アレキサンダー・マックイーン

アレキサンダー・マックイーンは、私と同世代でした。
アレキサンダー・マックイーンの仕事の一部を、見ていきましょう。

 

アレキサンダー・マックイーン

アレキサンダー・マックイーン02アレキサンダー・マックイーン
「ヴィジョナリーズ」より
ISBN978-4-86020-148-7

 

  • PHOTOGRAPHY : ANNE DENIAU

アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)

  • 1969年 ロンドンで生まれる(3月17日)
  • 1985年 サヴィル通りのアンダーソン&シェパードに弟子入り
  • 1987年 ギーブス&ホークスに移る
  • 1988年 立野浩二のアシスタント
  • 1989年 ロメオ・ジリのアシスタント
  • 1992年 セントラル・セント・マーチンズを卒業
  • 1996年 ロンドンコレクションに初参加
         ジバンシィのデザイン・ディレクターに就任(-2001年)
  • 1997年 ビョークのアルバム「ホモジェニック」の衣装をデザイン
  • 2000年 グッチ・グループの後援で自身のメゾンを設立
  • 2003年 大英勲章第3位を授与される
  • 2004年 オーダーメイドのメンズ・ブランドを立ち上げる
  • 2005年 プーマと組んでフットウェア・コレクションを作る
  • 2006年 デニムをベースにしたディフージョン・ラインを立ち上げる
  • 2007年 サムソナイトと旅行鞄を作る
  • 2010年 死去(2月11日)

 

同世代ということ

アレキサンダー・マックイーン03ドレス アレキサンダー・マックイーン 2006年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より
ISBN978-3-8365-5724-5

 

  • PHOTOGRAPHY : EMMA SUMMERTON
    FASHION DIRECTOR : EDWARD ENNINFUL
    MODEL : CLAUDIA SCHIFFER
    2006年9月

同世代のファッションデザイナーの作品を見るとき、どうしても厳しい目で見てしまいます。

アレキサンダー・マックイーンがデビューしたときも、そうでした。

ジャーナリストは大変評価しているようだけれど、私は厳しく見てしまいました。

 

テーラリング

アレキサンダー・マックイーン05アレキサンダー・マックイーン
「ヴィジョナリーズ」より

 

デビュー当時のアレキサンダー・マックイーンは、「サヴィル・ロウ仕込みのテーラリング技術」が売りのひとつでした。

アレキサンダー・マックイーンが売りにしたというよりも、マスコミがこのように紹介しました。

私は、アレキサンダー・マックイーンの初期の作風を、

  • 勢いがある
  • やりたいことはわかる
  • しかしまとめる力(構成力)がいまひとつ

と見ていました。

構成力不足によって、テーラリング技術が生かされていないと思っていました。

 

オオヤ君

アレキサンダー・マックイーン04サイバー・シック アレキサンダー・マックイーン 1999年秋冬
「もっとも影響力を持つ50人のファッションデザイナー」より
ISBN978-4-7661-2374-6

 

  • サイバー・シック
    ジバンシィ
    1999年秋冬

私が装苑賞に応募していたとき、オオヤ君という学生がいました。

すごくダイナミックなデザイン画を描き、作品もみんながびっくりするものを作っていました。

第65回装苑賞(1991年)で、佳作1位を受賞しています。

上の写真の作品を見たとき、オオヤ君の作品を思い出しました。

アレキサンダー・マックイーンよりも、8年も前の作品です。

装苑賞を受賞した作品は、紹介される機会がよくあります。

しかし佳作の作品は、闇に葬られている感じです。

残念です。

アレキサンダー・マックイーンは、ジバンシィの創設者には実質意味がないと発言しました。

私がジバンシィを取り上げないのも、同じような趣旨です。

 

成長

アレキサンダー・マックイーン06アレキサンダー・マックイーン
「ヴィジョナリーズ」より

 

アレキサンダー・マックイーンの作品を見なくなって、数年がたちました。

そして数年ぶりに見たマックイーンの作品に、驚きました。

とても、上手くなっていたのです。

  • バランス
  • シルエット
  • 構成力
  • 技術

全てにおいて、異次元の完成度の作品になっていました。

 

メンズウェア

アレキサンダー・マックイーン07メンズ・スーツ アレキサンダー・マックイーン 2006年
「100 CONTEMPORARY FASHION DESIGNERS」より

 

  • PHOTOGRAPHY : ALEXEI HAY
    STYLING : MICHAEL PHILOUZE
    MODEL : MAEL DECEMBER
    2006年1月

マックイーンは、

  • 16世紀様式
  • シャープ・テーラリング

まで、6種類の型紙裁断の方法を学びました。

シャープ・テーラリングは、マックイーンのスタイルのトレードマークになりました。

DAVID BOWIE is」を見たとき、

特に、アレキサンダー・マックイーンの衣装が印象に残りました。

アレキサンダー・マックイーンのジャケットに、共通して見られた特徴がありました。 

前身頃の胸からアームホールへの曲線が、ロココ・スタイルのメンズジャケットに似ていたのです。
袖の付け方も、ロココ・スタイルのメンズジャケットに似ていました。

と書きました。

マックイーンのテーラリング技術が、生かされていたのでした。

 

まとめ

アレキサンダー・マックイーン08メンズ・スーツ アレキサンダー・マックイーン
「MODERN MENSWEAR」より
ISBN978-4-86020-296-5

 

技術が優れていても、構成力がなければ技術は生かされません。

アレキサンダー・マックイーンが何かを突き抜けたとき、技術が生きた美しい服が作られました。

私は、本当に期待していたのです。

アレキサンダー・マックイーンの作品を見るのが、本当に楽しみでした。

それがこんなに早く終わってしまうなんて、残念すぎます。

 

アレキサンダー・マックイーンについては、以下も参考にしてください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+