレス 1925年ころ ジャンヌ・パキャン
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • イヴニング・ドレス
    ジャンヌ・パキャン
    ダンス・ブームと呼応して、動きを強調するカッティングや装飾が追求された
    ビーズ刺繍が流行し、専用のミシンも登場した

第一次世界大戦(1914-1918年)は、女性の社会的自立を促進する契機となりました。

ジャズが流行し、タンゴやチャールストンなどダンス熱が高まりました。

新興成金が以前からの富裕層と入り交じり、さまざまな新ルールが適用されるようになりました。

風俗や、服飾流行のライフサイクルは短くなりました。

 

女性の姿の変化

アール・デコ・スタイル06イヴニング・ドレス 1920年代中ころ
「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」より

 

  • イヴニング・ドレス
    1920年代には、金のラメ糸が多用された
    これは日本の蒔絵に見られる、金の効果的な使い方を模したものと見なされている

そして、女性の姿も変わりました。

その変化とは、

  1. ふっくらした結い髪は、ショートヘアーに変わりました。
  2. 裾をひいていたドレスは、膝丈へと短くなりました。
  3. 成熟した豊満な女性美に代わり、若々しいスリムさが理想化されました。

過剰な装飾は排除され、機能的でシンプルなドレスが主流となりました。

基本的なスタイルは、

  1. 直線的な筒型
  2. ウエストを細くしない
  3. 通常より低い位置にあるウエスト

が特徴でした。

この体の線を強調しないスタイルは、アール・デコ・スタイルとして認識されるようになりました。

このころ、

 

靴の重要性が増した1920年代

アール・デコ・スタイル07 靴パンプス 1920-30年代 アンドレ・ペルージア
「FASHION 18世紀から現代まで」より

 

  • パンプス
    アンドレ・ペルージア
    シルバー・ラメのブロケード。
    Tストラップ。
    ボタン。

1920年代になりスカート丈が膝まで上がると、靴の重要度が増しました。

それに伴い靴職人とは一線を画した、靴デザイナーが登場しました。

アンドレ・ペルージアは、1918年にポール・ポワレのために靴をデザインして名を広めました。

 

アール・デコのヒール

アール・デコ・スタイル02 ヒールヒール 1925年ころ
「FASHION 18世紀から現代まで」より

 

  • ヒール
    作者不詳
    木にエナメルや樹脂加工。
    ラインストーンなど装飾。

ヒールにも、アール・デコ・スタイルの装飾が施されています。

 

アール・デコ・スタイル(1910-1930年ころ)の出来事

  • 1910年 ポール・ポワレ、ホブル・スカートを発表
         シャネル、カンボン通りに帽子店を開く
  • 1911年 ポール・ポワレ、パリ・クチュール組合設立
         パリ・コレクションの開始
  • 1912年 マドレーヌ・ヴィオネ、メゾン開設
         ジャン・パトゥ、メゾン「Parry」を開設
  • 1914年 第一次世界大戦(1918年まで)
  • 1915年 クリストバル・バレンシアガ、スペインにメゾン開設
  • 1916年 シャネル、ジャージーを使ったドレスを発表
  • 1917年 ロシア革命起こる
  • 1918年 ヴェルサイユ条約締結により、第一次世界大戦終結
         イギリス議会で婦人参政権が認められる
         マリアノ・フォルチュニィ、メゾン開設
  • 1919年 グロピウス(独)、ワイマールにバウハウスを創設
         ルシアン・ルロン、メゾン開設
  • 1920年 国際連盟成立
         オート・クチュール協会、意匠登録のため写真記録を開始
  • 1922年 マグリット(仏)、小説「ラ・ギャルソンヌ」発表
         このころ、レーヨン製品普及
  • 1925年 パリで装飾芸術博覧会(アール・デコ展)が開催
  • 1927年 リンドバーグ(米)、大西洋無着陸横断飛行に成功
  • 1929年 ニューヨーク株価大暴落、世界恐慌起こる

同時代のことを書いた記事に、

があります。
参考にしてください。

参考文献は、

  • 「FASHION 18世紀から現代まで」ISBN978-4-88783-282-4
  • 「文化学園服飾博物館コレクション ヨーロピアン・モード」

です。

スタイルの年代区分は、「西洋服装史Ⅱ」に準じています。

ヨーロッパのファッション・スタイルは、以下も参考にしてください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+