アイノ・アアルト展を観ました

「アイノ・アアルト」展 -Alvar Aaltoと歩んだ25年- に行ってきました。
とても素晴らしい展覧会でした。

 

アイノ・アアルト展

アアルト06テーブルの上の「ボルゲブリック」シリーズ 1932年
「アイノ・アアルト」展より

 

アイノ・アアルト展 -Alvar Aaltoと歩んだ25年-

  • 開催期間:2016年8月12日(金)-2016年10月31日(月)
  • 開館時間:10:00-18:00(最終日は17:00まで)
  • 休館日 :土曜・日曜・祝日休み
  • 開催会場:東京都東陽町 Gallery A4
  • 入場無料

最初に紹介する写真は、古い年代に作られた貴重な「ボルゲブリック」シリーズです。

古い製品は、ガラスの厚さが現在の製品と違いました。

 

アアルト自邸リビング

アアルト04 アアルト自邸アアルト自邸 1936年
カーサブルータス特別編集「北欧デザインの名作と暮らす」より 

 

「アイノ・アアルト展」の入り口の側には、アアルト自邸のリビングが再現されていました。

リビングの再現コーナーは写真撮影禁止だったので、本から写真を転載させていただきました。

 

食卓

アアルト05食卓と「ボルゲブリック」シリーズ
「アイノ・アアルト」展より

 

食卓のコーナーは、写真撮影が可能でした。

外の植物と室内の植物を、食卓にうまく取り入れていました。

ボルゲブリックに、植物のグリーンが映えています。

 

 

レストラン・サヴォイ

レストラン・サヴォイのコーナーは、写真撮影が可能でした。

そしてレストラン・サヴォイでは、椅子に座ることができました。

せっかくなので、ベンチに座ってレストラン・サヴォイの店内を見渡してみました。

 

ベンチに座って店内を見たところ

アアルト07 レストラン・サヴォイレストラン・サヴォイをベンチに座って眺めたところ
「アイノ・アアルト」展より

 

「アイノ・アアルト展」の会場に、レストラン・サヴォイが見事に再現されていました。

ベンチに座ることができるので、お客さんの視点でレストラン・サヴォイを体験することができました。

ゆっくりと、店内を眺めることができました。

レストラン・サヴォイは気持ちが良くて、私はしばらくのんびりしていました。

 

アイノ・アアルトのピッチャーとアルヴァ・アアルトのボウル

アアルト08 レストラン・サヴォイピッチャーとボウル
「アイノ・アアルト」展より

 

この写真は、立ったまま撮影しました。

今思うと、椅子に座って撮影すればよかったです。

アイノ・アアルトのピッチャーとアルヴァ・アアルトのボウルがテーブルの上にあることが、私にはとても印象的でした。

 

「チェア611」(1929年)アルヴァ・アアルト

アアルト09 レストラン・サヴォイチェア611
「アイノ・アアルト」展より

 

椅子やベンチに座って再現されたレストラン・サヴォイの店内を眺めると、立っていた時と違った景色が見えました。 

椅子の座り心地を試すこともできて、とても貴重な体験ができました。

チェア611は、とてもしっかりホールドしてくれて座りやすい椅子でした。

 

ヴィラ・フローラ(夏の家)

アアルト10 夏の家ヴィラ・フローラ(夏の家 1926年)模型
「アイノ・アアルト」展より

 

建築模型は、写真撮影が可能でした。

ヴィラ・フローラを私は初めて見ましたが、とても興味深かったです。

ヴィラ・フローラで、すごく楽しい夏を過ごせそうです。

最近の私は、ヴィラ・フローラに憧れを抱いています。

 

まとめ

アイノ・アアルトがデザインした製品は、今でも手に入れることができます。

そしてアイノ・アアルトがデザインした製品は、今でも十分に魅力的です。

このことは、とてもすごいことだと思います。

「アイノ・アアルト展」は、椅子に座るという体験で展覧会の感動が何倍にもなりました。

椅子に座った視点のおかげで、アイノ・アアルトのデザインに近づくことができました。

服の展覧会でも参考にして欲しいくらいに、「アイノ・アアルト展」は素晴らしい展覧会でした。

 

こちらも参考にしてください。